TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

情報を見極める①

愛犬に食べさせているフード

ネットの情報を見て、決めている方は多いと思いますが

もっと情報を精査して、本当に良い食事なのか?愛犬に合っているのか?

見極めて頂きたいと思っています

 

前提として、『安くて良い』・・・・・これは無いです

『高くて悪い』は普通にあります(^_^;)

 

pリモ.jpg

 

 

シェフドッグ.jpg

 

フィールドゲインズ.jpg

 

それぞれ別のブランドとして販売している国産フードですが内容は一緒なので『OEM』です

OEMが駄目と言っている訳ではないのですが

そもそも自身がフードに精通していて、独自のコンセプトや拘りを持って

苦労して開発した・・・系の美談を『スクロール系』のサイトの載せたりする商法は好きではありません

 

※そもそも商品をオールステージ対応と明記して、㌔数を変えるくらいで販売している

つまりロスを減らして効率よく販売しているからスクロール系で情報量が納まる訳です

 

3つの商品の価格を見ると分かると思いますが、大幅に違います

良く見せる努力をすれば高く販売しても良いとは思いますが

適正価格ではない事を露呈している訳です

 

一番安くて1100円位

ここが卸元なのかもしれませんが、そうだとしても原価は500円くらい

生肉をふんだんに使っていたら無理です

 

内容を調べ始めたらキリがないですが

凄く駄目なのは一番上のメーカーは嘘を書いてるかもしれない

 

ドッグフードの原材料表記の方法の問題ですが

カロリー 粗タンパク 素脂肪・・・同じレシピなのはほぼ確定であれば

原材料表記も適正にしなければフェアではありません

 

(牛鶏馬魚穴子) すべての肉が水分のある状態で玄米粉よりも多く入っている

という表記が正解(ある意味フェア)で

牛・鶏・馬・魚・穴子がそれぞれ単独で玄米粉より含有量が多ければ

栄養価が同じな訳がないし

 

つまり粗たんぱくを流行りの数値 28%にするために

ほとんどは穀物の粉なんだけど、生肉をまとめて表記してホエイタンパクと乾燥おからで

栄養価の調整をしている

 

『生肉』を押し出しているメーカーはろくなの作ってないです

過去記事 【お客様からの質問】

 

粗たんぱく28%

このくらいがイメージ良いし

実際、小型の室内犬が摂取するたんぱく量としては丁度良いのではないかと

個人的には思っています(ほぼ感覚・・・・)

 

 

本当に真面目に作っているごはんを与えてあげてください

sojoesセット

手作りってどうですか?

と質問をうけると『いいですね!!』と開業当時からずっとお伝えしています

みんながみんな手作りを始めちゃうと、少し困りますが

さすがにそれは無いだろうし、手作りって何気に難しいです

 

“新鮮な食材を栄養価が高いまま食事にする”

“食事と同時に水分を補給する”

 

この二つを考慮しないとしたときに

品質の高いドライフードと同じ栄養バランスで手作りごはんを毎日作る事は

至難の業です

逆に言うと、毎日の献立を考える中でそこまでシビアに栄養価を設定している人は少ないでしょう

 

そんな悩みを解決してくれるのが人気のSOJOES(ソジョーズ)

手作り補助フードです

 

EG01-00-5[1].jpg

 

EG01-00-5[1] - コピー.jpg

 

これソジョーズの原材料ですが、まずこれだけの食材を毎日スーパーで買ってきて・・

なんてしないですよね・・・

ソジョーズは水で戻すだけで調理も必要ありません

肉や魚などのタンパク源と一緒にして与えるだけです

 

 

ちなみに当店のラインナップから選んだソジョーズ スターターセットはこちら↓

 

ソジョーズ.JPG

 

Sojoes グレインフリー ¥4665

冷凍生馬肉ミンチ ¥400

ハッピースキッププラス ¥1400

サーモオイル ¥1296

合計 ¥ 7761

 

¥7761でプチ手作り食がスタート出来ます!!

尿路ケア中の子にはサプリを与えられないのか

結石が出来やすく、療法食を食べている子にサプリを与えても良いのか??

