TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

学びの場を提供。『時間の使い方』

ホテルの予約キャンセルが相次いで、昨晩は久しぶりの宿泊客『0』

長時間密閉される空間である極力飛行機には極力乗りたくないだろうし、こういった観光自粛は

おそらくGW頃までは続くと思います。

 

 

どんな会社にとっても、空いた時間の使い方が非常に重要になってきます。

ドッグダイヤモンドでは暫定的に4月~6月末までの間

『学びの場』を3つ提供します。

 

 

180428bc7eb4fa89eb9fa8c8fdf7fcbd_s (1).jpg

 

全て無料での学びです。

是非エントリーしてください。

 

①ママ(パパ)トリマー養成講座。

自分にできるか不安だけど、愛犬を自分でカットしたい飼い主さんは多いと思うんです。

もしくは既に自己流でカットしている方。

そんな方に爪切などのお手入れりやシャンプー、またはカットの方法を当店トリマーがレクチャーします。

爪切りだけ、耳掃除だけ、シャンプーだけ、とかでもOKです。

※愛犬を連れてきてください

 

②学生と経験の浅いトリマー向けドッグダイヤモンド流トリミング講座

カット技術に伸び悩んでいる人や、もっと上手になりたい人向け。

お手入れから仕上げまでキッチリ伝えるので3時間~4時間くらいかかります。

※愛犬またはモデル犬を連れてきてください

 

 

③経営相談

トリミングサロン(異業種でもOK)経営に悩んでいる方の相談

 

 

サロン経営をしていて、悩んでいない人の方が少ないと思いますが

僕や妻と雑談形式で話していると、解決策やヒントは必ず一つは見つかると思います。

2時間くらいかな?と思っています。

※特に用意していただくものはありません。

 

これら三つのお教室、3カ月間全て無料で行います。

世の中が自粛ムードで精神的に疲弊する事は避けられないでしょう。

こんな時こそ前向きに学ぶ、我々は伝える。

力を蓄えて難局を乗りきりましょう。

 

学校や幼稚園が4月から始まるのかも未確定なので

まずはエントリーをしてください。 個別で日程調整します。

エントリーはメール、DM、TEL 何でもOKです。

 

 

 

健康管理もサブスク

ビーの健康診断に動物病院に行ってきました!

おしっこが臭かったのと脇にしこりが出来たのと2年ぶりに血液検査に。

 

 

 

88175361_496501957700294_8149993451123900416_n[1].jpg

 

採血も無反応です

 

89632418_2750453348387926_1162391267544399872_n[1].jpg

 

終わったら待合で寝てます(笑)

 

89089636_1051690731866530_5664895712614154240_n[1].jpg

 

おしっこ採ろうと病院の隣の広場で10分位歩きましたが全然おしっこしない!

とりあえず採尿(尿検査)は保留という事になりましたが

お店に帰ったら駐車場でおしっこした!

 

 

88214975_188627902575469_2592238833034592256_n[1].jpg

 

その足で病院に戻って尿を渡してきました。

 

 

89054307_3555557967793331_1317553979088961536_n[1].jpg

 

年齢不詳ですがそれなりにおばあちゃんになってきたビー

血液検査の値は異常値が無くとりあえず一安心です。

 

 

 

犬の寿命が短期間で飛躍的に伸びたのはこういった(予防)医療の技術の進歩による部分が大きいですね

 

けっこう僕は怖がりで、人間の予防医療は受けたほうが良い派ですが

こういった定期的な血液検査を勧めない病院、やらない飼い主様もいます。

もちろん生き方に正解は無いので尊重しますし、

動物病院に行く手間や費用も考えると現状多数派だと思います。

 

 

こういった健康管理を自動で、しかもサブスクリプションモデルで行う会社があるのをご存知ですか?

