TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

乳酸菌2000億個 JIN

乳酸菌のサプリJINを置いていますが売れています

買っていかれる方の半分くらいは

『JIN置いてあるんだ!買っていこ!』みたいな感じで購入されます

 

もともと知名度が高いサプリでありなおかつ

説明しないからそうなるんですけど・・・

 

乳酸菌のサプリを説明して販売するって難しいですよね・・・・

何に対して必要なのか

効果が本当に得られるのか

そのあたりが曖昧ですから

 

 

JINを知ってもらおうと思ってメーカーのホームページ開いたら

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

↑これトップぺージですよw

会社のHPというより社長のHP(あるあるですけどね会社(商品)と自分どっちを宣伝してるのかわからない感じ)

自分が好きな人は私も好きですけど

 

で商品の説明はネット販売しているサイトで見るとして

やはり効果がどうなのか知りたい場合はレビューです

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

 

猫に使っている方が多いですね

免疫系の疾患・皮膚のトラブル・腎疾患・口内炎・・

そんな感じで使われている様子です

フードでも躾でもなんでもそうですけど

悪くなってからより、悪くならないように

そんな使い方が良いかと思います

ビーもハッピーもJINはお徳用を買って、毎日ごはんにかけています

 

 

 

犬種別フード 続き

昨日動物病院に行く用事があって、待合室に置いてある

『犬のきもち』を見ていたら

“ドッグフードの選び方”みたいな特集があって

専門家が記事を書いているのですが

的を得ていないというか、もっと大事な事があるだろうと思わざる負えない感じでした

 

その記事の結論は『犬種別に分かれた良質なフードを作っている会社を探す』

みたいな感じで落としていましたが

結局最後に紹介していたメーカーがカナンで

なんてことはない、ロイ〇ルカナン推しの記事・・

カナンがスポンサーの広告記事と言っても良いかもしれません

 

 

トレーサビリティーがしっかりしてる

衛生管理がしっかりしてる

そんなコトを推してましたが

レンダリング材料や副産物のトレーサビリティーニトレーサビリティーって

そもそも必要ないし

製造工場の衛生管理がしっかりしている事自体はすばらしい事だけど

品質に関しては、そんな事以前の問題です

営業費が価格にのしかかってきます

安くて良いものは無いけど

高くて悪いものはある典型

うちの近所の方は皆ホームセンンターで買っている

伝え切れなかったから、声が届く事を願って

『うちの近所の人は皆ホームセンターで買うから・・・』

 

そうなんです

それは事実だと思います

それ以前私も言っていましたし

そういう地域なのかな?って思っていました

でもそれってそういう地域なのではなくて

 

 

coffee_logo_youtube7_-__3[1].jpg

 

日本中どこでもそうなんじゃないかと思います

(※都市部とど田舎とでは違いはあるかもしれません)

だからこそ我々(トリマー)はただ犬の健康を願って

飼い主様に対して発信しつづけなければならないのだと思います

 

私は発信し続けているから

当店に来ていただく方の多くは良質な食事を愛犬に与えています

それは我々(トリマー)の役割(使命)だと思っているから

 

 

ご来店いただくお客様の多くが数か月に一度の美容しか求めていないなら

諦めるかもしれません

でも毎月来てくれて、オススメするオプションにもお金をかけてくれるなら

 

トリマーさんが愛犬に食べさせているフードを店頭に置いて

どうしてそのフードを愛犬に与えるようになったか

そのプロセスを説明するだけでいいんです

お金をかけたくなくてホームセンターで買っている訳ではありません

知らないだけなんですから

だとしたら、その知識を伝える事は使命ですよね

有益な情報を提供する事で対価を得る事に引け目はいらないですよね

 

少しずつ発信するだけです

店頭で口頭で伝えるだけでもいいし

メルマガを配信したり、ブログを書いたり

新聞を書いたり

発信の方法はいくらでもありますから

 

やるかやらないか

それだけだと思います

 

 

phコントロールを一生食べるという事

5頭の多頭飼育のうちの1頭が結石傾向でPHを食べていたんだけど

PHは味が濃いから他の犬が食べたがると相談したところ

5頭すべてに大袋(12キロ)のPHを食べさせなさいと指示した病院が近くにあります

 

インフォームドコンセントや病気に寄り添う話ではなく

飼い主さんはその獣医さんの何を信じればよいのか私には分かりません

近づきたくない病院です

 

そこまでいかなくても、結石=一生PH

そんな先生はけっこういます

 

結石の種類

定量的な結石の量

場所

生活環境

生活習慣

食事

給水量

・・・・etc

 

そんな情報を基に対策をプランするのは獣医さんですよ

そんなご提案が無ければ、心配してもいいです

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

人間の歯医者さんのコラムの抜粋です

歯に必要なミネラル=シュウ酸とストラバイト両方にアプローチするフードが制限しているミネラル

 

