TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

20170513ペットホテルの様子

Happyキングプロジェクト

お気づきの方もいらっしゃったかと思いますが

2週間くらいの間、クリームのダックスがホテルにいました

8歳位の男の子で名前は《キング》

なかなかの名前ですよね

 

深くは聞いていないですけど、諸事情で飼えなくなったとか

 

8年一緒にいた子と別れるなんて、なかなか出来る事ではありません

けっこう柔軟で引きずらない感じのするキングですが

どんな飼い方していたとしても、元の飼い主の事は好きだったはずです

キングはそんな子です

 

前回飼育放棄で預かったイタグレのニコもそうですが

犬として精神的にタフ

必然的にそうなったのかもしれません

 

 

そんなキングですが一昨日からトライアルに入っていました

 

 

1494592901276.jpg

↑なんだか不安そうなキング

 

 

1494592931645.jpg

↑助手席でさすがに緊張気味のキング

 

 

 

返事をまっていましたが、トライアル打ち切りで

正式譲渡が決まりました

1494592838618.png

 

 

例のごとくHappyニコプロジェクトのメンバーも大騒ぎです

 

わがままなキングを気に入ってくれてありがとうございます

月齢とか容姿とか性格とか

そんなのは関係がなかったのかもしれません

誰かが飼わなければならないという事は間違いない訳ですから

 

あの方達の出す結果は、決まっていたのかもしれません

 

元の飼い主さんには申し訳ないですが

飼っては駄目だったのかもしれません

捨てる神あれば拾う神あり

キングにとっては本当に神で

こんなにバランスがとれて良いものかどうか

そんな事を考えた今回の預かりでした

 

皆さま順番が違って戸惑ってる

ビーの事もよろしくお願いします

病院で処方されるサプリ

最近思うのは、痒みを伴う皮膚のトラブルに対して

病院でサプリメントを処方するケースが増えてきたという事

 

最近多いのはアンチノール

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

 

 

今日来てくれた子は、リノビッツというお薬を処方されていました

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

共に脂肪酸が豊富に入っていて、皮膚の環境改善にアプローチする為のサプリです

どういう変化があったのか

 

アポキルの登場が要因の一つなのではないかと思っています

痒みを遮断してくれて、凄く効果の高いお薬ですが

ある意味強力ではない分、痒みにしか効かないので薬を減らす過程で

皮膚の状態を並行して改善する必要があります

 

そしてもう一つは獣医さんの意識かなと

ステロイドを投与して終わり・・・・

そんな対処療法のみなケースが多かったので(※個人的な見解)

この変化は大きいと思っています

 

獣医さんがもっと栄養面からのアプローチに興味を持ってくれれば

快適な生活をGET出来る犬は増えるのではないかと思っています

乳酸菌2000億個 JIN

乳酸菌のサプリJINを置いていますが売れています

買っていかれる方の半分くらいは

『JIN置いてあるんだ!買っていこ!』みたいな感じで購入されます

 

もともと知名度が高いサプリでありなおかつ

説明しないからそうなるんですけど・・・

 

乳酸菌のサプリを説明して販売するって難しいですよね・・・・

何に対して必要なのか

効果が本当に得られるのか

そのあたりが曖昧ですから

 

 

JINを知ってもらおうと思ってメーカーのホームページ開いたら

coffee_logo_youtube7 - コピー (2).jpg

 

↑これトップぺージですよw

会社のHPというより社長のHP(あるあるですけどね会社(商品)と自分どっちを宣伝してるのかわからない感じ)

自分が好きな人は私も好きですけど

 

で商品の説明はネット販売しているサイトで見るとして

やはり効果がどうなのか知りたい場合はレビューです

 

coffee_logo_youtube7 - コピー (3).jpg

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

 

猫に使っている方が多いですね

免疫系の疾患・皮膚のトラブル・腎疾患・口内炎・・

そんな感じで使われている様子です

フードでも躾でもなんでもそうですけど

悪くなってからより、悪くならないように

そんな使い方が良いかと思います

ビーもハッピーもJINはお徳用を買って、毎日ごはんにかけています

 

 

 

犬種別フード 続き

昨日動物病院に行く用事があって、待合室に置いてある

『犬のきもち』を見ていたら

“ドッグフードの選び方”みたいな特集があって

専門家が記事を書いているのですが

的を得ていないというか、もっと大事な事があるだろうと思わざる負えない感じでした

 

その記事の結論は『犬種別に分かれた良質なフードを作っている会社を探す』

みたいな感じで落としていましたが

結局最後に紹介していたメーカーがカナンで

なんてことはない、ロイ〇ルカナン推しの記事・・

カナンがスポンサーの広告記事と言っても良いかもしれません

 

 

