TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS

BLOG CATEGORY

FOOD & GOODS

アーガイルディシュ(ArgyleDishes)

お取り寄せ商品でしたが

うちに置いてあるという情報を頼って、ご来店された方がいらっしゃったので

2点だけ暫定的に置きます

※ガセ情報でお客様は困ったと思います(^_^.)

でもここにあると聞いた!という情報は助かります(他力)

 

 

ArgyleDishes(アーガイルディッシュ)

DSC_0716.JPG

 

現在当店で置いてある商品の中では唯一のオーガニック認定の商品です

そもそも私自身オーガニック食材を選んで食べている訳ではないので

凄く拘りがある訳ではないのですが

お金に余裕があれば、子供たちだけでも福島屋の食材をたべさせてあげたい・・

くらいは思っています(^_^;)

※福島屋がそもそも安全なものしか置かないから(他力)

愛犬に良いものを!

と思っていながら、実際何を与えて良いかわからない方は

こういった安心基準を参考にしても良いと思います

 

image[2].jpg

ウェステリア・アダルト

¥2354(800g)

 

image[1] (2).jpg

グレヴィア・アダルト

¥2419(800g)

 

上記2点を置いています

ちなみに私が良くおすすめするサプリのチアシードは

ここの商品でグレヴィア・アダルトにはチアシードも配合されています

image[1].jpg

 

 

 

ダイエットについてのお問合せ

先日中型犬のダイエットについてご相談を頂きました

このごはんを食べさせているそうです↓

1485270029237 - コピー.jpg

 

毎日2時間歩く、若い成犬という事もあり

現時点でこの数値までタンパク質を落として、痩せさせる事はオススメしません

ただ痩せると思います

アルファルファをサプリと捉えると、原材料は『米』と『豚肉』

ご存知のように。原材料表記については、含有量の多い順に記載されます

サプリ以下が仮に1%に満たないとすると

豚肉は33%以下の含有量という事になります

実際はほとんどが米で少量の豚肉だと思います

私がその食事を摂っていたら、たぶん一時的に痩せますが

同時に筋肉も落ちて、結果としてリバウンドしやすい体質になるでしょう

以上がダイエット方としてオススメしないざっくりとした理由です

 

良質なタンパク質を適量とりながら、段階的に痩せていく

将来に向けて体を維持する7ために、そういう痩せ方をさせてあげてください

 

ちなみにこのフード、ノンミールならぬオールミール

しっかりと栄養を犬に与えようとしたらその選択は決してしないです

米を主食にするなら、炊いてアルファ化した物を低温で乾燥させると思います

以前工場見学に行った、ドッグフード工房さんはそうしてました(手間をかけてました)

 

安く作りたいなら粉を買います

米粉も米糠も副産物ですから

 

満腹感サポート続編

先日の満腹感サポートが駄目だから変えてもらったって記事

結局何を買っていただいたかと言うと『FISH4DOGのスーペリア ウエイトコントロール6㎏』

6㌔で1万1500円するから、満腹感サポートより高い

 

 

 

 fish4.jpg

 

 

でも世の中『高くて良くないもの』はあっても、『安くて良いもの』なんてそうそう無いです

大型犬を飼っているからと言って愛犬の食事に妥協なんてするべきじゃないけど、切実ですよね

 

でも品質の差を理解すると、月に数千円の差額なんて何とも思わなくなります

 

過去にオリジナルのドッグフードを作ろうとして、必要なものを網羅したフードを少し作ろうとしたら

販売価格が¥8000/㌔位になって諦めました・・。

だからわかります(^_^;)

 

 

皮膚のコンディションの維持が期待できるフードを作ろうと思った時

ω3ω6ω9の割合と含有率は気になるところです

例えばロータスダックだとフラックスシード、オリーブオイル、サーモンオイルが原材料です

ω3脂肪酸0.75%  ω6脂肪酸2.5%の含有率です

これらのオイルを買って、この数値を出そうとするとかなりのコストです

 

 

