TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

FORZAニシン21%の意味

何度かシリーズでお伝えしていますが

イタリアの療法食FORZA10シリーズのうち 腎臓・皮膚・胃腸に特化した療法食を仕入れました

 

新しくフードを仕入れたり、そのフードについて詳しく掘り下げようとしたときに私は

そのフードに名前を検索して、どんどんスクロールしながら情報を溜める作業をします

今回の場合は『FORZA』 『ドッグフード』と検索する訳です

 

そんな時に必ず目にするのが 評価サイト

いちばん強く作ってあるのが『ドッグフードの達人』

達人でも何でもなくて、ただのアフェリエイター作品ですが

戦略としてはかなり優秀で力作です

 

今回面白かったのはコチラ↓

coffee_logo_youtube7 - コピー (4).jpg

 

ドッグフードのサイトでもそうですが

獣医さんが写真付きで紹介されると、私の中では一気に信頼性が低下します

よくこの類のサイトに顔を出したものだと感心します

(自分ブランドの低下になりますから)

 

こういう評価サイトでの評価を予想した時に例えばこの商品だったら↓

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

 

米突っ込まれるだろうな~とか

魚油って何の魚だよ?とか

コーン油ってどうなのよ?とか突っ込まれるだろうな~という予想は出来るのですが

 

実際の評価では↓

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (5).jpg

 

魚粉 ニシン21%が突っ込まれていました

 

残りの79%は何の魚の粉かわからないじゃないか!

粗悪な品質なんじゃないのか!

という主張です

 

 

 

いや・・違うでしょ

そうだったらグリーンドッグは扱わないでしょ(他力)

 

 

メーカーのコンセプトや企業姿勢が読み取れる人は

そういう解釈はしないはずです

 

この21%は便材料全体の中でのニシンミールの含有量であって

魚粉の中でのニシンミールの含有量ではありません(メーカー確認済み)

 

 

それくらいのランキングサイトという事です

 

 

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (6).jpg

 

100点満点の評価基準のうちの30点が

↑こんな評価基準ですから(笑)

 

 

7が一番やっつけだな・・・

ダックス phライト

昭島にお住いの方が寄ってくれました

13歳のダックス、下半身付随、圧迫しないと自力で尿が出せないようで

以前結石が出来て以来phライトを食べ続けています

 

ご自宅付近のサロンは軒並み受け付けてもらえないようですが

しっかりと予約管理をしていただければ、今なら受付られる旨お伝えしました

体力があれば、洗う事に関して下半身が動かに事は大きなデメリットではないです

ご自宅で十分にケア出来ていないのであれば、プロに任せた方が賢明です

 

 

 

phライトに関しては

以前結石が出たという

原因も究明できていない、たった一度の事象だけで

ここ5年食べさせ続けているという・・・

ありがちと言えばそうなりますが

何度もお伝えしていますが

このごはんは結石の溶解や再発防止には一定の効果はありますが

そのアプローチ方法であったり

その他、体の健康維持に関してはまったく×なごはんなので

現状の尿や膀・腎臓の様子を抜きにして与え続けるべきではない

 

もっと早く誰かが助言しても良かったんじゃないかと思います

処方箋が必要な事にも理由があります

パッケージにもそう書いてあるはずです

自分や家族であればそうはしないはずなのに

全般、意識を少し変えないとまずいです

 

腎臓の数値が悪いので・・・

FORZA腎臓ケアの取扱いをはじめたので再アップです

加水分解された高品質のタンパク源を使っているので腎臓への負担は少ないとの事です

 

 

 

腎臓の数値が悪いので、腎臓食や低蛋白食をお医者様から勧められている

ロイヤルカナンは与えたくないけど、どれを選んだら良いかわからない

 

【当店に置いてある腎臓食 animonda ニーレンについての過去記事】

 

今日は腎不全用のフードの話ではないです

血液検査でBUN(尿素窒素)やCRE(クレアチニン)の値が正常値を超えていたのだと思います

それらの数値をどのくらい越えたら、もしくは比率が云々の話は、知識と経験のある獣医さんから

聞いてもらうとして

 

時々こういう話を聞くと、多くの場合腎臓用の療法食を勧められて食べています

腎臓サポートやk/d ですね

上の過去記事を見て頂くとわかるように腎臓食はタンパク数が14%前後と

通常食より極端に下がります

腎臓に負担をかけている原因物質が減るのだ

から、血液検査の数値も下がる事は容易に想像出来ます

 

 

慢性腎不全の子(症状の重い子)を基準に作ってあるのだと思いますが

いつもお話ししているように、良質なタンパク質を適量摂る事は凄く重要です

腎臓の機能を低下させない、慢性化させない事と並行して考えておかなければならないです

療法食を食べて、数値が安定してそれで本当にいいのか?