 

 

2020-03-09 (5).png

 

猫トイレなんですけどね。

toletta(トレッタ)と言って

※詳しくは【ホームページ】をご覧ください。

 

ざっくり説明すると

猫の尿を毎回勝手に検査して、そのデータをクラウドで管理してくれる

驚きなのは、多頭飼育しててもカメラで顔認証したり体重で、個体管理してデータを整理してくれるそうです。

 

猫は腎臓病で亡くなる子が多いらしく、気づいた時には遅いというパターンも多いそうなんですね。

もちろんこまめに病院で血液検査してたら防げるとは思いますが、犬以上に病院文化が無いと思うので

そういう疾患のデータもうなづけます。

 

このトイレの存在をはじめて知った時『凄い、世界中で売れる』って思いました。

今実際世界展開していると思います。

 

 

ハードの開発と量産に凄く苦労したと思いますが

そのハードルを越えて、世界で売れ始めてコストが下がったら

それこそ莫大な数の猫の命を助ける事になります。

 

ハードを画一化して、ソフト機能を随時バージョンアップさせるってテスラとだぶります。

『猫の健康』を軸に置いた開発である事も、地球温暖化対策という大義とだぶります。

 

 

 

先日機械工学を学んでいるお客様のお子様から

『動物関係の設備開発の道へ進みたい、知っている会社を紹介して欲しい』と相談を受けました。

 

しかし紹介できる会社がほとんどない事に気づきました。

 

 

これは何度も話していますが

現状犬の業界で、犬の健康やQOLを上げる為に開発をしている会社ってほとんどありません。

数年前に特許の資料を呼んだ限りではそう断言できます。

 

tolettaを作っている会社のように犬の健康にコミットメントする会社が増えると

日本の犬業界の未来も明るいと思います。

 

犬の健康やQOLを経営の主軸に置いてこそ利益の出る社会になりますように。

 

 

 

 

 

小雨の降る中パピーパーティーに連れて来る凄さ。

今日の動画は土曜の夜にはしゃぐ黒いパピパ世代組と

ぷぅが優しいのをいいことにぷぅに乗りまくる大人女子モアナとつくし

そして小雨の中パピパに集まる教育熱心なママ達です。

 

4月から暫定的に水曜、土曜もパピパを開催して日数を3倍にします。

仕事や家事がある中、週に3回子犬の社会化の為に時間を使うってなかなか厳しいと思います。

ただ何度も言うように、8週で子犬を迎えてから数か月の経験の積ませ方が凄く重要。


育休とってでもここで集中的に良い経験を積ませた方が柔軟な子になります。

パピーパーティーを天候によって開催するか中止にするかのアナウンスはお店はしていません。

極端に言えば雨でも来る飼い主さんがいるからです。

判断を任せています。

昨日は朝から雨が降っていて、集まらないと思っていました。

実は13時の時点でも雨があがったとは言えない位の天候でしたが

集まってました('◇')ゞ

 

ただ実は僕はこの違いは大きいと思っていて

犬達は一度遊びを学んだらちょっとの天候は気にしない


もっと言うと飼い主様達は雨に濡れるのも社会化と思っていると思います。

 

都内や遠方から来る方も多く、土砂降りの可能性のある中何時間もかけて

晴れに賭けてみるのは確かに勇気がいります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花見散歩会の告知

正しく恐れようと、昨晩amazon primeで『感染列島』見ましたよ。

国民が個々で状況を判断すると感染は広がるので、

不安を煽る事にはなっても、このタイミングでTVのロードショーもアリですよね。

 

1432834-01-01[1].jpg

 

 

感染列島を見て、正しく恐れた結果

3月21日(土)の花見お散歩会は予定通り開催!

(昭和記念公園の入り口に集合して、ただみんなで桜を見ながら歩く会です

 外だし、マスクして一定の距離を保ってお話しする分にはリスクは低いので

ランチは参加者の方にお任せします。

 

 

解散してからはドッグランに行くなり、公園で呑むなりご自由に。

僕は凧揚げでもして帰ろうと思います。

 

ac6e79f21075ca7708a5b24700524af6_s.jpg

 

 

3月21日(土)12時集合  ※雨天の場合28(土)に順延します。

 

 

 

facility_map[1].png

 

 

 

 

犬談議に花を咲かせながらわいわい歩きましょう

お一人様でも、ご家族様でも、恥ずかしがらないでOKです

 

楽しく散歩をする練習会

犬と楽しく歩く散歩の練習会!

