TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-18:00 水曜定休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

仔犬の育て方①

去年の11月に書いた記事です

数年前子犬の社会化についての書籍を出そうと思って出版社に行った事があります。

なんだかんだで形にはしていませんが「今」少しだけ形にしようかと思っています。

その下書き集みたいな記事になると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに。

 

私が高校生の頃友人の自宅に室内犬のチワワがいる光景を見て

「犬を部屋の中で飼って汚くないの?」って思った記憶があります。

当時僕は広島の田舎に住んでいて、見かける犬は柴犬か雑種ばかりだったから、
その感覚は一般的なものだったのかもしれません。


そんな僕は今、正月の繁忙期同じ布団で50頭の犬達と一緒に寝るのですから面白いですね。


それから30年あまりが経過して、日本での犬の飼い方は一変しました。

室内で小型犬を飼う文化が生まれ、多頭飼育が一般的になって

核家族化が進むのと並行してお留守番犬も増えていきました。

 

都市化によって自然の中を歩けない犬や、散歩をしない小型犬も増えてきました。

 

犬の表現がペットから伴侶動物に変わってきた訳ですが、

人間が設定した飼育環境や飼育方法に順応できず戸惑う犬も増えました。

 

飼い主と共に行動する機会が増え、より社会化を求められる世の中になったにも関わらず

犬をその環境に順応させる方法について全く議論されていないのです。

 

私が「犬の幼児教育」について深く考えようと思った理由はそこにあります。

これから何度かに分けて「犬の幼児教育」について書いていきますが。

僕のお伝えする内容は今だ分野の無い世界です。

「パピートレーニング」や「犬の社会化」ともイコールではなく

もちろん「躾」とも違います。


そして改善する方法は明確にあるけど、様々な阻害要因がある事が問題です。


そんな話を織り交ぜながら、愛犬が大きなストレスを感じず


健全に長生きできるためのノウハウをお伝えしていきます。

結局いいこ!出来る!としか言ってない

連日子犬のカウンセリングが続いています

 

だいたい1時間から 1時間半くらいカウンセリングをする中で僕は

飼い主さんが誰からも言われた事の無いような

心理的な部分や、技術的な事も沢山伝えますけど

結局は「この子はまだ真っ白」 「良い子」 「出来る」って言ってる気がします。

 

今日答える事が難しかった事は咬まれた時の反応。

ほとんどの犬は「咬む素質」を持ってる訳ではないので、人間が咬む理由を

犬に与えているのですが

咬まれると突発的に「駄目!」と言ってしまうんですよね。

飼う側も真剣に飼ってるし悪気があってやってる訳ではないから

僕も一緒だったからよくわかりますが、結局のところ解決できた要因は

犬に謝ったからです

僕はリキに謝りました

飼い方が下手でごめんって

それからも突発的に咬まれる事はあったかもしれませんが、腹は立たないし

関係がこじれる事はなかったです。

 

 

 

パピーパーティーに先日預かった吠えるチワワのナッツが来てくれました

本当に良い子で

反射的に吠える事はあっても それが彼の本質ではなく

沢山の犬の中で実に穏やかな表情で過ごす彼の真の部分を見てもらう事が重要だと思ってます

散歩でも頑張っているようなので嬉しいです

 

 

では

 

ワクチン接種券はまだ届きません

義理の父親の接種が2回終わって、実家の父親も今日1回目のワクチンが終わったようです。

医療従事者の方や職域接種が終わったお客様も何名かいて徐々に日本全体に行き渡っていますね。

 

2021-07-09 (2).png

少し話題になっていた パックンのコラム (↑クリック)

7割の人が打てば集団免疫が獲得できて感染者が減る(街中にウイルスの存在自体が減る)から

誰かが打つのを待つ。 それって駄目だよね・・?という内容です。

 

 

正しい判断とは何なのか?

