TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

猛暑が続いて酵素が急に売れてます

お盆休み真っ只中

どこも混んでるようで^^; 皆様お疲れでお出迎えに来られます

猛暑がぶり返して来て、ワンコ達も疲労が溜まってきますね

 

ここのところ『酵素』系のサプリメントが売れています

夏バテ気味の犬が多いからだと思いますが

免疫力向上だけでなく『酵素』はいろんな角度から体にアプローチしてくれます

 

ドッグダイヤモンドにもいろんな商品が置いてありますから

是非愛犬に合うものをお選びください

 

 

 

バディベルトと写真ブースのマッチング

ホテルのチェクインが続き、夏休み本番!忙しくなってきました

今20:30ですがホテラー達は静かに寝ています

週間天気予報をみると、来週いっぱいは猛暑日ですね

東京の最高気温+3度くらいが立川かな?

熱中症にはくれぐれも注意してください

 

今日から写真ブースが『夏』仕様です

DSC_0272.JPG

 

キャー!

ラグくんが赤のエナメルのバディベルトを買ってくれたので

装着して 赤でキメました♪

 

では夏休み楽しんでくださいね

ペットクール赤を使えば駆虫薬はいらない?

スライド4.JPG

そんな質問を受けました

 

回答は↓

 

おすすめドッグフード一覧完成(暫定)

シリーズでお伝えいていた

症状別でのおすすめのドッグフード

暫定的に(もっと項目はありそうな気がしますが)一覧を作りました

この一覧をもとに、店頭でご説明も出来ますのでお気軽にお問い合わせください

 

 

3.3山口ルーク_afterL.JPG

 

 

ちょっと関係ない動画載せていいですか?

今日(正確には明日の早朝)ベスト8をかけたベルギー戦

それまで起きてブログ書いているんですけど

やっぱりちょいちょいWCの試合が気になってyoutubeチラ見してしまいます

その中で凄い分析力の動画を見つけたんで貼ります

分析力ハンパないです。このコーチング能力ほしい

 

皮膚のケアが必要な子にオススメのドッグフード

〈皮膚のトラブルを抱えている犬におすすめのドッグフード〉

皮膚のトラブルと言っても

膿皮症・マラセチア・各種アレルギー、真菌・・・などなど

免疫力や環境など起因となる事も様々ですが

免疫力にしても、食事に関するアレルギーにしてもドッグフードで予防・改善できる

ケースは多々あります

 

良質で、皮膚にアプローチする食事を2つ紹介します

 

【FISH4DOG スーペリア アダルト】

img_sp003[1].jpg

 

粗たんぱく質:26% 粗脂肪:12% 粗繊維:2.5%

オメガ6脂肪酸:2.7% オメガ3脂肪酸:2.5%

 

必須脂肪酸が豊富なサーモンをベースにオキアミやスピルリナなど

栄養素が豊富な天然サプリが練り込まれています

 

 

【FORZA10 DERMO ACTIVE】

HFN1-00-3[1].jpg

 

粗蛋白26% 粗脂肪13% オメガ3脂肪酸 1.2%  オメガ6脂肪酸 3.5% 

必須脂肪酸の量が多いので、全体的な脂肪量も高めになりますが

皮膚へのアプローチに関しては試してみる価値はあります

トラブルを抱えているワンコには是非お試しください

 

 

 

腎臓のケアが必要な子にオススメのフード

〈腎臓のケアが必要な子にオススメのドッグフード〉

 

【過去記事 腎臓の数値が悪いので・・・】

 

腎不全は発見しにくく、症状が出たときにはかなり進行している、という事も多い病気です

慢性腎不全と急性腎不全、またステージによって食事の対応は変わってきます

 

タンパク質を制限する、良質なタンパク質(腎臓に負担をかけない)

リン・ナトリウムを制限するなど、基本的な事を抑えて検査結果をもとに先生と相談しながら決めてください

 

 

急性腎不全の場合は点滴や食事療法など緊急性のある治療が必要になるのでいわゆる

療法食を与える事になると思いますが、回復後どのような食事を摂るか!

