TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > SCALING

BLOG CATEGORY

SCALING

歯磨きセミナーの様子。嫌がらせない口腔内ケア。

パピパグループLINEから突如開催が決まった

歯磨きセミナー

実際は犬の口腔内の事を深く学んで、最終的には歯磨きも嫌がらないで出来るようになるセミナー

 

凄く熱心に聞いて、実践されていました

有意義な時間でした

時にパピーの飼い主様には聞いてもらいたいので

今後も開催日を調整しながら、続けていきますね♪

 

 

 

 

口腔内ケアセミナー

71ab903ef1815c801c106b637d508a8d_s.jpg

 

12月23日(月) 10時~11時30分 ドッグダイヤモンド会議室にて

口腔内のケアセミナーを開催します。

 

以前にも開催した内容の凝縮版になります。

お口の中のメカニズムをしっかりとレクチャーしてもらい、歯磨きの実践まで行います。

※愛犬同伴でお願いします

※今使っているケアグッズがあったら持ってきてください

 

定員8組ですが

パピーパーティーの参加者からのご依頼だったので、パピパグループLINEで先行募集で

6組が決まっているので残席2です。

会費2000円。

 

ご興味のある方はお問合せ下さい。

 

☆講師プロフィール☆

認定用写真.jpg

認定ドッグハイジニスト ピュアスマイル 加園先生

 

当店で長い間歯石取の施術をしてくださっています。

口腔内のケアのスペシャリスト。

当店では過去3年間施術出来なかった犬はいません。

 

安心してお越しください

シニア犬の無麻酔歯石とり

昨日も無事に7頭の無麻酔歯石取りが終了しました。

無事終わった感じはこの写真で分かっていただけると思います(笑)

 

DSC_0072.JPG

えへ。

 

DSC_0087.JPG

 

余裕。

 

 

1.2上野じゅえ_beforeL.JPG

 

 

みんなピカピカになりました。

 

昨日はシニアのこもいましたが、体にかける負担は最小限で施術するので

あまり心配をしないで見ていられます。

 

昨日のシニアにさしかかている子2頭の動画と

ドッグダイヤモンドでの無麻酔歯石取りに対するスタンスについて話している動画です

是非見てください

 

 

 

 

 

スポットの掃除が出来ないから意味がない?

今日の歯石取りも沢山のワンコの口の中が綺麗になって帰っていきました。

 

1.2丸山キング_beforeL.JPG

 

 

次回と次々回はほぼ埋まってしまっています・・・(;'∀')

お早目のご予約をお願いします。

 

2019-11-14 (13).png

 

 

最後に施術したダックスちゃんの話です。

高齢で厚めの歯石もついていて、以前別の場所で無麻酔歯石取りはチャレンジした事があるが
チアノーゼ気味で途中で中止になったそうです。

若干片側の頬に腫れもあり、今回はそのあたりもしっかり話しをしてお誘いしました。

 

高齢の為麻酔はかけたくない。

ただ口腔内は綺麗にしたい。

 

施術にはずっと付き添っていましたが、結果としては圧巻の施術でした。

 

基本的には僕が子犬のシャンプーで常にお伝えしている事と一緒です

IMG_9107.JPG

 

腫れのない右側から、最小限の負荷で、ただし確実に歯石を取り除いていきます

徐々に負荷のかかりそうな場所、裏側へと続いて

頬が張れていて痛みが伴う場所へ

 

施術前は頬を軽く触れるのも嫌そうだったので、部分的には施術は不可能かと思いましたが

 

5.2矢澤チョコ_beforeL.JPG

 

 

もう一度言いますが、見事でした。

 

スポットのケアが出来ないから意味が無いという獣医さんがいますが

周りが全く見えていないか、元来利己主義の人だと思います。

 

最近人間でも歯周病の事にはかなり過敏に報道されます。

ただ定期的に歯周ポケットのケアをしている人ってほとんどいないと思います。

最新の研究に基づいた情報を受け取っていないだけなのかもしれませんが

歯磨きそれなりにしてれば、健康な歯は一生確保できると多くの人は思っているし

歯周ポケットを定期的にケアしないと歯周病になるという訳ではなく

適切な日常のケアが出来ていない前提での話です。

 

近所の動物病院を廻って、歯周病の根底の治療が可能かどうか聞きましたが

出来ないと答えた動物病院の方が多かったです。

現状はレーザーがないと無理です。

数か月に一度犬に麻酔をかけてケアを希望する飼い主さんがいるなら別ですがね

 

獣医さんは歯周ポケットの掃除も、誰からも教わっている訳でもないから

麻酔をかけてスケラーで歯石を取るのと同時に、スポットの汚れを取る病院は多くありません。

 

じゃあなんで

恐怖を与える

裏側が取れない

スポットが取れない

と言うのか?

