TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > TRIMMING BLOG

BLOG CATEGORY

TRIMMING BLOG

ご新規様トリミング

今日は日曜なのに4人が休みですw

普通のお店だとハッ?ってなると思いますが

雨でそんなに忙しくなかったし

(忙しかったらプンプンしてるけど)

ご新規プードルちゃんが可愛くて♪

ジェフのシャンプー手伝って癒されたし~

明日から高橋がハワイで、なだかんだ自由だなと

 

今日もプードル2頭ちゃんのご新規トリミング

新人の加藤・轟が担当して粕谷がフォローするかたちですすめました

 

もちろん全行程新人が一人でやる訳ではありません

先輩が常にフォローできる体制でいますが

カウンセリングもきっちりやって

なにより犬に優しく接してくれています

 

初めて採用した新卒くんは半年以上接客すらさせられなかった事を考えれば

本当に 楽 よくやってる

 

 

 

ここあ.jpg

 ここあちゃん 担当:轟

 

みかん.jpg

 

みかんちゃん  加藤担当

パピパ組です

 

明日も3頭がご新規さん 粕谷・轟が担当します

ラファちゃん・たんたん・ジェフ 皆パピパ組(笑)

モコのトリミング

モコは元々お客様の飼っていた犬

諸事情で飼えなくなり、うちで数か月預かっていました

来たときは暗かったけど、ハッピーを崇拝するようになり

屋上で走り回るようになり

陽気なモコになるのに時間はかからなかったように記憶しています

 

今は高橋家の犬

ホテルに来ても前ほどハッピーには執着しない

昨日洗って帰りました

 

 

トリマー人生の始まり

久しぶりに『サンキューレター』を書きました

雛形を作った時とはお店の状況が違っていて

随分長い期間ご新規を受付していなかったのだなと、改めて感じました

 

IMG_0320.JPG

 

わざわざ吉祥寺から来ていただいたプードルちゃん

担当させて頂いたのは、新卒の加藤です

 

4月6日に新卒が新規のトリミングを受ける

ハッ?ってなるかもしれないですね

以前なら私自身も考えていなかったです

どうして任せるのか?と問われれば

 

出来るから

そうした方が早く成長するから

 

 

以前トリミング専門誌にとある病院兼サロンの記事が載っていました

併設するサロンとは別に研修センターを設けたと

通常の半値位で犬を受けて

社内の講師が現場デビュー前のトリマーを鍛えるための施設です

一定の期間、社内で給料をもらいながら研修した後に配属

センター自体赤字ではないそうです

 

頭の良い人はやる事が凄いな!

正直そう思いました

思いましたけど、申し訳ないけどうちはそうする必要はありません

 

今日頂いた御代も定価です

何年も前なら、同じような発想になっていたかもしれません

30%OFF位でカットモデル集めようかな・・とか

 

凄く喜んで頂きました

次回の予約も入れて頂きました

 

遠方から時間をかけて来ていただいている

そうしてまで来て頂く理由を、当店としての優位性を常に提示しなければならない

新人が(^_^;)

なかなか出来る事ではないですね

 

 

大手の美容院は全対数の何%くらい新卒を採用するのでしょうか?

きっと割合は多いような気がします

辞めるから

トリミングサロンで言うところのベイザーで辞める

カットさせてもらえず辞める

 

何年も何十年もこの構図は変わっていないと思う

利益を出したいから

拡大成長したいから

アシスタントは給料が安くていいと思ってるから

成長させるための経費をかけようとしないから

 

理由は分かりませんが、構図は変わっていない

これだけは事実です

 

 

 

 

最短ルートを通りたい

【過去記事 集中的なケアが必要な子】

記事の中で受け入れ条件に『定期的に病院に連れて行ってくれる』と書いてあります

 

ご相談いただく前に受診して頂いて

病院で治療方針を立てたうえで、我々と連携を取りながら

都度必要に応じて再受診という流れが理想かと思います

 

過去記事中に載せたダックスちゃん

今日3回目のシャンプーでしたが、改善してると思います

デールちゃん①.jpg

比較写真が定点でないうえ、照度も違ってグダグダですが良くなってます

 

前述したように、受診のタイミングとしてお願いしたいのが

デールちゃん②.jpg

 

今回の場合、お客様の都合上受診できなかったので

こちらでマラセチアと暫定的に判断してケアを開始

ケア後1週間で受診して頂きたい旨をお伝えしましたが動けず

結局受診して頂いたのが

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

結果は

毛包中-  マラセチアの重度繁殖は無し

アトピー性皮膚炎を主体とした、軽度マラセチア皮膚炎の合併

と診断して頂きました

 

今となっては、抗真菌性の高いシャンプーで洗ったからマラセチアが減ったのか

元々いなかったのかは定かではありません

 

集中的なケアは必要

でもこのまま受診出来なかった時に最適なケアを選択出来ない可能性がある

経験値の高いトリマーさんならそこの誤差は最小限に出来ると思うし

選球眼を磨く勉強は出来ることならしていきたいけど

我々の現状で考えられる最適なケアは獣医師さんとの連携です

 

