TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > TRIMMING BLOG

BLOG CATEGORY

TRIMMING BLOG

カット中寝る犬

僕は床屋で髪を切ってもらってる時にすぐに寝てしまうんですよね

なんならシャンプー中でも寝ます!

 

美容院の様なうとうとしてしまうようなシャンプーじゃないですよ

お兄さんがガシガシ洗ってくれてる

 

 

yjimage[1].jpg

顔にガンガンお湯がかかってくる(床屋のシャンプーは当たり前に顔をお湯が流れます)

その最中に寝てしまうのです・・

 

当然カット中も寝てます

 

                              

yjimageCA1WL837.jpg

yjimage[9].jpg

 

画像検索したら

カット中寝てしまう写真なんていくらでも出てくるんですけど(子供だけど)

 

僕はこのレベルで寝ます・・・・・

yjimage[5].jpg

 

このレベルで寝ると、起きたらカットが終わってます(笑)

ある意味時間を効率的に使えます!

僕はマッサージに行っても寝ちゃうんですけど、気持ちいいからもったいないと思う反面

起きたら楽になっている!

時間の効率化です

 

では本題!

今日は時間の効率化をしてる犬を紹介しますね

トリミング中めっちゃ寝ますw

 

 

キウイ19歳

アロゥくんが20歳で虹の橋を渡ってからは当店ではキウィが最高齢の19歳

最近ごはんをあまり食べなくなって、痩せてましたけど

定期的に点滴に通って、飼い主さんもキウィ自身もまだ頑張ります

IMG_0496.JPG

 

※目が見えないし、台には乗れないのでなんとなくハロウィン撮影

 

ドッグフードへの執着が少なくなってきたという事で、ささみをゆがいたものを積極的に与えていたそうですが

腎臓が悪く、療法食を食べているぐらいなので、ささみの与えすぎは危険です

この歳で食べなくなってきたら、さすがに好きなもの食べさえてもなるでしょうね

でも体の様子を診ながら、食べて良いものの群の中から選ぶようにしたいですね

 

IMG_0502.JPG

 

次回は12月

可愛いキウィに会えるのを楽しみにしています

 

 

 

20171007トリミングの様子

今日のトリミング室の様子を短い動画にまとめました

登場してなかったらすいません(^_^;)

 

コンチネンタルクリップっ難しいの?

563a6143c5cc409bc4c02c640980c651[1].png

 

≪ペットコンチ≫

トリディショナルなコンチネンタルクリップを切るトコ切って

生活しやすくしたカットの事を指します

お洒落でもっと流行ってもいいなって思いますが

実際やってもらえるお店は少ないかと思います

 

そもそもこ基になっているコンチネンタルクリップというカットは

学校で教わる事は無く卒業後『A級コース』という大学院みたいなコースに入って

教わる事が多いと思います

 

つまりA級ライセンスを持ってないと切れない

実際は切らない・・・です

 

出来ないんじゃないかな~的なところですね

もちろん教本見ながら、試行錯誤切ってるトリマーさんもいるでしょう

 

バランスをとるのは難しいでしょうね

センスも問われます

でも断る事もないと思います

必ずしもライセンスがないと切れない訳ではないですから

 

IMG_9992.JPG

 

形が出来ている子とはいえ

1年生の加藤がペットコンチの子を切ってます

先輩に指導されながらですが、そもそも先輩もA級もってないですから

 

奥が深いんだと思いますよ

トリマー自身が求めている事であって

お客様が求めている事じゃないから

 

新規再開連絡票

トリミングの新規受け付けが出来ない状況が続き、ご迷惑をお掛けしております

HPで謳ってるとはいえ、アナウンスが不十分で

毎日新規の問い合わせは途絶えません

 

昨日受けた電話の相手の方は3回目の問い合わせでした

お話を聞いていて申し訳なかったので表を作りました

 

honest_ap-424604[1].jpg

再開が決定した後

優先的にご連絡させて頂きます

登録希望の方はご連絡ください

マックスが異常に可愛い

今年の一月に書いた記事の再投稿です

昨日マックスが逝ったそうです

今読み返すと完全にえこひいき記事ですね

お父さんの帰りを待って逝ったそうですが

若い頃沢山遊んでもらったのかな

健気な男です

あの世で若い頃のように、全力で走ってほしいものです

see you

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コーギのマックス

おじいさんで下半身は麻痺して歩けません

 

飼い主さまに『咬まれないように気を付けて』と何度か言われているので

昔はもっとギラギラしてたんだと思う

 

ナックス3.JPG

 

 

準備が出来るまで少しまってもらう時も一切文句言わない↑

立てないので身をゆだねてのトリミングです

 

老犬なので、手早くやりたいのに

温浴中、お風呂の中でウンチしたり(^_^;)