 

いろんな症状に対して言えますが、今回はシュウ酸カルシウム結石のみについて調べました

 

同時に皮膚のトラブルを抱えていて、脱療法食をさせたいのですが(脱PH)

やはり結石が大きくなる事にたいする懸念が残り、脱療法食が決断出来ていません

ならばせめて体の免疫力をあげるためサプリを与えたいのですがミネラルのバランスが崩れるのが心配です

 

 

シュウ酸カルシウム結石に対応できるフードに含まれるカルシウムの量

(※一日の給餌量を40g(大体2㌔~2,5㌔位の小型犬をイメージしています)で計算

ちなみにシュウ酸カルシウム結石が出来るメカニズムにへの対処法が

カルシウムの制限だけとは思っていないですがあくまでミネラルのバランスに関しての結果です

 

PHコントロールV2+原料サポート →0,5g

PHコントロールV2+低分子プロテイン→0,2g

UD →0,12g

ブルーバッファロー尿路ケア→0,4g

ナチュラルハーベストフラックス→0.37g

 

 

シュウ酸カルシウムに対応するフードと言っても、これだけカルシウムの量は違うんですね!

シュウ酸だけに対応するUDは流石に低いと感じました(それが良いか≪合っているか≫どうかは別として)

 

その含有率に対して、当店に置いてあって与えてあげたいと思うサプリに含まれるカルシウムについて調べました

 

JIN→ミネラル無し(メーカー回答)

 

NKDシロップ(イムロース)→0.1g

※粗灰分全体の数値(これより細かいデータはメーカーにも無し)

仮にミネラル全体のうちカルシウムが10%だったとすると→0,01g

 

アニマストラス→0,0007g

 

rashikurashiku天然酵母+乳酸菌+こうじ菌 →0,18g 

※これも粗灰分(ミネラル全体の数値)10分の1い換算すると →0,018g

 

※サーモンオイル(FISH4) 姫マツタケリキッド(シエン) は今のところ回答無し

 

つまり療法食を食べて摂取するカルシウム0,12g~0,5gに対して

サプリで摂取するカルシウムは  0g~0,018g

これは療法食の給餌量が変わる事の誤差にも満たない数値です

 

結論としては

尿路感染症の療法食を食べ続けていて

同時に他の疾患を抱えている子に対して、サプリを与える事は不可能ではないという事

定期的な尿検査やエコー診断などで結石の検査を積極的に行い

同時に家庭での飼育環境の改善+サプリかなと思います

 

ブルバッファローふやかし+ウロアクトを薦めようかと思ってます

ハッピースキッププラス

お客様の知識が豊富だから、無知をさらすのが怖いと思ってませんか?

本当に勉強熱心な飼い主様は多くて、私も沢山勉強させていただいています

 

それでいいじゃないですか

日々話をして知識で武装していけば

 

開業当初から言っていますが

犬を家族として飼う時代は必ずきますというかもうきています

なぜなら人間はそこまで馬鹿ではないから道徳的な進化もします

今よりもっと犬を敬う時代は来るんです

だから置く商品は、犬の健康を重視したものでなくてはなりません

 

商品の差別化・・・

いったい何を置けばいいのかわからなかったら

『グリーンドッグ』のサイトを見てください

 

どれだけグリーンドッグ好きなんだよっ! て思うかもしれませんが

食事の研究をした知識のある人の選んだフードを真似て置く方が

近道だし、理に適ってる

 

ちなみにネットでの購入を勧めている訳ではありません

お店で買った方が個々への的確なアドバイスが出来るし

しかも、当店では購入時にポイントが付きます

50000円で3000円!

驚異の還元率です!!

だから当店で買った方が得です

 

でね 何気にグリーンドッグのサイト見てて発見したのがコレ↓

 

 

HSKP-00-3[1].jpg

 

【ハッピースキッププラス】

 

 

 

 

関節系のサプリです

数種類の軟骨形成成分を万遍なく

ひとつひとつは少量で効果のあるものが理想的と前からお伝えしていますが

さすがのコスパです

 

HSKP-00-1[1].jpg

 

 

 

 

関節サプリ.jpg

 

↑当店に置いてある関節系サプリ

+コスパがハンパなかったミッシングリンクプラス(今は輸入出来ないようです)

+SAMeが含まれているプロシアン(当店での取り扱いなし)も含めて比較しています

※K9のジョイントも置いてあって関節ケアにはオススメですが、牛肉等々も入っているので価格での比較ができません

 

 

ちなみに吸収力は 塩酸塩<硫酸塩<Nアセチルグルコサミン で

Nアセチルグルコサミンは硫酸塩の3倍だったような気がします(うろおぼえ・・)

 

それぞれに特徴があります

G-BITSはオヤツとして一日一枚与えられます

rashiku-rashikuはL型乳酸カルシウムが入っています

 

今回仕入れたハッピースキッププラスは

【幅広い軟骨形成成分でなおかつ少量で体に吸収されやすいもの】

ここがクリアされていてなおかつコスパが良い

少量でパッケージされているので

お買い求めもしやすいかと思います   ¥1400/20g

 

 

 

フードの説明をしたがらないそうです

週一でルートで回ってくれている問屋さんが

シャンプーなどの消耗品や設備、ドッグフードなどを卸してくれているのですが

ドッグフードなどの物販品の販売数が少なくなっていると嘆いていました

 

主に個人店のサロンを廻っている業者さんなので

サロンでの販売数が減っているという事です

ネットでの購入や大手量販店で買うケースが多いのでしょう

 

他店に置いていない差別化した商品を提案して

販売方法のレクチャーを問屋さんでしてみれば?

