TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

犬の腸活の話

一昨日 動物予防医療普及協会の会長さん(若い方)とお会いする機会があってお話しししました

 

僕としては、予防医療に力を入れている獣医さんっているのかな?って思ってたくらいなので

協会があると知って驚きました

 

医食同源ってあるように、食べるものをはじめ、ストレス環境なども含め

先にあるべきことですが

ビジネスとして考えた時に、『治す』事が優先されている世の中です

躾に分野に関しても同じように言えると思います

 

トレーナーさんは問題行動を治す事がメインの仕事ですが

そもそもそうさせない事に力を注ぐ人は少ないのが現状

 

僕が提唱するWASABAのワクチンプログラムパピークラスの普及による

早期社会化活動の開始も同じような考えだと思って

 

その『無い』に近いものをどうやって広めるかという部分において参考にさせて頂きたいと思っています

 

 

2019-01-31.png

 

会長さんである獣医の石田先生はオンラインサロンを営んでいて

その中で腸活に関しての講義を開催したという事で僕も昨日から『腸活』を初めました

(一時人間用JIN飲んでたけど・・)


 

こういった勉強会に参加するって凄く大事

でも参加する時間がなかったら

 

評判の良いものを買って試してみてください

 

合う合わないわあるにせよ

ヤクルトの研究所ってコレですよ

 

2019-02-01.png

 

 

 

あとはLG21とか人気のあるヨーグルト

スーパーで買えるもので甘酒(麹菌)とか・・・

自分が食べやすいもので、効果が出るものを選ぶと良いと思います

 

 

ドッグダイヤモンドで言うと

 

 

 

麹菌・乳酸菌/天然酵母.png

 

rashiku-rashikuの麹菌・乳酸菌・天然酵母のコラボ

これはすぐ便か変わります

 

言葉が変わると心が変わる

心が変わると行動が変わる

行動が変わると習慣が変わる

習慣が変わると人格が変わる

人格が変わると運命が変わる

ラシクラシクと摂ると便が変わる

 

ウイリアム・ジェームス

 

このくらい変わります

 

 

もう一つお勧めはJIN

JIN.JPG

 

 

JINの人気も凄いですね

リピーターさんは多いです

 

 

以下コピペ

腸はただ食べ物の栄養を吸収し、便として排泄するだけの器官ではありません。実は腸は「考える」器官として、第二の脳と呼ばれているんです。

 

腸の中に入ってくるものには、身体にとっていいものも悪いものもあります。腸は、何が身体に良くて何が悪いのかを記憶することができるのです。
また、脳内の神経伝達物質である「セロトニン」の95%が腸で作られているという研究報告もあります。
腸はさらに、多くの神経や血管が集中している器官でもあります。ですから緊張やストレスが強いとその影響をもろに受けやすいのです。

 

書くよりしゃべった方が情報量が多いし楽(笑)

 

 

 

大事な事だから何度も言います 腎臓の事

結論から書きますけど

メーカーもお医者さんも注意喚起はしないです

 

僕がお店に置くドッグフードには一定の基準があって

『たんぱく質』に関しては25%くらいを平均に

それより高すぎるものは置いていません

 

合う犬がいないと思っているからです(あくまで持論)

 

昨日ご来店いただいたワンコのベース食は

2019-01-28.png

 

海外のメーカーの文言をまんま訳したのだと思いますが

僕は書いちゃ駄目

もしくは補足は絶対に必要だと思んですけど、基本的にドッグフードメーカーは書かないです

 

リスクを

 

生物学的に適正

 

解釈が合っているのかさえもわかりませんが

何十年も前に、野生としてあるものを食べてきた犬達の食生活の事を言っているのか

 

特に愛玩犬(キャバリアやシーズーなど)という起源をもった犬達ではなく

狩猟をして生きていける犬達は何でも食べますよね

テリアを散歩してたらなんとなく分かります(笑)

 

蝉(昆虫)食べたり、捉えられれば鳥や猫も食べるでしょう

お腹がすいたら草も食べるかもしれないですね

 

それが生物学的に適正かどうかと言われると・・

現代の日本の多くの犬においては適正ではないでしょう

 

『適正』の基準は長生きできるかどうか

 

 

2019-01-28 (2).png

 

上で紹介したドライフードに馬肉をトッピングしていました

馬肉は能力の高いお肉ですが

 

 

2019-01-28 (3).png

 

 

 

たんぱく質の塊です

 

仮にドライ半分 生肉半分で与えていたとすると

全てがドライフードだと仮定したら(馬肉の水分を飛ばしたら)

おそらくたんぱく質は50%を超えるでしょう

 

2019-01-28 (1).png

 

 

 

 

犬にも給仕量にもよりますがかなりの確率で腎臓が疲弊します

 

臓器が頑張りすぎちゃう感じですね

 

今回は早期に状況が把握できたので問題はなかったですが

長年頑張り続けると、寿命にも影響してくるでしょう

 

 

生物学的に云々も大事で、このメーカーは凄く研究して良質なフードを

作っていますが

 

 

子犬から高齢犬までって書いちゃうメーカーからは買わないほうが良いと思います(感情論)

 

(注意喚起するどころの話じゃないですから)

 

ちなみにどうして犬はこんなに食事の内容を細かく気にしなきゃいけないのか?

