TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

トリマー総教師化

131384511_3847128671986093_6743351604701575219_n.jpg

 

※ サロンオーナー トリマー向けビジネス記事です

 

先日青梅の山に息子と行ってきました。

 

 その様子はコチラ↓(笑)

 

 

 

 

 鳥のさえずりしか聞こえない、無音の環境に自分が置かれたのは何年ぶりだろうか

もしかしたら何十年ぶりなのかもしれないほど僕は雑多の中で生活をしてきました。

 

SNSから頭が切り離れず、インプットをし続ける事が当たり前で

トイレでもお風呂でも携帯を手放せない

自分の為にならない情報を取り込むのがストレスで無駄だと感じ

ただただ何もしない時間を作るのが嫌でした。

 

 

最近ソロキャンとか一人旅とか流行ってますよね。

半年前は全くもって理解できなかったですが、最近は多少理解できます(笑) ※ソロキャン

コロナで都市の利便性が必ずしも最強ではない事に気づいた人も多く

一気に現代的な生活から距離を置く人も増えました

犬を飼い始める人が増えたのも流れとしては必然ですね。

 

 

 

ただドッグダイヤモンドが世間一般のトリミングサロンと違うのは

間違いなくインプットし続けてきたからであって

常にいろんな事に興味を持ってきたからです。

 

 

動画の中でも紹介していますが

まさに僕の言いたい事を端的に伝える事の出来る本の中の言葉を抜粋して書きます。

 

人は長く生きていれば誰にでも他人に教えられることが必ず一つあります。

英会話や何かの特技のようなわかりやすいものでなくてもいい。

苦しみ続けた人生で自慢できるものは無いという人でも

その体験談を聞く事で救われる人がいる

人に教える事で人生は豊かになります

 

↓どうぞ(笑)

 

 

 

怖がりだと決めつけない

 レッテルを貼る→ある人物などに対して一方的・断定的に評価をつける。

 

 意図的にする人も、逆に意図的にしないようにしている人もいなくて

自分自身の状況による部分が大きいと思う。

大雑把に言うと、自分自身小さな事か大きなことかは別として

物事がどうにでもなると思っている人は他人に対してレッテルを貼る事は少ないでしょう。

それって凄く無駄な事だし

レッテルを貼られた当人からしてみれば、貼った相手が親や師だとかなりマイナスに作用しますよね。

 

そもそも客観的データに基づかないレッテルって無駄(無意味)な作業であるにも関わらず

犬の子育てにおいては客観的なデータに基づかない状況でも決めつけているケースは多いですね。

 

・あっという間に成犬になる焦り

・正確な情報を提供してくれるアドバイザー(メンター)が少ない

・他者と比べることが出来ない

 

などなど理由は様々だと思います

 

僕の役割は客観視する事で

出来ない犬に今まで会った事が無いから「出来る」と伝える事だと思います

 

 

柴犬の飼い方

僕が柴犬に抱くイメージは

『文句言ったら言い返してくる』かな(笑)

 

元々自尊心が強くてあれこれ言われたくないのに

向いてない室内飼いを強いられるから、柴犬にとってはそもそ大変な話なんだろうけど。

今や室内飼いとしても柴犬は人気犬種だからそうも言ってられない。

 

ほとんどの人が気合入れて飼い始める。

飼い主の言う事をしっかりと聞く犬に育てようとする。

まだ楽しむだけでいい時期から、押さえつけたり、マズルを強くつかんだり

関係性が壊れる以上の何かを得られない方法で服従させようとする。

 

2か月で飼い始めたら

1か月はスキンシップだけで、環境設定は広めなアミューズメント

人間の居住スペースを優先せず、ストレスを溜めない工夫だけにして

60日過ぎたら散歩に出して歩いてあげてください。

 

客観視の方法

急な室内でのパピーパーティーで大変ご迷惑をおかけしました

エレベーターは復旧したので明日は屋上で開催します。

 

「我が子を客観視する話」

 

子犬を飼い始めた飼い主様に、パピパを紹介する時に

「沢山の犬がいて我が子を客観視できるから是非来てください」って言い方をします。

 

この客観視って何気にコツがあると思ってて

観察の方法を間違えると本来自信を与えないといけない場面で自信を喪失させてしまいかねないです。

 