 

今の場所に移転して犬達をドッグランで遊ばせるようになってからは散歩の回数は減っていますが

 

開業前の僕の趣味は散歩

開業当時は散歩しかしてなかったほど自称『散歩のプロ』

 

世の中にはいろんな歩かせ方がありますが

僕が推奨するのは

『場面によって主導権を入れ代えながら、自然を感じてゆったりと歩く散歩』

 

この散歩が出来るようになると

→犬との関係性が改善されます→結果問題行動が減ります

 

逆に言うと吠える、外が怖い、歩かないなどの問題を抱えている子は

散歩が上手ではない傾向が強いです。

 

様々な散歩のスタイルがあって、それぞれ良いところ悪いところがあると思いますが

僕が多くの子を歩かせた結果得たデータで言うと

 

①吠える犬→引っ張る

②環境を怖がる犬→自分の癖を持っている

この傾向は凄く強いです

 

 

散歩会では下に貼った動画のように、基本3mくらいのロングリードを使って治していきます。

8割くらいの犬はけっこう簡単に治ります。

引っ張りへの執着が超強い子は時間がかかります。

 

 

 

 

①引っ張り癖

引っ張り癖を直すのは僕的には必須です

リードが離れてしまったと時に制御がきかないのはそもそも論で危険すぎます。

 

 

②外の環境になかなか慣れない犬

怖がりで済ませてしまいそうですが

 

 

車が怖かったとして、結果車に轢かれる訳ではないのにいつまでも怖がるっておかしいじゃないですか

 

スローステップを踏んでいない(適正な不可×時間をかけていない)という大前提がありますが

散歩のテクニックとしては

 

・犬側が慣れる準備が出来ていない

・もしくは伝え方が悪く逆効果

この辺りの問題があります

 

そういったお話をしながら、公園内を歩いていきます。

 

散歩会は3日間日程を設けていますがMAX、各日にちMAX3組くらい

 

集合場所は昭和記念公園の立川口の入場したところ。

費用は無料です。

 

コロナの影響で室内のイベントは軒並み中止でストレス溜めっているお子様がいたら

堅苦しくない内容なので是非ご一緒に。(参加費無料)

 

 

3月13日(金) 12時集合

3月14日(土) 12時集合

3月16日(月) 12時集合

 

事前に3mくらいのロングリードを買っておいてください。ネットで安く買えます。

 

 

 

 

 

あむの甘噛みが治ったようです(笑)

昨日の晩から黒パグのあむが泊まってますが

こんぶ効果で甘噛みをしなくなったようです( ゚Д゚)

 

 

昨晩から通算2回しか叱ってません(笑)

 

①寝ようとしても超絶まとわりついて全然寝れなかったから叱りました

②寝てるビーの横で何度も暴れて、怒られても気づかなかったので叱りました

たった2回です(笑)

あとはスキンシップするだけ。お昼過ぎからは疲れて寝てます。

 

ハッピーがあむを横で寝かせてるのが凄いですね。

 

パピーパーティーの様子

ポカポカで気持ち良いパピーパーティーでした

ビション3兄弟が初登場。

3頭での世界が出来ているので、他の犬との関わりを積極的にも持とうとしないかもしれないですね。

ただ犬としての幅を広げるにはほかの犬とも柔軟に関われた方が良いです。

時間が許す限り通って欲しいです。

 

 

初参加ちゃん以外は確実にレベルアップしてます。

次世代の教え役も育ってますね。

今後が楽しみです。

 

シニア犬を受け入れる事について

日本の高齢化社会は団塊Jrが寿命を迎える頃ピークに達します。

犬の高齢化社会は、生体がピークに売れた頃の犬が寿命を迎える頃ピークに達しますが

 

 

もうピークは過ぎていて、その後世の中の犬はどんどん減少していきます。

 

 

人間の場合それなりに高齢者対策は進んでいて

①ビジネスになる事

②寿命が長い分対応する時間がある

からですが

犬の場合は寿命が十数年と短く、業界として準備する間もなく迎えている印象です

 

トリミング業界も、いまだに高齢犬を断るお店も多いです。

我々は高齢が理由でお断りする事はないですが、それには他店と違う理由があって

 

①固定のお客様しかないので→その子を理解している

 ②お客様との信頼関係が確立されている

③技術(知識)がある

 

昨日施術したシーズのべんけいくんの施術風景を紹介しながら時系列でお伝えします

おそらくほとんどのサロンでは真似できないと思います。

 