FISH4だと・・・

 

 coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

ウエイトコントロールに関しては油分を制限している文、必須脂肪酸の数値も低めですが

ほとんどの商品では高くてバランスの良い数値が出ています

どういう脂や食材でこの数値を出しているかというと↓

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

サーモンオイルやムール貝(グリーンマッスル)、スピルリナなどから得ています

ムール貝やスピルリナに関しては、それぞれ単独で販売されているサプリが高価なので

その栄養価とコストは調べれば分かります

 

 

 

では満腹感サポートはどうしているかと言うと

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

 

魚油・・・副産物です。何の魚から出来たものかそもそも定かではないから

      数値も安定しないし、原材料としてのコストはかなり低いでしょう

 

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (5).jpg

 

安価なのでしょう

 

結果としてどうい栄養価のごはんかというと

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (4).jpg

 

表記がそもそも一般的なドッグフードと同じではないから分かりずらいですが

ω3の値が1%に満たないという事なんだと思います

 

 

たった一つの要素

『必須脂肪酸』だけ取り出しても、評価の高いドッグフードと

安価なフードではこれだけの差が出ます

この部分だけでも原価に換算するとかなりの差額が生じているのは事実です

 

月換算で数千円の差額が

犬の健康にとって見たら、必ずしも大きくない事が分かりますよね!

 

ダイエット用のフードを増やしました

当店のドッグフードのラインナップに肥満管理用のフードをひとつ増やしました

栄養ドリンク.JPG

 

ネイチャーズ・バラエティーのヘルシーウエイト

これで体重管理用のフードは

アーテミスフレッシュミックス・ アガリスクヘルシーウエイト。フィッシュ4レデュース

に次いで4つめになります

どうして体重管理用のフードが多いのか?

 

①太っている犬が多いからです!!!

まぁ嘘じゃなく多いです

今日トリミングに来てくれた子は3か月で400g増えていたそうです(小型犬)

 

②合う合わないがあるから

これもそうですね

3年くらい前南雲式で、あっという間に7キロくらい痩せて

ダイエット余裕~いつでも出来る~って思ってましたが

同じように食事しても全然痩せません

身体が慣れたというか・・・・努力が足りないだけかもしれませんが(^_^;)

でも実際、4種類を比較してタンパク量・油分量・カロリーをとっても設定はそれぞれ違って

同じコンセプトのものはありません

 

合う合わない→痩せる痩せないはあります

だから結果が出なかったら

食事量・オヤツ・運動量をもう一度見直して

フードの種類を変えてみるのも手ですね

 

 

 

うちでも売らせて下さい

シュウ酸カルシウム結石の病歴のある犬の皮膚のメンテナンスをお願いしている

獣医師さんと、食事やサプリのお話をしている中で

≪ブルーバッファロー≫から結石に特化した商品が出るという情報を先生から頂きました

早速ホームページを見ると、どうやら“療法食”のようです

 

 

3 - コピー.jpg

ホームページからでは原材料や栄養価の表示が閲覧出来ないので

どのようなコンセプトで作ってあるかまでは分かりませんが

シュウ酸・ストラバイト両方をケア出来ると聞いたので

ミネラルをかなり制限しているのではないかと予想出来ます

 

“療法食”となると我々では販売出来ません

ミネラルを制限と言っても、本来は身体に必要な必須ミネラルですから

症状との照らし合わせも無しに、むやみに減らして良いものではないのは分かります

 

でも良いものがあるなら販売させてよ!!って少し思います

 

仮にほとんどの獣医さんが

“療法食を処方する” といったような対処療法だけではなく

食事・生活スタイル・環境・など考慮にいれたうえで原因をさぐり

しっかりと脱療法食の道しるべを示してくれるなら心配はしません

 

でも多いでしょ

『療法食を一生食べ続けてくださいって』尿を見ただけで言う先生・・

 

だから販売させてほしい

我々でも販売できる準療法食でも良さそうなのはある

たしかナチュラルハーベストから出てるけど

半径何㌔以内で扱ってるお店があると駄目みたいな

理解不能な縛りがあるから、たしか販売できなかった

 