 

PHを食べ続ける事で、歯がもろくなる可能性なんて当然ある訳で

必須ミネラルを制限する事での弊害くらい説明したうえで、フードを販売してほしいです

 

シュナウザー専用フード 番外編

『シュナウザー専用フード』で検索してたら出てきたこのフード

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

 

テリア専門のグッズショップ通販で販売されているフード

コンセプトはシュナウザーやテリアの為に開発したフードだそうで

髭焼けや皮膚の赤みが気になる方にオススメしています

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

 

結局のところこんな原材料で作られている

シュナウザー・テリア専門フードですが↓

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (4).jpg

 

 

原材料蘭をコピー&ペーストしてググるとこれが出てきます↓

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

で、粒の形はまんま吉岡油糧なので、↑の原材料をググると

やはりSHOKURYO≒吉岡油糧が登場します

 

 

先日ご紹介した全部粉のフード

【過去記事 フードの質問】

 

これもシュナウザー飼いさんにススメていますが

シュナウザーにはむしろ危険かと思います

 

 

OEMフードにコンセプトをつけて

あたかも自社で開発したようなストーリーを作って販売とか、ホントよく見るけど

 

これがシュナウザー・テリア専用とかちょっと無理がある

FORZA皮膚・被毛の健康維持

FORZAの療法食シリーズの中の取りいれた商品に

皮膚・被毛の健康維持に特化した商品があります

例によって、パッケージはリアルなのですが・・・

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

ここのところ、皮膚へのアプローチを積極的に行いたい子には

フィッシュ4スーペリアアダルトをオススメしていましたが

 

【過去記事 力のあるフード】

 

療法食レベルで特化したものを置きたかった

このフードの力を試してみたかった

フィッシュ4、ロータスクラスのゴハンが合わない子用

 

そんな理由から置いてみました

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (7).jpg

 

 

 

常時置いてあるのは2キログラム小粒

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (8).jpg

 

 

実にシンプルな原材料

 

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (9).jpg

 

通常のギブル(粒)とは別に入っているAFSタブレットがこのフードの特徴のようですね

皮膚へのアプローチに特化した内容になっています

 

なかなか力があるんじゃないかなぁと予想しています!

 

是非お試ください!! 

 

 

シュナウザー専門フード

昨日から泊まっている子の持参フードが

『シュナウザー専用フード』だそうで

以前から何度もお伝えしているように

 

犬種特性を考慮した『〇〇専用フード』

全て与えては駄目です

 

理由を説明すると

そもそも犬種特性はどの犬種もありますが、個体差もあります

その犬種すべての子にそのフードが適しているか

その子が犬種の特性に当てはまっているかなんてわからないのです

 

シュナウザーに関してご紹介すると

 

1346405585_1[1].jpg       ウェルケア.jpg

 

 

 

 

81FvF1NNinL._SY679_[1].jpgcoffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

 

シュナウザーで気にしなければならないとすると

①尿路結石

通常の4倍 ストラバイトとシュウ酸カルシウムが約半分の割合で罹患します

だからと言ってすべてのシュナウザーが結石になる訳ではないですよね

年齢によっても推移しますが5%~10%だと思います

その確率の為に、ナトリウムを増やしてミネラルを制限しますか?

 

 

②膵臓・肝臓・胆嚢などの内臓疾患

③皮膚疾患

 

そのあたりのケアが必要になると思いますが

そもそも各社でシュナウザーに関する栄養価の考え方がここまで違うにもおかしな話だし

 

 

〇〇専用が駄目な理由は

上に書いたようなここでの適性を考慮する必要があるのにもかかわらず

そういう表記無しで、販売シエア獲得だけのためにこういった設定のフードを作るメーカーが

良質なフードを作る訳がない

企業姿勢がわかれば、フードの質も分かる

これが結論です

 

 

 

 

 

 

FORZAニシン21%の意味

何度かシリーズでお伝えしていますが

イタリアの療法食FORZA10シリーズのうち 腎臓・皮膚・胃腸に特化した療法食を仕入れました

 

新しくフードを仕入れたり、そのフードについて詳しく掘り下げようとしたときに私は

そのフードに名前を検索して、どんどんスクロールしながら情報を溜める作業をします

今回の場合は『FORZA』 『ドッグフード』と検索する訳です

 

そんな時に必ず目にするのが 評価サイト

いちばん強く作ってあるのが『ドッグフードの達人』

達人でも何でもなくて、ただのアフェリエイター作品ですが

戦略としてはかなり優秀で力作です

 

今回面白かったのはコチラ↓

coffee_logo_youtube7 - コピー (4).jpg

 

ドッグフードのサイトでもそうですが

獣医さんが写真付きで紹介されると、私の中では一気に信頼性が低下します

よくこの類のサイトに顔を出したものだと感心します

(自分ブランドの低下になりますから)

 

こういう評価サイトでの評価を予想した時に例えばこの商品だったら↓

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

 

米突っ込まれるだろうな~とか

魚油って何の魚だよ?とか

コーン油ってどうなのよ?とか突っ込まれるだろうな~という予想は出来るのですが

 

実際の評価では↓

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (5).jpg

 

魚粉 ニシン21%が突っ込まれていました

 

残りの79%は何の魚の粉かわからないじゃないか!