ドライング中。寝ながら天に向かって大量におしっこをしたりw

ハプニングの連続

まぁそんなのが可愛くてしかたないんだけど

それも時間的な余裕を作っておかないと

『マックス、何やってんだよ~(^_^;)』ってなっちゃう

 

老犬って、手早くするのも技術だし、重要な事だけど

いつものように寝ていたら、綺麗になってる

そのくらい犬にとって負担の無いケアが出来たら尚良いと思います

 

 

時々人間のおじいちゃん(おばあちゃん)が大好きって人いますよね

身内に限ってじゃないですよ、他人の事

老人フェチな人ね

僕はそこは理解できないというか、自分はそうではないんですけど

そういう人って介護の仕事は向いているでしょうね

 

仕事に将来性を感じたとかじゃなく、老人が好きだからという理由で

仕事を選んで欲しいと思う訳ですが

職場としての現実は、好きなだけじゃ成り立たない

体力がいるし

対価も低いから、時間的な制約もキツイ職場は多いと思う

 

 

 

 

 

 

マックス1.JPG

 

全ての作業が寝たきり

シンク内の作業スノコも高い位置で使わないと

寝たきりの中型犬相手に、腰悪くしたり

そもそもシンクの底が暗くて幹部がよく見えなかったりしたら

綺麗になりません

一番高い位置に設定して洗います(企業秘密)

 

 

マックス2.JPG

 

僕は老犬が好きだな

無防備に身をゆだねる感じ

凄く愛おしい

願わくば来年も再来年も

マックスを綺麗にしたいものです

 

 

 

キララ

パピパでおなじみの癒し系イタグレ キララのシャンプーの様子です

パピパの効果かどうかは知りませんが

子犬の頃から熱心に通っていただいて

週末にはイタグレランオフ会とパピパをはしごして

いろんな人に触ってもらって、抱いてもらって

人に対しての警戒心は実はほとんどないと思います

だからトリミングでも身を委ねられるし、人を信じているからこそ

冷静になれる、イイコでいられる

 

 

初めてのトリミングとは

初めてのトリミングって重要だと思いますよね

トリミングが好きになるか、嫌いになるかその分かれ目だ!なんてね

大袈裟かもしれないけど、全くその通りだと思います

クオリティーに拘る気持ちは分かりますが、無理をしないでほしいです

 

 

シュナウザーの海丸の初トリミングを粕谷が担当しました

顔周りが苦手でしたが、ゆっくりステップを踏んだので克服していましたが

耳毛抜きの嫌がりようときたら(^_^;)

 

トリマーのジレンマとして

トリミング全般の作業について慣れさせてあげようと思っていても

既に苦手な状態が完成している事もあります

 

親元(ブリーダー)やペットショップ

あるいは家庭による飼い主さんの手で既に苦手にさせている

 

常々3回目のワクチンに拘らず、犬を受け入れる旨お話していますが

いろんな考えがありますから、飼い主様はある意味セーフティーな方を選んでしまいます

そのセーフティーな判断、本当にある意味だけなんですよね

だから来てください

 

話を戻しますが

耳毛抜き

日本でシュナウザーを飼うにあたって、耳の中の毛は無いに越したことはないですが

自浄能力があり、飼育環境が整っていたらボーボーに生えててもトラブルは起こりません

つまり無理に今日全部抜かなくてもいんです

 

どうですか?

残さず抜こうって思っていませんか?

力で抑えて抜いていませんか

 

 

海丸の動画です↓

粕谷が実に優しく施術してくれました

海丸が思った以上に頑張ってました(笑)

 

 

増田&イヴ トリミング風景

面接の時、『将来のトリマー像』について聞く事が多いです

目標が明確な方が絶対的に頑張れますから

 

『トリマーとして自立したい』と言ったのが印象に残ってます

 

自立の定義って曖昧だけど

トリマーという職業に就いていて、精神的にも経済的にも≪自立≫出来ていると

感じている人は、相対的にみると少ないのかもしれないですね

 

2年前と比べてどうかな

自立出来ていと感じているなら嬉しいな

 

曖昧な定義であるからこそ≪自立≫へのハードルは下げないでほしいね

当店で言うところの『素敵トリマー』って限界点はないからさ

 

mai×anzu トリミング風景

スタッフ飯田のトリミングの様子

モデルは愛犬のあんず

coffee_logo_youtube7_-_[1].jpg

 

飯田がうちに来たのは3年前

うちに来る前は2年間他のお店に在籍していましたが

あまりカットはさせてもらえなかったそうです

 

お店の方針もあると思うけど

やっぱりトリマーはカットが楽しいと思う

こんながんばりやさんを放出してしまうお店が、お店として

どうやって成長していくんだろうと疑問に思う

 

常に優しく、丁寧にかつスピーディーに

犬の負担を最小限にする施術をするトリマーです

動画を見れば分かります

 

 

 

 

全行程↑

 

 

 

 

 

 

 

カットのみ↑

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6