 

良質なアミノ酸を摂取する事が老廃物を出さない事に繋がるのであればなおさらです

老廃物を出さないようアミノ酸スコアの高い良質な原材料で出来たフードをチョイスする事も重要ですし

役に少ないタンパク量を補うために、分解されたアミノ酸で補うのも有効だと思います

item_img03_1[1].jpg

タンパク質を制限して、またタンパク質を摂るの?!と思うかもしれませんが

獣医師に確認して検討してみてください

 

もう一つ違った視点から考えると

衰えた腎機能の回復、悲鳴を上げている臓器を慰めてあげる

E288954H_L[1].jpg

例えば当店においてある姫マツタケのサプリは

腎機能の改善の症例もあります

他にも腎臓に良いと言われるサプリはありますから

そういったものを併用して、出来るだけ少なくではなく

適量のタンパク質を摂取できるようにした方が良いように感じます

 

 

 

腎臓ケア用フード

腎臓ケアの記事 再UPです 

 

飼い主様からご質問があったので再アップします

animonda 腎臓ケア用フードは病院食の代替えとしてOKか?

 

 

グレインフリー、高蛋白フードが評価を高め食べさせる飼い主様も増えてきましたが

以前からお伝えしているように

良質なたんぱく質、そして適量を摂取する事が重要になります

過タンパクによる体の影響に関して、高蛋白フードを製造または卸している

会社に問い合わせても明確な返答はありません

売れなくなりますから

 

余剰な蛋白が多いと(過タンパク)腎臓や肝臓の数値にも影響してきます

そういった相談も時々ありますが

かかりつけの獣医師さんと相談しながら

食事のケアも取りいれてあげてください

 

今日紹介するのは ラインナップに加えたanimondaの腎臓ケア商品 

Nieren(ニーレン)

taka1 - コピー.png

蛋白・リンの設定はヒルズ・ロイヤルカナンと変わりません

慢性腎不全の子に対応して作ってあります

若い子、腎臓の数値異常が経度な子は、先生と相談しながら

普段の食事に混ぜてあげる(ウエットも可)のも良いかもしれません

 

 

taka1 - コピー (3).png

 

 

 

taka1 - コピー (4).png

 

 

原材料・成分値 2番目がヒルズで3番目がロイヤルカナン

腎臓に負担をかけない

そういう意味では、animondaを含めてどれも左程変わらないと思います

 

ただ何度も言うように

腎臓の機能が維持できていればそれで良いのか、というお話

食事としてのクオリティーがある程度保たれていないと、それに伴う弊害が発生してしまいます

長く付き合って行かなければならない可能性が高い分

食事としての《質》にもこだわってください

 

 

 

FORZA 腎臓ケア

いやパッケージ リアルすぎるでしょう・・・

89f1f42f2cd2b53c119f75e10522dbe8.jpg

 

そもそも犬の腎臓の断面ってこんな形なんだと思って画像検索したら

注)閲覧↓

 

 

 

 

20081110210853[1].jpg

こんな感じでした

 

 

で今回の腎臓ケアフードもanimonda同様

獣医さんの処方箋がなくても買えます

 

【過去記事 腎臓ケア用フード】

 

設定としては、慢性腎不全や腎臓の数値が悪化している子

そんなクラスの子に対応している商品です

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

導入した理由は『腎臓サポート』 『k/d』から変更して頂く為です

変更後も獣医師さんとの連携、経過観察は必要になりますが

食事としてのレベルが腎臓サポートやk/dとは全く異なりますので

その他にいろんな疾患を併発するリスクは軽減されます

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

慢性腎不全・急性じん不全

腎臓の観察が必要な子については

FORZA リナールアクティブをお買い求めください

 

ジャーキーが主食!?

毎月来てくれるシーズーの男の子

最近散歩でも歩かなくなってきて、よろける事が増えたと・・・・

見た感じ、太っている割に筋肉量が少ないので

食事の確認をしたところ『ジャーキー』だと・・・!??

 

 

『えっ ジャーキーが主食ですか!?』

 

おやつが主食!!  ごく稀に聞く事だけどどうやらそのジャーキー本当に主食のよう

調べてみたらメーカーのホームページで『主食』で絞りこんでいくと

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

これが全部主食か!!!

マジか!!