DSC00693.JPG

 

新卒の菊地が引き継いで昨日で6回目。

高齢で苦手な事も多いべんけいですが、引き継いだころから神経系の異変が顕著に表れてきました。

 

 

 

bd2caa245fddcf285ac1dbb9ef859daf_s.jpg

 

高齢犬に限った事ではないですが

作業をスタートしてから終了まで、様々な作業がある中

平気な事、苦手は事があり負荷を貯めないように順序を変えたり、方法を変えて

極力コップから負荷が溢れないように施術をすすめていきます

 

若ければコップは大きいし

苦手な事が少なければ負荷の水は溜まりにくいです

 

べんけいはどうかと言うと、コップは小さいし、苦手な事も多い

一気に水が溢れる事も増えてきました。

命の危険を疑うような場面も過去にあります。

 

パピートレーニングやファーストシャンプーの重要性をいつも伝えている理由のひとつです。

 

 

爪切りの様子をみるとわかると思いますが、膝の上で切ってます。

臨機応変に体制を変化させながら探っていく訳ですが

噛んでくる子に対して、若ければカラーして我慢も通用しますが

高齢となるとその『我慢』が一気に水を溢れさせる場合もあります。

 

噛む理由が『嫌』だからなのか『怖い』からなのかしっかり見極めて作業する必要があります。

前回は40分かけて8割切りました。

 

その日、その時出来なくても水が溢れるよりはマシです。

 

 

DSC00742.JPG

 

一つの作業が終わったら気分転換

歩かせてほぐします。

緊張の連続より

緊張→緩和→緊張の方がトータルの時間はかかっても次に繋がります。

 

DSC00703.JPG

 

鼻ぺちゃはシャワー苦手な子が多いですよね。

シャワーは使わず全行程カランで行いました。

フレキシブルに曲がるカランがあると凄く便利ですよ。

 

昨日は8割。

ピカピカにしてあげたいですが水の溜まり方、表情をしっかりと確認しながら観察

今日ピカピカにしてあげる事が最終目標ではなく、次に繋げる事が最終目標ですから

僕もそれでよいと思います。

切り上げる判断力

体の強ばり方、仕草、動き、表情などなどで判断します。

 

DSC00709.JPG

 

可愛いですね。

1年くらい前は爪切りなどの作業で噛んでくる事も多かったです。

何気に強く咬んできます(笑)

でも人間が腹を立てたり、その子を嫌いになったらどうにもならないです。

こっちが嫌いなのに犬から好かれるって、こういったシビアな状況では本質的には無いです。

好きでいないと、犬が安心できないです。

 

そんなの無理だと思う人も多いと思います。

毎朝気持ちをリセットできないと無理です。

毎朝仕事に行くのが嫌だと底の部分では無理だと思います。

時間と心に余裕を持たせて向き合う必要があります。

 

DSC00715.JPG

 

柔らかい表情なら励ましてあげると良いですね。

すのこを高くしているのは、人の近くで洗う為。

水は跳ねるけど(;'∀') シンクの底で洗うとコミュニケーションが取れません

得に高齢犬シャンプー中抱きしめてあげる場面も必要になるってことです。

 

DSC00720.JPG

 

菊地は半分くらいの作業を膝の上で行っていますが

肌に触れた方が安心する子は多いですね

 

べんけいを6回担当して、掴んだ特徴も多いですが

決してラベリング(決めつけ)はしないと言ってました。

1か月で健康状態も変わるし、その日のコンディションも違いますから大事な事だと思います。

 

 

DSC00730.JPG

 

足の毛を伸ばしてエレガントにしていましたがカットダウンさせてもらいました

毛玉を解く作業を0にしたかったからです。

トレードマークだったので、飼い主様は残念だと思います

 

毛玉=× だと言っている訳ではなく

状態を把握して、犬にとって何が良いのかをしっかりと伝えさせていただくのでご理解いただいています。

 

 

DSC00734.JPG

 

バトンタッチする

顔のカットは一部轟がしました。

犬にとっては気分転換になる事もあるし、その部分において得意な人間がチームの中にいるのであれば

協力し合うのが会社です

 