粗悪な品質なんじゃないのか!

という主張です

 

 

 

いや・・違うでしょ

そうだったらグリーンドッグは扱わないでしょ(他力)

 

 

メーカーのコンセプトや企業姿勢が読み取れる人は

そういう解釈はしないはずです

 

この21%は便材料全体の中でのニシンミールの含有量であって

魚粉の中でのニシンミールの含有量ではありません(メーカー確認済み)

 

 

それくらいのランキングサイトという事です

 

 

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (6).jpg

 

100点満点の評価基準のうちの30点が

↑こんな評価基準ですから(笑)

 

 

7が一番やっつけだな・・・

ダックス phライト

昭島にお住いの方が寄ってくれました

13歳のダックス、下半身付随、圧迫しないと自力で尿が出せないようで

以前結石が出来て以来phライトを食べ続けています

 

ご自宅付近のサロンは軒並み受け付けてもらえないようですが

しっかりと予約管理をしていただければ、今なら受付られる旨お伝えしました

体力があれば、洗う事に関して下半身が動かに事は大きなデメリットではないです

ご自宅で十分にケア出来ていないのであれば、プロに任せた方が賢明です

 

 

 

phライトに関しては

以前結石が出たという

原因も究明できていない、たった一度の事象だけで

ここ5年食べさせ続けているという・・・

ありがちと言えばそうなりますが

何度もお伝えしていますが

このごはんは結石の溶解や再発防止には一定の効果はありますが

そのアプローチ方法であったり

その他、体の健康維持に関してはまったく×なごはんなので

現状の尿や膀・腎臓の様子を抜きにして与え続けるべきではない

 

もっと早く誰かが助言しても良かったんじゃないかと思います

処方箋が必要な事にも理由があります

パッケージにもそう書いてあるはずです

自分や家族であればそうはしないはずなのに

全般、意識を少し変えないとまずいです

 

腎臓の数値が悪いので・・・

FORZA腎臓ケアの取扱いをはじめたので再アップです

加水分解された高品質のタンパク源を使っているので腎臓への負担は少ないとの事です

 

 

 

腎臓の数値が悪いので、腎臓食や低蛋白食をお医者様から勧められている

ロイヤルカナンは与えたくないけど、どれを選んだら良いかわからない

 

【当店に置いてある腎臓食 animonda ニーレンについての過去記事】

 

今日は腎不全用のフードの話ではないです

血液検査でBUN(尿素窒素)やCRE(クレアチニン)の値が正常値を超えていたのだと思います

それらの数値をどのくらい越えたら、もしくは比率が云々の話は、知識と経験のある獣医さんから

聞いてもらうとして

 

時々こういう話を聞くと、多くの場合腎臓用の療法食を勧められて食べています

腎臓サポートやk/d ですね

上の過去記事を見て頂くとわかるように腎臓食はタンパク数が14%前後と

通常食より極端に下がります

腎臓に負担をかけている原因物質が減るのだ

から、血液検査の数値も下がる事は容易に想像出来ます

 

 

慢性腎不全の子(症状の重い子)を基準に作ってあるのだと思いますが

いつもお話ししているように、良質なタンパク質を適量摂る事は凄く重要です

腎臓の機能を低下させない、慢性化させない事と並行して考えておかなければならないです

療法食を食べて、数値が安定してそれで本当にいいのか?

 

良質なアミノ酸を摂取する事が老廃物を出さない事に繋がるのであればなおさらです

老廃物を出さないようアミノ酸スコアの高い良質な原材料で出来たフードをチョイスする事も重要ですし

役に少ないタンパク量を補うために、分解されたアミノ酸で補うのも有効だと思います

item_img03_1[1].jpg

タンパク質を制限して、またタンパク質を摂るの?!と思うかもしれませんが

獣医師に確認して検討してみてください

 

もう一つ違った視点から考えると

衰えた腎機能の回復、悲鳴を上げている臓器を慰めてあげる

E288954H_L[1].jpg

例えば当店においてある姫マツタケのサプリは

腎機能の改善の症例もあります

他にも腎臓に良いと言われるサプリはありますから

そういったものを併用して、出来るだけ少なくではなく

適量のタンパク質を摂取できるようにした方が良いように感じます

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6