でのその縛り、嘘じゃなくてしっかり守ってるならまだいいけど

ハーブパックなんて、うちに営業に来た時は

『ドッグダイヤモンドさんが使ってもらえば、地域のサロンさんは使用出来ません』

みたいなトークが確実にあった

(いや、別にそんな縛りいらなくて、良いものなら広めればいいじゃん・・・って思いますけどね)

そう言われてオプションとして採用して半年くらい経った時、すぐ近所のサロンに

ハーブパックのポスターが貼られてた時はズッコケた(*^。^*)

 

ゼオライトの人も同じような事言ってたな(あれも多分嘘かな)

 

結論:良いものは取扱いさせてほしい!

 

 

ささみ巻きガム

 

以前取り扱っていたおやつの『匠の逸品』シリーズ

メーカーさんと問屋さんとのなんらかのやりとりの結果、取り扱えなくなりました(°_°)

※ドッグフードや食に関するものは、メーカーや流通業者間での都合で

今まで扱っていたものが扱えなくなるとか、正直論外です。。

消費者(飼い主様であり犬)が入手できなくなると、好みやアレルギーなどで理由で

困る事って多々ありますから(こんな事多いです)

 

匠シリーズの中でも『ささみ巻ガム』への問い合わせは多く

同等の品質の似た商品を探してラインナップに加えました

DSC_0854.JPG

CLIMBING ササミガムミニ(ハード)

5本入り ¥750

 

 

カルシウムの補給

自宅ではしゃぎ過ぎて、足を怪我したワンコ

病院で後ろ足の関節をウィークポイントだと指摘されて

『カルシウム』のサプリをお買い求めにいらっしゃいました

 

足を触ってみたところ軽度のパテラが懸念されました

いわゆる室内犬ですから、パテラだけでなく、腰やあるいは体全体の関節に

滑らかさを感じなくなってきている犬は年齢とともに増えます

①栄養補給の状況

子供の頃から安価なフードを食べていると、そういった傾向になりやすいです

②先天的、犬種特性。そういった部分ももちろん多く含まれます

③環境

お散歩の量。筋肉の発達・維持。室内の床の状況等々も加味されます

 

そういった事を踏まえ、ドライフードだけで、そういった症状の緩和が期待される商品は皆無です

それほどそこだけに特化した商品は無いという事です

 

まず関節と骨とは別に考えて頂いて

今回のような症状でカルシウムを摂取しても、改善は見込めないです

そもそも犬のサプリでカルシウムに特化したものは非常に少ないです

逆に言うと、カルシウムのみを必要としている犬が少ないと言えます

AAFCOのカルシウムの栄養価基準は成犬で0.5~1.8g

上限があり、人間が成長期に牛乳を飲んだり、昔で言うといりこを食べたりする感覚とは

全く違います

でも犬に当てはめがちなところはあります

以前扱っていた国産のフードもそうでした

カルシウムの大きな幻想を抱いていて3%近く配合していました

しかも炭酸カルシウムです

骨格異常が懸念されますし、余剰分は石灰化します

メーカーに言って商品の設定を下げてもらいましたが

それでもまだ高いと個人的には思っています

 

骨が弱い子、骨折を繰り返す子などはやはり考えてみた方が良いと思いますが

item_img002_1[1].jpg

当店に置いてある、rasiku-rasikuのカルシウム+コンドロイチン+グルコサミン

のサプリならL型乳酸カルシウムが配合されているので、過剰摂取を左程気にする事はありません

 

 

ちなみに相談に来ていただいた子に関しては

ドライフードを変えてもらいました

安価なフードを若いころから食べていましたから

安価でも『関節に配慮』って書いてますよ!