 

ワクチン自体のリスクや当人の健康状態だけではなく

生活様式、家族構成、経済状況など個人を取りなく環境が違いすぎる点

自分勝手な行動を慎んである程度相互扶助を意識したら 選択は尊重れば良いと思っています

そうしないと

罵りあい、奪い合いのままだと「冷静な判断」が出来ない土台を作ってしまうから。

 

1か月ちょっと前 お客様とオリンピックの話をしていた時

僕は やめた方がいいだろうと思っていましたが その方は同じ考えでも視点がまるで違って

「あるのかないのか分からないのにトレーニングを続ける選手が可哀そうだ」とおっしゃってました

子供のスポーツ支援やプロの運動選手のスポンサーもされている方なのでアスリートの気持ちになれる訳ですね

面白いなと思ったし、間違いなく正論だし

いろんな立場に立って考えなければ、冷静な判断が出来ないと感じた出来事の1つでした。

 

 

緊急事態宣言が明けて 閉鎖していたボーリング場に息子と行きました

天井高いし、扇風機ぶんぶん回してて これリスク低いだろって思ってて

ドキュメントでボーリング協会の葛藤を見てたので ある意味応援の意味も含めて行った訳ですが

 

10人くらいの大人の団体がマスクしないで大はしゃぎしてました(笑)

でも施設のスタッフさんは注意しないんですね

これじゃぁ仕方ないと思いました

 

 

とりあえずワクチンに関しては 僕は打とうと思っていますが

そもそもペットホテル業はこの混乱が収まらないとスタート地点に立てないという位置に居ますから

打たない人も尊重するし お店でワクチンパスポートを提示してもらうとか絶対しません。

 

 

で、僕の言いたいことはそういう事ではなくて

「同調圧力」って当人が気づいてないだけで現実社会で沢山起こってます。

今回のコロナ騒動で 多くの人が世間や自分のリスクに関して真剣に考える癖がついたはずです

騒ぎが収まって 落ち着いたら 犬の感染症対策についても是非冷静に考えていただきたいです。

 

 

コロナワクチン国民の6割が摂取したら8000万人くらいですかね

変異株に対して有効なワクチンを製薬会社が開発して今後毎年打ち続けていくのかどうか

ウイルスでの毎年の死者 ワクチン接種と結び付けられると厚生労働省が判断した死者数

それらのデータを基に社会全体と個人が今後どう判断していくのか

 

 

それに対して 毎年法律として狂犬病接種を義務付けられている犬

1年に1度の接種証明書がないと ホテルもドッグランも使えない 

抗体値の証明書を提示する事が出来ない

アナフィラキシーが出ると施設が使えない

いかなる理由があってもワクチンを打っていない犬がいるのは許せないという同調圧力なんか

政府のワクチンパスポートとなんら変わらないです

 

では

無麻酔歯石取り無麻酔報告と予定

 

昨日はピュアスマイル加園先生による無麻酔歯石取りの日でした

計7ワンコが綺麗になって帰りました

 

1.2beforeL.JPG

 

最近では遠方からも施術のお声がかかって出張もこなしている加園先生ですが

無麻酔歯石取り自体と加園先生の認知度も高まってきて 今後の予約がかなり埋まってきています

 

 

2021-07-09.png

 

早めの予約をお勧めします。

 

 

 

無麻酔歯石取りに限らず 無意識のうちに人は メリット デメリットを意識すると思います。

 

7381-300x300.jpg

 

ただし このメリット デメリットの計算方法が苦手な人は意外と多いです。

その要因は データ と 正確ではない情報が足りない事

 

施術にストレスがかかる事やけがをする可能性がある事はデメリットですが

僕が付け加えるのは 

約5年間 ドッグダイヤモンドでの施術で加園先生が施術できなかった犬は「0」

このデータです

でも無麻酔歯石取りは危険で顎の骨が折れた犬がいる とかどこので誰がどんな犬を施術したのかも

わからない不正確な情報を①良かれと思って ②自分の利益を確保するために 流す人がいる

 

そして中には家では口を開けさせてくれないけど

先生に施術してもらってから逆に家でのケアが出来るようになったという犬がそれなりにいる

という不正確なデータです(分母も分子も計測していません)

 

 