それはそうしないと死んじゃうからという事と、人間が守るべき動物だから

だと思っています(持論(;'∀'))

 

詳しくは動画で

 

 

 

 

 

 

 

ムースシャンプーへの拘り

ムースシャンプーにも拘るという話

 

 

今ドッグダイヤモンドに置いているムースシャンプーは二つ

 

一つ目の拘りは 

真菌を殺してくれ・・・・

 

これムースシャンプーで探してもなかなかないんですよね

 

 

 43814947_th[1].jpg

 

 

 

 

でもこれなら真菌だけでなく、あらゆる雑菌も退治してくれます

 

なぜなら昨日紹介したバイオトロールが配合されているから

 

過去記事 バイオフレッシュの紹介

 

足裏専用でOKですが、なんなら全身にも使えます

 

 

 

スクリーンショット 2019-01-26 16.51.27.png

 

 

 

名前はヘンテコだけどけっこう優れものですよね・・

↑写真の右の50mlだけ置いています ¥594

 

 

 

 

 

もう一つの拘り商品はフィトンクレンジングフォーム

 

寝たきりの老犬を全身洗い流さないでも綺麗に出来るレベル

 

こんな条件で探すと、やっぱり限られてきます

 

あれこれ書くより貼ります

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2019-01-26 17.52.31.png

 

 

 

 

 

 

基本的には洗えば良いと思いますよ

でもどうしてもって時はあるし、そんな時にどのくらい犬を快適にさせてあげられるか

お風呂に入ったような爽快感が得られるか

 

 

 

py-c[1].jpg

 

 

そんな観点から選んだ商品です

 

 

 

 

除菌消臭剤 バイオフレッシュの紹介

41kUotY3XLL._AC_US200_[2].jpg

 

今日紹介するのは『除菌・消臭剤』

ペット用の除菌消臭剤って凄く沢山ありますよね

大手量販店でも、沢山のメーカーのものが並んでいます

 

多くの方は価格重視で選んでいると思っています

けっこう使うものだから仕方ないとも思います

 

でもせっかく買うのなら全てにおいて能力の高いものが良いと思います

消臭力

除菌力

安全性

これらの能力が高いと使用用途が広がります

 

ペットのトイレ周りの清掃だけでなく

お手入れ

お部屋の空間除菌

車の清掃

無香料だからいろいろ使えます

 

この商品詰め替え用もありますよ♪

 

 

 

 

グリーンドッグの乳酸菌ジャーキー 魚

今日ご紹介するのは

グリーンドッグのオリジナルブランド

with green dog のデンタル乳酸菌ジャーキー 白身魚 です

 

ジャーキーとデンタルを結びつけるという発想がもうびっくりですね

 

NJF1-00-6[1].jpg

 

 

原材料も白身魚と乳酸菌だけというごくシンプルな設計

食いつきは 動画にも載せていますが良すぎて困ります

味が濃いというよりは、魚の風味そのままといった印象ですね

 

 

NJF1-00-7[1].jpg

 

水分がある商品なのでパッケージが厳重な感じがしますが

ホントグリーンドッグの商品は品質に安心感がありますね

そのあたりの話も含めお話ししています↓(全く関係ない話もしてます('◇')ゞ)

 

 

 

 

 

誰が作っているのか?を大事にしている

 

これ、今使ってる歯磨き粉

お風呂でTV見ながらずっと磨いてるけど全く血が出ない(笑)

そこかよ!って思うかもしれないですけど

歯も白くなるし、ツルツルになるし、口の中ヒリヒリしないし

スクリーンショット 2019-01-22 07.47.11.png

 

レビューもハンパないです

(ステマが入っているとは思いますけどね)

 

これ、ヤクルトとアパガードのコラボなんですね

ヤクルトレディが届けてくれます(2000円しますが・・)

 

ヤクルトって乳酸菌の会社でしょ(ざっくり過ぎ)

アパガードって覚えている人も多いと思いますが

 

 

 

 

ホームページを見ると今でもアパガードは凄く高級歯磨き粉部門でシェアを得ています

 

 

 

こういったコラボは強い気がするんですよね

真面目(実績)✖真面目(実績)
みたいな

 

僕はどういう商品か?という事も大事にしていますが

それ以上に『誰が作っているか』を大事にしています

 

出来れば理念を優先して、その先に利害があるようなコンセプトの商品を大事にしていですね

 

当店においてある犬用歯磨き粉もそんなコンセプトで作ってあるものです

是非お試しください

↓動画で商品の説明もしています

 

 

 

10歳 太り気味 膝よわいチワワの食事相談

 

 

 

チワワ ♀ 10歳 ちょっと太り気味 後ろ脚の膝かなり緩い

フードのご相談です

 

トリミングをしていても膝を後ろに少し曲げるだけで嫌がります

このままでは近い将来歩けなくなる可能性もあります

スクリーンショット 2019-01-21 09.40.13 - コピー.png

イメージ画像です

 

 

 