売れるワードあ散りばめます

獣医師推奨、涙焼け防止、肥満対策・・・・etc

嘘ではなくても誇張しすぎです

 

サプリを摂るなら、吸収力の高いものを適量。これが優先されるべきで

吸収力の低い安価なサプリを、ほんのちょこっと混ぜただけでは、何の変化もありません

 

gbits_pro[1].jpg

当店では何年も人気の定番商品G-BITS

オヤツタイプで小型犬なら一日一枚 一日約¥100

Nアセチルグルコサミン配合です

 

 

joints-main-base[2].jpg

K9ナチュラルのジョインツ

緑イ貝(天然由来)を配合したオールインワンサプリ

必須脂肪酸、アミノ酸も補給出来ます

 

トリミングをしていると気づく事も多々ありますから

気づいた事は報告・ご提案させていただきますね

オヤツも気が抜けない

このオヤツ食べてみたけど、ささみの味は全くしなかった

(ホントすいません(-_-;))

 

19180183[1].jpg

JAPAN PREMIUM

よくこの名前付けたなぁと思いますが

国内で作られていれば『国産』と謳えますが

実際の原材料は

 

 

19180183[1] - コピー.jpg

 

いや・・ササミを乾燥させただけじゃ駄目なの?と思いますが

凄く安く作れるんんだと思います

ササミ風のオヤツが

 

 

19180183[1] - コピー (2).jpg

 

 

いくら良質のドッグフードを食べていても、オヤツの質が悪いともったいないですよね

 

↑凄く良いことを書いていても、同シリーズのドッグフードはこれ↓

19180183[1] - コピー (3).jpg

 

かっこよい経営方針を掲げるのも

購買意欲を掻き立てるような商品タイトルを考えるのも

全然ブランディングじゃないです

犬の為にならないなら、存続の意義はどこにあるのでしょうか・・

 

 

 

オールインワンサプリ

以前取扱いをしていたミッシングリンクプラスについてのお問い合わせが時々あります

代理店さん曰く、メーカーと連絡が取れないとの事

ネット上でも販売しているサイトは見当たらないので、国内に流通はしていないのかと思います

 

ミッシングリンク.jpg

 

温浴 - コピー.JPG

 

 

必須脂肪酸・軟骨形成成分・消化酵素・滋養強壮・たんぱく質

万遍なくそれらの栄養素が摂れる、いわゆるオールインワンサプリです

コスパは良いと感じましたが

そうは言っても世の中に安くて良いものなどそうそうあるものではありません

 

当店で言うと

rashikurashikuの酵母菌サプリ

item_img04_1[1].jpg

 

天延酵母+こうじ菌+乳酸菌に

 

item_img02_1[1].jpg

 

カルシウム+グルコサミン+コンドロイチン

を足した感じかと思います

 

 

 

rashiku-rashikuのサプリはコスパにも優れているので

体調も良くなると思いますよ!

 

seeyou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果にコミットするフード

ダイエットフードを食べ続けているけど痩せない犬って沢山います

家族の意思統一が出来ていなくて、誰かがオヤツをあげているなんてパターンも多いですが

メインとなるドライフードのチョイスが間違っています

以前にもお伝えした、療法食のダイエットフード

r_pk01[1].jpg

良質なタンパク質を含んでいなく、繊維質ばかり多く

便の回数は増えても筋肉はどんどん落ちて、代謝は低くなります

2か月限定だとしても、とてもオススメ出来るダイエット法ではありません

 

10年くらい前に大手ペットショップで、販売時にセットで購入させていた

サイエンスダイエットやユカヌバを長期食べさせていた子も

やはり筋肉の量が少なく、成犬になって太りやすい傾向になりがちです

 

人間のようにパーソナルトレーナーがついて、栄養管理・運動管理までしてくれると

犬もストレスなく、体への弊害もなくスムーズに痩せさせてあげられると思いますが

そういった専門家も少ないですし、そこまで費用を出す人もなかなかいないでしょう

 

最近結果を出してるダイエットフードを紹介します

FISF4DOG のウエイトマネージメント

r_pk01[1] - コピー (2).jpg

 

 

r_pk01[1] - コピー.jpg

 

生の食材を多く使って、良質なタンパク質を適量摂る

低GI食材を使って糖質をコントロールする事で肥満を防ぐ

 

無理のないフードだと思います

体重管理にお困りの方は試してみてください

当店のデータとしては上々です

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6