 

知りません(笑)

 

今日の¥12000の施術は、麻酔のハンデを無かったものとしても

下手な病院の麻酔下の施術よりも精度が高いでしょう

麻酔をかけていない(犬が動く)ので、より丁寧に施術しますから。

 

しかも施術後に犬は超元気でした。

家で口を触らせないとか、多分ないです。

 

 

 

 

無麻酔歯石取りについて

今日も無麻酔歯石取りについて思っている事

伝えないといけない事を、オブラートに包まないで(笑)書きます。

 

まずは先日の歯石除去のビフォー&アフター

 

1.2藤井ミルク_beforeL.JPG

 

今回は歯石で歯が埋まっている感じの子はいなかったですね

回を重ねる毎に、定期的なケアに力を入れている飼い主様が増えていきます

かなりのリピート率なので頷けます。

 

年内の予約状況です

2019-11-04 (2).png

 

日曜日は埋まってしまいました!

平日も近々は残り僅かです。ご予約はお早めに。

 

 

 

獣医さんが無麻酔歯石取りについて語ってる動画を見ました。

施術を見た事もないのに伝聞や想像や一般論だけで語っていたので

はっきり言って、何の参考にもならない内容でした

 

よく言われるような『裏の歯石が取れない説』

 

前から言っているように、無麻酔歯石取りは歯磨きの延長です

 

2019-11-04 (4).png

 

親は子供の歯磨きの仕上げはこの体勢で行いますよね

歯の裏もしっかり磨きますよね

 

 

 

歯石とり.JPG

 

 

 

全く同じ体制で行います

最小限の負担で、歯磨きの延長で裏の歯石も取ります。

 

 

 僕は犬の毛がレーザーで一瞬にして思い通りに切れる機械が開発されたら

喜んで受け入れます。

 

もし獣医だったとして、全ての病気が治る薬が開発されたら喜んで受け入れます。

事業が衰退しても、それが犬の為なら受け入れます。

 

 

僕は犬にとって何が正しいか、今現在の常識にとらわれず判断できます。

 

むしろ将来の常識を作り出す事に力を入れています。

 

犬に従事する全ての人が、利害にとらわれず犬の為に判断できるようになりますように。

 

 

 

 

今日も6頭のワンコの口の中が綺麗になりました。

 

今日は無麻酔歯石取のご新規に

12歳のミックスくんと14歳のチワワくんが来てくれました。

電話でご依頼いただいた時は、高齢という事もあり心配されていましたが

『高齢』という事でお断りする事はありません。

 

 

確かに歳を重ねる毎に持病も増えるし

口腔内の環境も悪化し、痛みを伴う可能性は増えますね

 

ただ高齢犬は多くの場合麻酔をかけられません

麻酔下における歯石取りと無麻酔歯石取りはカテゴリーは別

出来ないところを補うべきですが

 

補おうとする獣医さんは皆無です(笑)

 

13(日)の歯石取は全て埋まっています

予約可能日 10月24日(木)12:30~ 16:00~

      11月2日(土) 15:00~

 

ご予約お待ちしております

 

 

今日の12歳のミックス君の施術動画です♪

 

 

 

 

明日の歯石取りキャンセルが出ました

毎月開催してる無麻酔歯石取り

定期的に木曜開催と不定期に土日に開催していますが

どちらかと言うと土日の方が埋まりやすいですね

明日も歯石取りイベントがありますが、1件キャンセルが出たので

 

土日じゃないと動けない方はこの機会に是非ご予約ください

 

2019-09-06 (5).png

 

明日は16時から空きました!

 

土日は先まで埋まっています('◇')ゞ

 

 

明日は無麻酔歯石取りの日

明日は無麻酔歯石除去の日です

 

前々から何度もお話ししていた通り

無麻酔の歯石除去は極々一般的なケアになってきました

施術する人の数が増えてきて、いろんなイベントで出陳していたり

多くのサロンでメニューに取り入れるようになってきました

トリマーさんが資格をとるケースも増えてきました

批判的な声も少なくなってきたように感じます

痛烈に批判していた人は責任をもって、このサービスが世の中から

無くなるまで批判してください

僕は責任をもってサービスを推奨しています

 

施術人口が増えるほど、加園さんの施術は際立ちます

おそらく歯石除去界の頂点にいます(そんな界ないかもしれないけど)

 

5902a917b30c8a426c0d22c0d3028249_s - コピー.jpg

 

 

明日は1件キャンセルが入ったので、お昼に入れます

もし埋まらなかったらペルルを施術してもらいます

 

スクリーンショット 2019-06-26 14.06.26.png

 

 

年末までの予定は決まっていますが

とりあえずここまで

 

先々も埋まってきています

早めの予約をお願いいたします

 

 

 

 

無麻酔歯石取り報告

先日の無麻酔歯石取の報告です

今回も安定度抜群で、少ないストレスで綺麗にしてくださいました

1.2望月シナモン_beforeL.JPG

 

 