 

総合栄養食って記載してあるから、メーカーはホントに主食として設定しているようだ

これしか食べない子いるだろうな

犬にとってはこの科学的であろう味もある意味美味しいだろうから

でもね・・

 

 

ジャーキーが主食.jpg

 

固太りしてるのも、足腰が弱ってきたのもこの食事が原因の一つになっているの

 

①~③総合栄養食

ペットフード公正取引委員会が定めたペットフードの基準で

AAFCOなどを基に審査されますがあくまで数値上の基準なので

総合栄養食=良質という訳ではありません

バランスの良いフードの定義があいまいすぎます

 

④一つでも入っていたらうちには置かない原材料が沢山入っています(^_^;)

発色剤(亜硝酸ナトリウム)とかググってみると良い事全然なさそうだし

 

⑤タンパク質が良質ではないうえ、水分30%の食材において18%程度では

丈夫な体は構成されません

 

 

“兎にも角にも止めた方が良い” レベルです

 

FORZA10

療法食の分野としてanimonda(アニモンダ)を置いていましたが

安定的な供給が難しいと感じて、今回同分野のフードを総入れ替えしました

フォルツァ①.JPG

 

新しく置いたフードはFORZA 

【FORZA ホームページ】

 

特定の症状への対策に特化したシリーズの中で

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

デルモアクティブ(皮膚)

インティスティナルアクティブ(胃腸)

リナールアクティブ(腎臓)

の3種類(2㌔)を常時置こうと思っています

 

細かい内容は追って詳しく説明させて頂きます

今日はラインナップ紹介と

 

腎臓ケア.JPG

 

パッケージがリアルすぎる・・・

という紹介です

 

ご質問がありましたらいつでもどうぞ!

分からない事があったら、代理店さんに確認致します

 

 

企業姿勢とは

先日紹介した減点方式のドッグフードの評価表

サイエン〇ダ〇エットの評価が-33点で、超簡易的だとしても

なかなかの精度だなと思っています

 

減点表.jpg

 

ちなみにロイヤ〇カナンだと-62点でした(^_^;)

 

これはドッグフードのパッケージの原材料表示で判定して頂く訳ですけど

これとは別の減点表を作りました

企業姿勢判定表です

 

私よく企業姿勢って言いますけど

犬の健康を思ってドッグフードを作っている会社って少数派です

 

以前国内のペット関連企業の特許資料を見ましたけど

犬の事を考えた研究って皆無です

企業姿勢もクソもあったものじゃないです

 

正直パッケージで騙す事なんて簡単だと思います

どうやって騙すかばっかり考えていますから

 

↓これ書いてあったら減点です

(※もちろん減点に値しない場合もあります)

どうして?って思いますよね

疑い深い私はわかります

 

減点表2.jpg

 

 

療法食に処方箋っているの?

 

昨年の12月にドッグフードメーカが訴えられたそうですね

 

IMG_0320.JPG

 

訴えられたのはこんな感じのメーカーですが

訴訟内容は

 

処方箋が必要で価格が高いのに、品質は何も変わらないじゃないか!!(プンプン)

 

だそうです

日本でも似たような状況があって

獣医さんからじゃないと買えないフード(いわゆる療法食)はありますが

ネットだと買えたり、大手量販店に売ってたり

処方箋という程の拘束力は今の療法食にはありません

 

処方箋ではないにしても、いわゆる療法食メーカーと獣医の利害関係を

無くさないと犬にとってはろくな事ないです

 

ひとつは上に載せたメーカーのフードの食事としての質は最悪です

なのにマージンが高いから、獣医が売りたくて仕方ない

 

結石が出来た時に『一生PHコントロール食べさせなきゃ駄目』だとか

名言を言う獣医さんが存在するのも無理はないのかもしれません

 

以前お伝えしたブルバッファローやフォツアなど

比較的良質な療法食も登場してきました

 

【過去記事:腎臓ケアフード】

うちにおいてあるアニモンダもいわゆる療法食です

 

そろそろ飼い主さんも獣医さんも気づいた方がいいです

犬の健康だけ考えて、食べていける業界にしてください

 

 

 

 

 

このフードはどうですか?

良いフードを見極める方法はありますか?

時々質問を頂きます

 

質の良いフードは沢山ありますけど、質の悪いフードはその何倍もありますから

見極めをしっかりしないと、知らず知らず粗悪なものを愛犬に与えているという結果になります

 

こんな表を作りました(超ざっくり)↓

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

今与えているフードのパッケージの裏面の情報だけで

フードの質がわかる、減点項目一覧表です

100点満点からスタートして、何点減点になるかで評価をします

 

ちなみにサイエンス・ダイエットプロアダルトの評価は

-33点でした(^_^;)

 

精度高いかもしれませんw・・・

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6