ひとつ前の記事で年少の息子が自転車に乗っていましたが

長女が自転車に乗れたのは年長のはじめ

長女の成功経験があるから早く技術を習得できるんです

そこで娘が悔しがる訳ない

弟の成功を喜んであげるって自然な事です

 

そんなの当たり前のことで

後輩が先輩よりうまくなるために先輩は存在するんです

ここを理解していないトリマーさんは多い

そもそも見て覚えろ的な人も多いですよね。

見て覚えろ!さんは全く持って理解できないと思います。

 

 

DSC00748.JPG

 

 

菊地は獣医を目指していたからか

犬の身体的な特徴や異変に気付く事が多い。

 

毎回気になった事は手紙の裏に書き綴っています

2枚3枚になる事もざらで

この辺りは僕も妻もずっとやってきた事ですが、正直レベルが違います。

 

うちのペルルの水晶体の脱臼も見つけてくれて

最初聞いた時は『何それ?』状態でしたが

病院で治療してもらって、合併症の可能性は低くなりました。

 

 

シニア犬を受けつけないサロンとは話が合わない領域ですが

噛まれてもトリマーに『良い子でした』しか言わせないお店とも真逆の発想

 

怖かったり、嫌で噛むのにそれを黙っていられるって

犬も飼い主さんも嫌ですよね

 

 

園で我が子に起こってる事はオブラートに包まず正確に伝えて欲しいと親は思うはずです

 

 

シニア犬が好きなトリマーさんって多いと思うんですよね

僕は好きで、菊地も好きだと言ってました

あっ子犬も好きだな(笑)

 

好きで老人介護している人ばかりだとハッピーですが

人間社会は高齢化社会でそんなの無理です

 

犬社会では出来るお店でありたいですね

シニア犬はいとおしいです。

 

bd2caa245fddcf285ac1dbb9ef859daf_s.jpg

 

時計や毛先を見ないで、コップを見て作業してください。

 

 

ストレス発散の場を作る

TVを見ないので新型コロナ情報はネットニュースのみですが

 

政府が学校を休校するように要請した週明けの昨日よりは画面上落ち着いた印象です。

 

 

検査体制が整っていないので感染者数がどれだけ増えたか、正確な数字はわかりませんが

お客様の話を聞くだけでも

通勤時間を満員の時間帯からずらすとか、リモートワークをしているとか企業側も出来る事をしている感じ。

もちろん本当に困っている人も多いですが

多くの国民が状況を冷静に把握し、適切な行動をとっている印象です

 

加害者意識を持つ事がパンデミックを防ぐ必要条件だと思います

 

そもそも論。健康な状態で休む方が、後々学級閉鎖で休むよりいいですよね

 

 

 

 

 

 今後の感染者の推移次第ですが

この先1か月どう子供の相手をするのか頭を悩ませている親が沢山います

我が家もまさにその状況で、昨日は公園で一緒におもいっきり遊びたかったのですが

僕がぎっくり腰になったので日野市の百草園に行ってきました。

 

 

88147294_509861746625939_6472785078240935936_n[1].jpg

子供たちは梅には興味ないだろうけど、それなりに楽しんでたのと

坂道けっこう登るので地味に体力使います。

家に帰ってきて25年前に行った写真を見たら、全く同じ場所で写真撮ってました(笑)

 

 

 

 

88138485_810472573110337_1987634371221258240_n[1].jpg

 

 

 

子供たちはまだ元気が余ってるので近所の公園で自転車練習

o0800058412510316552[1].jpg

僕が子供の頃は補助輪付きで感覚掴んで、何度もこけながら広場で練習した記憶がありますが

今の子達はストラーダーからなので、けっこうすんなり乗れたりします

 

 

 

 

 

全く負けず嫌いでもなく、あきらめの早い息子も年少で乗れたりします。

 

 

暖冬からの流れで桜の開花も早いようです

東京は満開が3月23日

連日暖かいので散歩のイベントを開催します

 

 

①ひっぱり癖を直す散歩練習会(無料)

引っ張り癖をみんなで治しながら散歩するという企画。

事前に2,5m~3mくらいの長さのロングリードを買っておいてください。

既に長いの持っている方はそれでOKです(amazonなら600円~買えます)

 

②お花見散歩会(無料)

入口に集合して、桜のあるみんなの原っぱでゴザ引いて

それぞれ持ってきた弁当食べて解散!という・・・ただの散歩です(笑)