無麻酔歯石取りを定期的にしていたから 歯肉炎になった事に気づかなかった

これは誰の責任か

無麻酔歯石取りをしていたら 歯周病にならないと 施術した側が伝えていたら

施術した側にも責任はあると思いますが 

歯根治療(病院治療)と表面のスケーリングは棲み分けする部分です。

勿論定期的に表面の汚れを除去していたら歯周病になるリスクも軽減すると思いますが

誰もデータを持っていない事を謳う人も多くない事は想像できます

 

 

今でこそ近所の獣医さんから うちの無麻酔歯石除去を紹介していただけるようになりましたが

名年位前かなぁ・・・

近所の獣医さんに加園先生と施術方法の紹介をして廻った時に 

手放しで受け入れてくれる獣医さんはいなかったです

 

僕が獣医ならどうするだろう?とある程度客観的に考えても

僕なら尊重するし 黒船だとは思わない

ただし当時は獣医師会が黒船だと判断していたのだと思います

 

 

コロナ禍 ○○医師会 とかが決して患者の利益や世間を優先しない事はわかった事ですよね

構造は一緒で

自分の立場としては良かれと思って反対していたのだと思います。

全く犬の利益と犬業界全体の利益を考えていません

 

人から聞いた話です

 

ある地域の獣医師会が無麻酔歯石取りをしている店舗に視察したそうです

粗さがしに行った事は間違いないのですが

ずらっと並んだ施術チームが施術している犬達がおとなしくしている光景を見て

「うちの子もやってもらおうかなぁ」と言い残して帰ったと・・。

 

裁判する材料を探しに行ったけど、争う必要性があるのか疑問に思ったんでしょうね

 

 

では

 

 

犬の食事のこれから 

 最近同業者の発信や、新興メーカーの出す商品などを見ていても

ドッグフードに限らず、犬が口にする「食事」に関しては過渡期なんだろうなと感じます

 

ここ10数年は ドライフードのみの歴史が続いていましたが

エクストルーダだけでなく製造方法をこだわったドッグフードが増えてきたり

ウエットフード、生食、既製品の手作り食

ドライフードでは摂れない 乳酸菌、酵素、酵母などの補助食品

そして家庭での手作り食など 飼い主側の選択肢が増えてきました。

 

医療の発達や、飼い方(外から内)などの変化で犬の寿命は飛躍的に伸びてきましたが

 

ドッグフードの変化に伴い、犬の健康寿命に関しても過渡期なんだろうなと思っています。

 

先日 動画のコメントであるメーカーを紹介していただきました。

獣医さんが監修する 手作り食のレシピを販売する会社さんで。

DC one dish さんと言います。

 

2021-07-01 (20).png

 

先日僕が作った動画 「手づくり食を検証したらとんでもない事になった」

で手作り食を ドライフードに換算しているくだりがありますが

この会社さんが 書籍やサイトに載ってる手作り食レシピを100レシピ

それとは別に獣医師が研究として計算した208レシピ

合わせて308レシピのうち乾燥状態の栄養価がaafcoの基準を満たすれレシピは

何レシピあったと思いますか???

 

そんな動画です

 

 

犬の盗み食いを直す方法

先日 うちの永遠の看板犬の命日に毎年お花を送ってくださる方から綺麗なお花が届きました

いつもありがとうございます。

電話が通じないので改めてこちらでお礼をさせてください。

眺めながら作業しております。

 

 

今日またamazonギフト券が届きました

しかし!amazonの不手際なのか、そういうシステムなのか

送り主がわかりません

送ってくれた方が 教えないという選択もあるのかな?