 

 

ステージ4(残っっている腎臓の昨日10%以下)の場合

血清クレアチニン濃度(mg/dl):5.0以上

 

【FORZA 10 RENAL ACTIVE】

RNN1-00-3[1].jpg

 

 

 

1.1濱ココ.JPG

 

 

タンパク質・ナトリウム・カリウム・リンの数値などは

腎臓サポートやk/dとあまり差はないと思います

一番の違いは食事としての質ですね

膀胱の浄化やや利尿を促す天然のサプリが沢山入っているのも◎です

加水分解されたタンパク質を使用していて、14%と低蛋白に設定されているので

腎臓への負担はかなり制限できると思います

 

 

ステージ2 残っている腎臓の機能:33~25%

血清クレアチニン濃度(mg/dl):1.4~2.0

【ロータス シニアレシピ】

 

image5[1].gif

 

ステージ2というと犬は全然元気、多飲多尿が症状として出てきているとか

血液検査で先生から指摘された程度の症状だと思います

先天的に腎臓が小さい、腎臓の機能が低いなども考えられるので

よく先生と相談しながら食事を決めていただきたいのですが

この段階でいわゆる療法食のレベルまでタンパク質の数値を落としてしまうと(12~15程度)

体を維持できないと思うんです

検査結果を確認しながら、タンパク質に関してはアミノ酸のサプリで調整するという事もオススメします。

 

1.1濱ココ - コピー.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーテミス 値上げ

本日7月1日より アーテミス製品すべて値上げになります

詳しくは代理店ホームページをご覧ください

【アーテミス値上げについての記事】

ペットクール赤(ビーンズエッセンス)

梅雨が開けました(汗)

この急激な気候の変化には犬はなかなか順応出来ないと思います

熱中症にも十分気をつけて、無理な散歩は控えてください

 

 

今日はそんな時期にやっぱり必要になる、定番商品のご紹介

ペットクール赤 ビーンエッセンス

いわゆる虫よけですが、優れたところが多々!

 

安全で無臭、消費期限も長く、お肌にも優しい。

 

胆泥症の子におすすめのフード

胆泥症の子にお勧めのフード

これは以前にもブログで書いた事があるので是非過去記事を見てください

 

【過去記事:胆泥症の子に与える食事】

 

記事の中でも書いていますが

一概に胆泥症と言っても、投薬が必須で溜まりやすい子

それほどケアを必要としない子など症状は個々で違うので一概には言えないですが

低脂肪であり、なおかつたんぱく質がある程度保たれているフードになると

 

《FISH4 スーペリア ウエイトコントロール》

をおすすめします

 

img_sp004[1].jpg

 

粗たんぱく22%  粗脂肪 7% 粗繊維 3.5%

オメガ3脂肪酸 1.5% オメガ6脂肪酸 1.6%

 

 

このゴハンを与えながら、定期的に病院で経過観察をしてあげてください

膵炎が心配な子にお勧めなフード

膵炎を気にする子にお勧めのフード

 

ここに関しては過去にも書いています

【過去記事:急性膵炎の際の食事】

 

慢性膵炎だと過去記事にもあるアーテミス ウエイトメネージメントアダルトどっぐ

が店内では一番低脂肪

 

 

 

4d76f7e8399883a5dbc4b096b7433b43_f2177[1].jpg

 

 

ただ分けて考えなければならないのは、膵臓の強度が弱っているのかどうか

前触れもなく吐きはじめて病院で『急性膵炎』の診断を受けて以降ずっと消化器サポート

そんな子も多い中、そこまでの食事管理をする必要があるのかどうかを判断しないといけない訳です

若くて、普段のリパーゼの値が常に正常なのであれば

脂とともに、たんぱく質の割合も極端に下がってしまうフードはお勧め出来ません

 

 

急性膵炎を気にする子におすすめのフード

《FISH4DOG スーペリア ウエイトコントロール》

img_sp004[1].jpg

 

粗たんぱく質:22%  粗脂肪:7% 粗繊維:3.5%

オメガ6脂肪酸:1.6% オメガ3脂肪酸:1.5%

 

 

低脂肪ですがたんぱく質の質と数値が高い事が特徴です

 

以前は確定診断まで時間がかかっていましたが

血液検査の精度も各病院上がって、簡易キットの登場で

膵炎で死んでしまう子は以前より少なくなってきました

 

犬種特性を知る、毎年血液検査をする事で防げる病気になってきたと思います

良質な食事を摂りながら、マネージメントしていきましょう

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6