と投げかけてみましたが

 

お店側がそもそも売りにくい商品を説明するのが嫌だそうです(^_^;)

30分接客する時間があったら、1頭シャンプーしたいと思っているらしい

(どこまでが本音なのかは分かりませんが・・・)

 

飼い主さまの悩みに寄り添えないどころか

悩みはスルーなのでしょうか、、

 

飼い主様が愛犬の様子を

『今朝はご飯をを食べなくて・・・・先日病院に行って・・・最近散歩してると・・・・』

って問いかけや報告をしているのに

 

『そうなんですね~。  で、  今日のカットはどうしますか?』

 

なのかな

 

DDでは考えられないです

私とは全く違うベクトルですが

そういった作業トリマーさんでも

勉強しないで物販が販売できるようなアイテムを作ろうかなと

※もちろんうちのスタッフ用ではない

少し考えています

 

 

FISH4ウエットフード

DSC_0720.JPG

 

当店で唯一取り扱ってるウエットフード

アーテミスのオソピュアが在庫限りで終売になるそうで

サーモンとチキンはメーカー在庫無し

ターキーはいくらか買い溜めしましたが、売切れ次第終売

メーカーとしての代替品はないそうです(^_^;)

 

そんなこんなで

ウエットフードを取り寄せましたので、是非お試しください

 

DSC_0719.JPG

FISH4 のサーモンムースとトラウトムース

 

 

 

pic_salmon_mousse01_new[1].jpg

pic_trout_mousse[1].jpg

 

100g ¥330(税抜き)

 

 

普通に美味しそうですね

 

 

それよりも・・・・

 

 

DSC_0717.JPG

 

猫用、間違えて発注しちゃいました

 

 

 

半額で販売します!

 

猫用ですが(^_^;)

 

売れなかったら差し上げます

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

コンビニの発注ミスの記事みるたび

ホントかよ!?

いつもより明らかに発注数が多い場合は、プログラムしておいて

確認するシステムとかあるだろうに・・・って思いますが

 

 

猫用発注したことなんてないだろ!

確認のTELくれよ!

と代理店に対して、妄想で抗議する私でした

 

 

 

 

 

 

アーガイルディシュ(ArgyleDishes)

お取り寄せ商品でしたが

うちに置いてあるという情報を頼って、ご来店された方がいらっしゃったので

2点だけ暫定的に置きます

※ガセ情報でお客様は困ったと思います(^_^.)

でもここにあると聞いた!という情報は助かります(他力)

 

 

ArgyleDishes(アーガイルディッシュ)

DSC_0716.JPG

 

現在当店で置いてある商品の中では唯一のオーガニック認定の商品です

そもそも私自身オーガニック食材を選んで食べている訳ではないので

凄く拘りがある訳ではないのですが

お金に余裕があれば、子供たちだけでも福島屋の食材をたべさせてあげたい・・

くらいは思っています(^_^;)

※福島屋がそもそも安全なものしか置かないから(他力)

愛犬に良いものを!

と思っていながら、実際何を与えて良いかわからない方は

こういった安心基準を参考にしても良いと思います

 

image[2].jpg

ウェステリア・アダルト

¥2354(800g)

 

image[1] (2).jpg

グレヴィア・アダルト

¥2419(800g)

 

上記2点を置いています

ちなみに私が良くおすすめするサプリのチアシードは

ここの商品でグレヴィア・アダルトにはチアシードも配合されています

image[1].jpg

 

 

 

ダイエットについてのお問合せ

先日中型犬のダイエットについてご相談を頂きました

このごはんを食べさせているそうです↓

1485270029237 - コピー.jpg

 

毎日2時間歩く、若い成犬という事もあり

現時点でこの数値までタンパク質を落として、痩せさせる事はオススメしません

ただ痩せると思います

アルファルファをサプリと捉えると、原材料は『米』と『豚肉』

ご存知のように。原材料表記については、含有量の多い順に記載されます

サプリ以下が仮に1%に満たないとすると

豚肉は33%以下の含有量という事になります

実際はほとんどが米で少量の豚肉だと思います

私がその食事を摂っていたら、たぶん一時的に痩せますが

同時に筋肉も落ちて、結果としてリバウンドしやすい体質になるでしょう

以上がダイエット方としてオススメしないざっくりとした理由です

 