BUBBIE/Zを使った温浴ベースのケアにアミノリッチシャンプーで肌環境の改善を目指します

 

はやく良くなりますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オプションのススメ

trimming-kumazasa[1].jpg

 

根強い人気のハーブパック

trimming-hurbPack[1].jpg

 

犬の体調に合わせて、数種類のオプションコースの中から

ご要望に合ったものをご提供させていただいております

最近では新たにナノバブル温浴もメニューに加えて、お肌の調子の悪い子にご利用いただいております

 

 

 

 

暖かいパックに全身を包まれるハーブパックしかり

温浴系のオプションしかり

犬達が気持ちよさそうにして、中には寝ちゃう子もw

 

 

皮膚病改善例 チワワ

12月2日AM、動物病院を受診してもらってその日の午後から集中ケアを始めた子です

診断はマラセチア

抗真菌剤の投与を開始

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

食事の改善

BUBBIE/Zによる皮膚を擦らない脱脂・洗浄

薬用シャンプーの使用を軸にして都度獣医さんと連携を取りながら施術

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

2月19日 脱マラセブシャンプー

3月13日 脱抗真菌剤  

 

現在3週~4週のシャンプーにて経過観察中

 

集中的なケアが必要な子

先日UPした記事ですが

何件かご相談を頂いているので再アップです

 

 

4月1日以降のご新規様受け入れの案内での補足

『集中的なケアが必要な子を受け入れます』

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

皮膚病が治らないとご相談を頂いて洗った子です

断定は出来ませんが、局所的にマラセチアが多く発生していると思われます

こちらで考えたケアを暫定的に施術させていただいて、1週間後の病院受診をお願いしました

 

 

病院で受診してもらって、詳しく診断結果が出てからの話ですが

おそらく集中的なケアをした方が早く良くなる子だと思います

コンスターチを第一主原料、加水分解した原材料を使用している

おそらくアレルギーに特化したフードを食べているので、受診結果によっては

どこに重きを置くかによって、フードの変更もしてもらいます

飼い主様にお願いしたのは受診と短期間での密なシャンプ依頼(可能性があるという事)

目的はお肌を治して、快適な生活を送らせてあげる事です

 

【具体的な受け入れ条件と案内】

・慢性的な皮膚のトラブルで悩んでいる子が対象

・病院に定期的に連れて行ってもらえる事

・明確な病院からの指示が無い場合、転院も検討してもらえる事

・定期的にシャンプーに来てくれる事

 

最低条件がこれですが多角的なケアになりますから

環境や食事にもメスを入れます、そのあたりも聞いていただけたら近道を通れるかもしれません

今まで治らなかった訳ですから、当然改善しない事も予想出来ます

手間も治療費、サロン代もかかります

そこをご理解いただける方が受け入れ対象になります

 

シャンプ代¥3000(小型犬)

       ¥4000(中型犬)  ※シャンプー&ブローの価格です

※シャンプー剤の選定、ケアの間隔などは病院様と打ち合わせしながら決定

※皮膚環境の改善など、集中的なケアが必要なくなった場合は料金は通常料金に戻ります

※今までご利用いただいていたサロン様に戻っていただいても当然OKです

※ハーブパック・クマザサ温浴。・うる艶パック・マイクロバブル・各種薬用シャンプーなど

こちらが必要と判断したものはすべて上記価格内で施術します

※低価格での施術なので送迎は不可です

 

病院(スタート)→サロン→病院→サロン→病院→サロン・→・・・・・サロン・・→サロン・・病院・・・・→サロン

 

こんな感じが予想されます

 

金属製巻綿棒

金属製の巻型綿棒

医療用器具で耳鼻咽喉や耳の掃除に使います

カンシに比べて、あるていど湾曲に対応できるよう設計してあるので

犬の耳道には使いやすいと思います

 

耳掃除に関しては、カンシより断然使いやすいと思います

 

DSC_0810.JPG

 

 

 

 

仕事終わりにカット

出勤時に愛犬連れてきて保育

仕事が終わったらシャンプ+カットして帰る

お店の設備使った方が楽だから、そんなパターンが多い

今日はテル

テルのトリミング風景↓

 

 

シニア犬の受け入れ

DSC_0806.JPG

 

シャンプー中ですが、半分寝てるコーギのマックス

下半身が麻痺しているので、全行程寝た状態での作業です

 

 

DSC_0808.JPG

 

高齢の為、トリミングサロンで受け入れてもらいない子のケアを受け入れします

 

・主にシャンプーやケアがメインとなるので、カットが必要な子も時間をかけないです

・健康状態を把握しておく必要があるので、説明、事前の病院の受診等々求める場合があります

・ケアが可能と判断した子のみ受け付けになります

・その時の状態によっては、延期、回避も有りえますのでご了承ください

・施術する人間が限られるので、日程のご希望に添えない場合があります

・4月以降の受付になります(予約可能)

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6