ベスト体重はおそらくあと数百グラム減

膝の事を考えるとゆっくりと、筋肉を維持しながら痩せる感じがベストですね

今食べているごはんは

 

 

 

 

 

僕はコレが入っているだけで、そのフードはお店には置かないという基準を持っていますが

このフードに関しては

【コーン、パン粉(小麦)、チキンエキス、魚油、】

主要な原材料のほとんどです(;'∀')

 

fish4_sp_wc02[1].jpg

 

 

Fish4スーペリア ウエイトコントロールをご購入いただきました

 

無理なく痩せさせることが出来るごはんです

まだ若くて運動量がある子は

item03_img[1].png

アミノ酸を少量加えてください

 

お肌の様子が気になる場合は

pic_salmon_oil03[1].jpg

 

サーモンオイルをお勧めします

 

 

ネットで検索して辿り着くフードと、我々が店頭で販売しているフードは何が違うのか

毎日のようにドッグフードの問い合わせは受けますが

最近はほとんどの場合、飼い主様はインターネットで『良いフード』を探します

良いフードを探す時の検索ワードっておそらく10パターンもないでしょう

 

ある程度包囲網は出来上がっていて、力のない新参業者がOEM製品を売ろうと思っても

おこぼれ程度しか受注は受けられないんじゃないかな

 

今日のお問合せはこのフード

 

 

ファインペッツ 極.png

 

 

 

こういった高タンパク、高脂質のフードが流行っている地域があるのでしょうか

その国で流行っている犬や気候風土・飼い方にもかなり影響するのだと思いますが

輸入するにしても日本では一部の犬にしか『本来』合わないであろうフードをチョイスして

あたかも良質で、全ての犬に合う体で販売するのはいかがなものか

 

 

あひる肉の脂質をみると、ノンミールで多めに使うと必然的に脂質は高くなると思います

 

 

2019-01-19 (11).png

 

 

そしてもう一軒の問い合わせはこちらのフード

 

ファインペッツ華.png

 

国産になると急に粗食になりますね('◇')ゞ

粗食というか炭水化物ばかりのごはん

 

人間は欧米の食事と日本食ではもしかしたらこの両者くらいの違いはあるかもしれないですよ

まず日本は米文化ですから

 

でも対象は犬ですよ

 

人気犬種も生活スタイルも国によって違うのはわかるけども・・・って感じです

 

結局買って帰っていったのは

お二方とも ロータスです♪

 

 

160318_lotus_04[1].jpg

 

お肉と脂の欧米食と 炭水化物メインの国産フードの間くらいかな(笑)

このくらいが丁度良いと思いますよ

 

ネイチャーズバラエティー 欠品のお知らせ

2019-01-18.png

 

現在取り扱ている ネイチャーズバラエティー に関しては

長期欠品になると連絡が入りました

3月中旬と連絡が来ていますが、詳細は未定です

 

良い商品ですが残念ですね

個人で輸入するにはもうリスクが増えすぎています

 

2019-01-18 (1).png

 

 

日本でのサイトも丁寧に作っていますが

犬用猫用・・・ラインナップが多い事がリスクでしかない程銘柄(メーカー)が増えているのと

販売方法が多角化しています

 

2019-01-18 (3).png

 

 

 

ウエットも猫用もあるけど

 

 

 

2019-01-18 (2).png

 

いろんな原材料の商品も、シニア用もあるけど

チキンだけ輸入して、高タンパク高脂質でも獣医師に

オールステージ対応を謳わせて、アフェリエイターにぎりぎり

な文章を書いてもらって

販売したほうが・・・・儲かる

 

そうなんですよ

皆ビジネスありきでやってるから腹がたつ  違和感を感じるんだと思います

でもいろんな考え方がありますから

 

もちろんドッグダイヤモンドでは他にその子に合う商品をご提案させていただきますので

お気軽にご相談ください

 

最近 商品のブログばかりを上げている理由

最近グッヅブログばかり上げていますが

実はプレトリないでこんな企画をしている最中でして・・・

 

2019-01-17 (4).png

 

1月~3月までの間に、物販強化を多角的にやっていく塾を開催していて

そんな感じで、参加しているお店さんと一緒に頑張ってる感じです(笑)

 

今日から3週にわたって、販売トークの講義をzoomでするのですが

初回の基礎編は50名くらいが参加予定です(;'∀')

 

参加しないお店さんは

・物販をそもそも全くしていない

・今でもけっこう売ってる

・顔出しが恥ずかしい

そんなところだと思います

 

動画でも言ってますが

我々は犬の体調の変化に凄く敏感に察知できる立場にいます

1月前に会ってるのに、抱いた瞬間『あっ太った・・』

『ん、今回毛艶がおかしい』って感じたり出来ます

 

その立場にいるのに、ケアグッズや食事のアドバイスをしないのは変です

飼い主様がアドバイスを聞いてく出さっているなら、対応できるグッヅを置くべきだし

置いてるなら積極的に勧めるべきです

 

なぜならそれが犬の為だから

 

トーク技術や基本的な知識を詰め込むzoomセミナーですが

はっきり言って一番大切なのは『マインド』ですよ

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6