 

どちらのイベントもお子様同伴OKです。

 

 

集合場所は昭和記念公園入場口入ったところ

 

facility_map[1].png

 

 

 

3月13日(金)引っ張り癖治す会12時に集合

 

3月14日(土)引っ張り癖治す会12時に集合

 

3月16日(月)引っ張り癖を直す会12時に集合

 

3月21日(土)お花見会 12時集合 (昼食持参)

 

3月28日(土)お花見会予備日※21日が雨天の場合 12時集合

 

参加の際は一報ください♪

 

 

 

 

 

 

躾を次世代に繋ぐ(多様性の話)

最近教育のを読み漁ってて凄く思う事があります。

 

サッカー日本代表歴代最強イレブンを選んだとします。

自分の思い入れや当時の人気とか全く無しで選ぶと、ここ10年くらいの選手で埋まるはずです。

 

釜本、奥寺、木村和司は選ばれないという事。

それは技術が進歩しているから。

 

人間の能力も進化して

練習方法も進化して

優れた人間から技を伝授されるわけだから当たり前の事。

 

 

 

 

スポーツの世界でもそうなのだから

技術の世界ではそういう傾向は顕著に現れます

先駆者が時間をかけて調べて開発したものを、インターネットを使って世界中の人が

短時間で得る事が出来るのだから、当たり前の事だと思います。

 

ただどんな世界でもそうかと言うと

共存の精神が業界全体で薄く、多様性を認めない人が多いと技術は進化は遅い。

 

僕は躾の世界がそうだとずっと思ってて

仕事として成り立ちにくい業界なので、仕方ないと思っていました。

 

88133281_1494866187349214_3983714915889184768_n[1].jpg

 

 

先日参加させていただいた 山本央子先生の勉強会の集合写真です。

 

 

勉強会の主催者は 細野栄作さん。

昨年プロデュースさせていただいた社会化セミナーで登壇していただきました。

 

 

08502ee266112e8145ad237067c78d2f_f7186[1].jpg

 

 

 

今後セミナー活動や、技術指導にも力を入れていくそうです。

そしてもう一人この勉強会に参加されたのがhundhund清峰さん。

 

過去記事 【hundhund清峰さんに犬の社会化について聞いてみた】

 ↑過去記事 是非読んでください

清峰さんも後輩の指導に興味を持っているとおっしゃっていました。

 

 

僕は全てにおいて、時間をかけて自分で調べて納得しないと使用しないかというとそうでもなく。

信頼する人が使っているのなら信頼に値すると思って使う事がけっこうあります。

 

つまり次世代への指導はこういう人がするべきだと思うお二人が師と仰ぐ山本央子先生の

勉強会に興味を持つのは自然な事でした。

 

 

 

僕はホテルで犬を預かる事と トリミングする事を別枠だと考えてなくて

ベースの躾や関わり方の部分がどちらも重要で

今後もこういった高度な躾の知識はインプットしていきますので、お気軽にご質問ください。

僕はその犬と飼い主様に合った、多様性のあるお答えをしますので。

 

 

 

ここから宣伝です。

 

18766765_1341229095932010_1304344988200604851_o[1].jpg

 

紹介させていただいた細野栄作トレーナーさんもプレトリメンバーです。

プレトリ自体は学生及びトリマーさんとサロンオーナー向けのコンテンツですが

細野さんは自信で優しいシャンプーをする機会も多く、奥様はトリマーさんです。

おそらくプレトリの記事の内容は奥様ともシェアしていると思います。

 

 

端末を利用したサブスクモデルはそういった所も利点だと思います。

プレトリで投稿した動画はスタッフに直接見せたほうが楽だし。

スタッフ間でこんなのあったよって閲覧できる。

逆に1店舗でオーナーさんスタッフさん計3名入ってくださっているお店もあります。

 

吉田さんの展開する開業セミナー ファニーテールアカデミーの今春開催分は全公演満員

※開業予定の人は聞かないと駄目です。

【5月大阪開催分のリンク】 (若干席の残っている地域もあるようです、調べてください)

 

メンバーさんが意識高いので、そういうレベルの話が沢山聴けます。

是非試してみてください。

【プレトリ入会ページ】

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6