良質なタンパク質を適量とりながら、段階的に痩せていく

将来に向けて体を維持する7ために、そういう痩せ方をさせてあげてください

 

ちなみにこのフード、ノンミールならぬオールミール

しっかりと栄養を犬に与えようとしたらその選択は決してしないです

米を主食にするなら、炊いてアルファ化した物を低温で乾燥させると思います

以前工場見学に行った、ドッグフード工房さんはそうしてました(手間をかけてました)

 

安く作りたいなら粉を買います

米粉も米糠も副産物ですから

 

満腹感サポート続編

先日の満腹感サポートが駄目だから変えてもらったって記事

結局何を買っていただいたかと言うと『FISH4DOGのスーペリア ウエイトコントロール6㎏』

6㌔で1万1500円するから、満腹感サポートより高い

 

 

 

 fish4.jpg

 

 

でも世の中『高くて良くないもの』はあっても、『安くて良いもの』なんてそうそう無いです

大型犬を飼っているからと言って愛犬の食事に妥協なんてするべきじゃないけど、切実ですよね

 

でも品質の差を理解すると、月に数千円の差額なんて何とも思わなくなります

 

過去にオリジナルのドッグフードを作ろうとして、必要なものを網羅したフードを少し作ろうとしたら

販売価格が¥8000/㌔位になって諦めました・・。

だからわかります(^_^;)

 

 

皮膚のコンディションの維持が期待できるフードを作ろうと思った時

ω3ω6ω9の割合と含有率は気になるところです

例えばロータスダックだとフラックスシード、オリーブオイル、サーモンオイルが原材料です

ω3脂肪酸0.75%  ω6脂肪酸2.5%の含有率です

これらのオイルを買って、この数値を出そうとするとかなりのコストです

 

 

FISH4だと・・・

 

 coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

ウエイトコントロールに関しては油分を制限している文、必須脂肪酸の数値も低めですが

ほとんどの商品では高くてバランスの良い数値が出ています

どういう脂や食材でこの数値を出しているかというと↓

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

サーモンオイルやムール貝(グリーンマッスル)、スピルリナなどから得ています

ムール貝やスピルリナに関しては、それぞれ単独で販売されているサプリが高価なので

その栄養価とコストは調べれば分かります

 

 

 

では満腹感サポートはどうしているかと言うと

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

 

魚油・・・副産物です。何の魚から出来たものかそもそも定かではないから

      数値も安定しないし、原材料としてのコストはかなり低いでしょう

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (5).jpg

 

安価なのでしょう

 

結果としてどうい栄養価のごはんかというと

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (4).jpg

 

表記がそもそも一般的なドッグフードと同じではないから分かりずらいですが

ω3の値が1%に満たないという事なんだと思います

 

 

たった一つの要素

『必須脂肪酸』だけ取り出しても、評価の高いドッグフードと

安価なフードではこれだけの差が出ます

この部分だけでも原価に換算するとかなりの差額が生じているのは事実です

 

月換算で数千円の差額が

犬の健康にとって見たら、必ずしも大きくない事が分かりますよね!

 

ダイエット用のフードを増やしました

当店のドッグフードのラインナップに肥満管理用のフードをひとつ増やしました

栄養ドリンク.JPG

 

ネイチャーズ・バラエティーのヘルシーウエイト

これで体重管理用のフードは

アーテミスフレッシュミックス・ アガリスクヘルシーウエイト。フィッシュ4レデュース

に次いで4つめになります

どうして体重管理用のフードが多いのか?

 

①太っている犬が多いからです!!!

まぁ嘘じゃなく多いです

今日トリミングに来てくれた子は3か月で400g増えていたそうです(小型犬)

 

②合う合わないがあるから

これもそうですね

3年くらい前南雲式で、あっという間に7キロくらい痩せて

ダイエット余裕~いつでも出来る~って思ってましたが

同じように食事しても全然痩せません

身体が慣れたというか・・・・努力が足りないだけかもしれませんが(^_^;)

でも実際、4種類を比較してタンパク量・油分量・カロリーをとっても設定はそれぞれ違って

同じコンセプトのものはありません

 

合う合わない→痩せる痩せないはあります

だから結果が出なかったら

食事量・オヤツ・運動量をもう一度見直して

フードの種類を変えてみるのも手ですね

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6