大切に使います

 

2021-06-28.png

 

↑クリックで 欲しいものリストに飛びます

 

 

普段見ない エンタメ系のユーチューバーさんの動画がポップアップされてて

犬の話題だったから、ユーチューブ側がお前見るだろ!って教えてくれたんだと思いますが

面白かったので貼っておきます

 

感想としては「効果音大事」です

 

 

対症療法ではなく原因療法を

S__1957892.jpg

 

吠え癖があるチワワくんが ソファーのひじ掛けと ポッチをかじってます

まだ子犬なのでいろんなものをかじりたいのでしょう

ペットホテル用に買ったソファーなので、そんな事は想定してるから

いくら咬んだって問題は無いのですが、自宅だとそういう訳にはいかないですよね。

 家族用に買ったソファーだから。

ただこの子の「吠え」だけにフォーカスして現場で吠えを抑制させようとしても効果は薄いし

対症療法でしかないです 吠えの原因は多岐に渡ります

 

カウンセリングではその辺りを紐解いて、多角的に問題行動を抑制していきます

 

昨日のプードルくんのカウンセリング↓

 

 

 

 

問題行動の原因を探るために毎回1時間はカウンセリングを行います

動画内でもお話ししてますが、治らないケースも多々あって治らない条件も伝えています。

犬に問題がある訳ではない事は誰もが理解するけど

行動と習慣が変えられない 続けられない なら治りません

 

理屈を徹底的にお伝えしてバトンタッチしますから頑張ってくださいね

 

S__1957890.jpg

 

 

お値段以上の評価を頂いて チップを頂戴しました。

 

先日もシーツを頂いたり、ギフトを頂いたりありがとうございます。

応援したいな、お値段以上だなと感じたら是非 寄付ください。

 

 クリックでamazonに飛びます

 

2021-06-28.png

 

無麻酔歯石除去報告と日程追加

近々の無麻酔歯石除去の予約が埋まってしまいました

特に土日は早々に埋まってしまったので7月17日(土)に追加させていただきました。

すでに先々の土日をご予約で、早めたい方のスライドも可能です

電話かLINEでご予約ください。

※平日が可能な方は平日のご予約が助かります。

 

 

2021-06-26.png

 

前回も安定の施術で7頭ピパピカにしていただきました。

 

 

 

1.2beforeL.JPG

 

うちのこ暴れて施術できなかったらどうしよう・・・

そう心配される方、それで躊躇される方はいらっしゃいますが

まずは試してみてください

 

犬の扱いは人よりうまい僕から見ても加園先生の施術までの犬の扱いは

本当に上手です

そのうえ施術も上手です

 

では

 

手作り食の落とし穴 続編

昨日「手作り食 しっかり計算しないとヤバいよ」って動画上げたら コメントを頂いて

以前にも紹介した 獣医師さんが立ち上げたレシピ販売のサイト DC one dish さんは

手作り食のレシピに乾燥状態の栄養価もつけてるよ!って内容でした。

 

乾燥状態の栄養価を添付している手作りレシピがある事を知らなかったので驚きました。

 

自分で計算してわかったのですが何気に計算が大変です。

しかもですよ

 

 

 

 

この動画の5分あたりに衝撃の内容が登場して

 

内容は2007年に獣医師が検証した207例

およびDC one dishさんが検証した100例トータル307例に関して

AAFCOの基準を満たすものは「0例」だったようです。

 

 

2021-06-24 (2).png

 

 

2021-06-24 (3).png

 

 

2021-06-24 (4).png

 

ツイッターも前よりキレキレで清々しい。

 

こんな面倒くさい計算を208レシピも検証するなんて果てしないですが

おそらく手づくり食での健康被害が増えてきてからの話だと思います

 

 

 

手作り食の落とし穴 

最近手作り食の相談が増えています

ドッグフードを販売しているので「手作り食は駄目」って言えば良いのですが

開業当時から一貫してお勧めしています。

 

ただし 勉強が必要だという事は前提として。

 

普段のレシピっや得意なレシピの栄養価が偏っていて

長い期間同じような偏り傾向にあったとしたら、ドッグフードの方が良いと思います。

 

そのあたりできるだけわかりやすく動画にしてます。

 

 

 

↓ミネラルの計算表ですが

 

2021-06-22 (13).png

 

カルシウム、リン、亜鉛、銅、マンガンはAAFCOの基準を遥かに満たしてないですし

ドッグフードを比べると100倍近いものもあります

 

仮に同じレシピを何か月も続けていたとすると、体への影響もかなり心配です。

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-18:00 水曜定休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6