トレーサビリティーがしっかりしてる

衛生管理がしっかりしてる

そんなコトを推してましたが

レンダリング材料や副産物のトレーサビリティーニトレーサビリティーって

そもそも必要ないし

製造工場の衛生管理がしっかりしている事自体はすばらしい事だけど

品質に関しては、そんな事以前の問題です

営業費が価格にのしかかってきます

安くて良いものは無いけど

高くて悪いものはある典型

20170510ペットホテルの様子

GWが終わって静かになるかな・・と思ってたら

今日は朝からゆず・きらら・ロビンに加えてお昼にコロン

賑やかでした・・・(笑)

 

mai×anzu トリミング風景

スタッフ飯田のトリミングの様子

モデルは愛犬のあんず

coffee_logo_youtube7_-_[1].jpg

 

飯田がうちに来たのは3年前

うちに来る前は2年間他のお店に在籍していましたが

あまりカットはさせてもらえなかったそうです

 

お店の方針もあると思うけど

やっぱりトリマーはカットが楽しいと思う

こんながんばりやさんを放出してしまうお店が、お店として

どうやって成長していくんだろうと疑問に思う

 

常に優しく、丁寧にかつスピーディーに

犬の負担を最小限にする施術をするトリマーです

動画を見れば分かります

 

 

 

 

全行程↑

 

 

 

 

 

 

 

カットのみ↑

販売責任②

製造メーカーでもなく、輸入代理店でもなく、問屋でもなく

一小売りがお店で販売するドッグフードが犬に与える影響を

手間暇かけて管理する

 

昨日の男前の話ですが

国内のドッグフードメーカーでそういった管理を、経費をかけて行うところは無いと思います

ペット関連企業の特許一覧を見ても、犬の体を想った発明は皆無でしたし

日本全体のペットに対する捉え方が道徳に反していますから

 

ワクチンに関しても同じことが言えます

製造メーカーが毎年の根拠を明示しない

4年位一度という国があるにも関わらす

メーカーがしないなら小売り(獣医個々)ですれば良いだけの話ですが

そんな事している獣医さんに会った事はありません

 

 

仮に仲間の獣医と協力して

年に10頭10件の病院が賛同してくれれば

100頭が確保できます

飼い主さんとの協力は必須ですが

各病院が10頭 毎年抗体値検査に出せば 経費は各病院年6万円位

でも100頭のデータが集まります

抗体値の推移と、罹患例を見比べれば

自分のところの病院の指針くらいは出来ると思う

 

 

でも実際そんな事する病院は無い

売り上げが減るから

 

そんなの、自社のフードが与える愛犬の内臓への負担を聞いた時に

“そんな事例は聞いたことない”とすっとぼける輸入代理店の対応と

なんら変わりません

 

男前のオーナーがもし獣医なら

自腹切ってデータ集めると思うな

 

多分私が獣医でもそうしてる

 

ちなみに仮に人生やり直せるなら、私は獣医になってると思う

トリミング予約状況・ご新規受付け

現在トリミングのご新規様の受付が出来ない状況です

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません

ご新規受け付け再開のお知らせはブログでお知らせいたします(時期は未定)

 

1月中旬から3月末までの、トリミングの受付を開始しました(ご利用いただいている方)

現状90%埋まっている状態です※11月11日現在

お早目のご予約をお願いいたします

うちの近所の方は皆ホームセンンターで買っている

伝え切れなかったから、声が届く事を願って

『うちの近所の人は皆ホームセンターで買うから・・・』

 

そうなんです

それは事実だと思います

それ以前私も言っていましたし

そういう地域なのかな?って思っていました

でもそれってそういう地域なのではなくて

 

 

coffee_logo_youtube7_-__3[1].jpg

 

日本中どこでもそうなんじゃないかと思います

(※都市部とど田舎とでは違いはあるかもしれません)

だからこそ我々(トリマー)はただ犬の健康を願って

飼い主様に対して発信しつづけなければならないのだと思います

 

私は発信し続けているから

当店に来ていただく方の多くは良質な食事を愛犬に与えています

それは我々(トリマー)の役割(使命)だと思っているから

 

 

ご来店いただくお客様の多くが数か月に一度の美容しか求めていないなら

諦めるかもしれません

でも毎月来てくれて、オススメするオプションにもお金をかけてくれるなら

 

トリマーさんが愛犬に食べさせているフードを店頭に置いて

どうしてそのフードを愛犬に与えるようになったか

そのプロセスを説明するだけでいいんです

お金をかけたくなくてホームセンターで買っている訳ではありません

知らないだけなんですから

だとしたら、その知識を伝える事は使命ですよね

有益な情報を提供する事で対価を得る事に引け目はいらないですよね

 

少しずつ発信するだけです

店頭で口頭で伝えるだけでもいいし

メルマガを配信したり、ブログを書いたり

新聞を書いたり

発信の方法はいくらでもありますから

 

やるかやらないか

それだけだと思います

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6