今後の予定もどんどん埋まっていきますので、お早目のご予約をお願いいたします

 

1.2望月シナモン_beforeL - コピー.JPG

 

このサービスについては、開始した頃から一貫して『ケア』だとお伝えしています

先日初めてお会いした獣医さんが『無麻酔の歯石取り』という言い方が誤解を招くとおっしゃていました

『歯磨き』だと

 

うまい事を言うと感心しました。

歯磨きではないですが、歯磨きです。

表面の歯石、歯垢を除去するケアです

たしかに伝え方ひとつで、受け取る側の印象も変わると思いました。

 

 

ここ最近は無麻酔の歯石取りの需要も、やり手も増えてきて認知度が上がってきました

良いものは広がると言った通りになってきて、必然的にアンチは減っていきます

大きな声で叫んでいた人が、叫べなくなる感じですね

 

いつの時代も、何においても変わらないと思います

利害がそこに発生すれば、抵抗勢力は生まれます

 

この無麻酔の歯石取りに関しては最大手は『獣医師会』ですね

黒船みたいに感じたんだと思います。敵だと。

我々の利益を損ねる敵だと・・・。

 

もうね、犬の利益とかどっか行ってるんですよね

常にそうだから、体に染みついているんだと思います

 

狂犬病も毎年のワクチンも接種間隔の話題を振れば

『パンデミック』を言い出す獣医さんは出てきます。

原稿を任されたプロ獣医なんじゃないかと思うくらい、頑なにパンデミックを唱えます

 

そういう誰かが間違った方向へ主導しているものを

誰が変えるかと言えば

最終的には飼い主です。 世論です。

 

人間の薬も、学校建設も、外国人留学生もなんだってそうじゃないですか
当事者の患者や学生や、留学生の事は二の次

自分の利益が先

 

ケージレスを始めた時は今よりも風当たりは強かったですね

だったら見に来てくれ!とだけ言いたいです

 

 

無麻酔の歯石取りも同じです

顎が割れた、歯茎から出血があった・・・

事故を引き合いに出す人は、実際に自分の目で見ていないです

下手な施術も、上手な施術も

頼むから見てからにしてくれ・・と

 

僕がこの業界に入る前のトリミングのレベルってどうだったんだろう

 

予想するに同じ事ですよね

歴史があるわけだから

 

でもそういう人は

トリマーって犬の扱いが悪いから自分でやった方がいいって言われると

自分(だけは)違うって言い張るんでしょう

 

抵抗勢力のドンはわかってやってます

抱えている人間の利害を守るために、バランスを考えて抵抗しているんですね

駄目なのは、その言葉を鵜呑みにして自ら考えずに他者をけなす人

 

 

本当に視野が狭い、正義感が変な方向に向かってる人たちですね

 

 

次回は

無麻酔歯石取と 歯周病原因菌検査キットとの関係性について書きます

 

 

 

 

無麻酔歯石除去の施術レベルを誰か上げてくれ

土曜日は人気の無麻酔歯石除去の日でした

相変わらずの安定感で安心仕切っています

 

5.2佐藤まる_beforeL2.jpg

 

 

別に圧力をかけている訳でもなんでもないですが

近所の動物病院さんは徐々に無麻酔歯石除去に理解を示してきてくれています

 

 

何度も言ってますが、無麻酔歯石除去はケアであり

誰から何を言われることもない、超低リスクの口腔内の進んだケアです

もちろん加園先生がやっているからであって

業界の技術の底上げは必須です(練習もセンスも必要ですしね)

 

獣医師会が否定しているでしょう(未だに)

 

先日ニュースでいじめを苦にした小学校3年生の女の子とその母親が心中したってやってましたね

生徒が担任のストレスのはけ口になってたという事実関係があったそうですが

学校側や教育委員会はこういった場合誰を守るんですかね

 

守るべき相手はわかっているはずなのに、国民性としか言いようがない

 

多分 獣医師会も同じような感じだと思いますよ

現状4割しか加入していないそうですし、若い獣医は入らない傾向だそうです

 

最近時々話題にしているワクチンの話も

それこそ狂犬病の話も

無麻酔歯石取りも

犬の利益を考えればわかる事なのに

獣医師会という大きな船に乗ってる仲間の利益を確保するという

変な責任感を感じている人がトップにいるんでしょう

元々動物が好きで始めた人たちが、動物の利益よりも自分の生活を保証してほしい

なんて思ってないですよ

 

もうね獣医師会の会長さんが犬を飼ってるなら

加園先生と一緒に自宅に行って、会長の愛犬の歯石を取ったほうが早い気がする(笑)

 

データも見ないで、人の話も聞かないで

何かを守ろうとしてるんだろうから・・(汗)

 

えっと・・興奮してしまいました

 

DD☆.png

 

大家族の予定がずれたので

24日の予定がかなり空いてしまっています

 

どうぞよろしくおねがいします

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6