犬の場合は人間の子供と比べて言葉を把握できない為、ニュアンスで伝えないといけないところが難しいです。

 

自分が過去にどんな場面で自信をつけてきたか思い返してみてください。

僕の場合は子供の頃勉強をあまりしてこなかったので、だいたいが運動の体験になります

 

コツコツと練習する事で到底かなわなかった同級生に数年後勝てた時。

僕は努力は報われるんだと感じたし、その背景にはきっと

お前は下手だから、○○より劣ってるから、とかそういった印象を深い意味で抱いていなかった

つまり誰からも言われてこなかったんだと思います

 

2020-12-12 (1).png

 

年中の息子のサッカーの練習を見ていると

早生まれでサッカーを始めたばかりの息子は

以前から習ってた体力のある同級生と比べると、雲泥の差です

普通に客観視すると絶望的ですが

そんな中でも先週よりも成長しているところを観察の中から見つけ

他の子よりも優れているところを見つける

 

犬も一緒ですよね

もう既に大きな体のキャバリアのハルが先週必死だけども嬉しそうな顔して遊んでました

何度も通っても逃げてばかり隠れてばかりだったけど

慎重なところも、逃げるけど過度に焦らないところも、我慢するところも

他の子には無い特徴だと思います

 

 

 

長野で1番

人間は想像できる範囲以外の事は出来ないけど

逆に言うと、ある程度ロジカルに妄想出来る事は必ず実現できると思っています。

 

彼女は3年で退職して独立すると、入社時に言っていて

12月10日地元にお店をOPENさせました。

 

昨日お店に寄ってきましたが彼女の今の実力ならこんな感じのお店かなぁ・・という僕の想像の上をいく

十分すぎるお店を作ってました

 

130809483_827202211466291_8264974223238277748_n.jpg

 

 皆から心配されながら開業するのではなく

皆から応援されて開業しました

 

 

131209867_1072173986577497_1208954931649647662_n.jpg

 

 

 

有言実行する為には公言する事が近道だと思っていますが

彼女は同じようにそうしてきて、次は長野で1番になるそうです。

 

 

 

2020-12-12.png

 

 

 

長野で一番、日本で一番、世界で一番の定義って何だ?って話になると思いますが

立ち位置と捉え方次第だと思います。

 

今は目の前の「お客様」と「犬」に全集中出来ます。

必死に頑張っていれば、他者から「長野で一番ですね」

って言われるようになるし。

 

 

次第にその言葉が自分に馴染んでくる時期を経て

何の為にの枝葉が広がって

近所のサロンから模倣されて

日本中のサロンから模倣されて

世界中のサロンから模倣されるともう○○で一番とか、自分自身どうでも良くなっているんでしょうね。

 

 

まだまだ若いから何だって出来ると思う

視野を広げて頑張ってほしいと思います。

 

 

 

 

12月7日 パピーパーティーの様子

124961085_372120873986954_3621227199987786284_n.jpg

 

日曜のパピパは天気が良く 初登場組も覚えることなく

少しづつでも皆レベルアップ出来たと思います。

 

どんどん寒くなりますが頑張って通ってください!

 

犬はあまり寒がりません!

 

サムネはパピパなのに寝る犬達です♪

 

 

令和の父親が犬の教育に関して出来る事

令和の父親が犬の教育に関して出来る事。

 

最近になって昔母親が僕ら兄弟にそうしてくれたように

極力毎朝、ごはんを窯で炊いて味噌汁作って、

ジューサーでフルーツジュースを作って子供に食べさせて食器洗ってます。

 

 

ここだけ切り取って話を聞いたら出来た父親だと思われるかもしれませんが

 

・自分の体調面で食生活を変えないといけなかったから

・ものすごく美味しいお米をいただいたて、

 頂いた方が窯で炊いてるって聞いたから食べたくなって窯買った。(美味しすぎてハマります)

cq5dam.web.610.343.jpeg

・りんごやみかんなど果物の頂き物を全て頂くためにジューサーを買った。

 

osusume_mixer_01.jpg

・そもそも料理が好き

・食器洗いが嫌いじゃない

・子供にとって朝ごはんって大事だと思ってる

・アウトソーシングがこの先流行らないと思ってる

 

要は得意だから苦にならない程度に好きでやってるって事です。

 

逆に一昨日息子の子守をしないといけない日があって

日中 オセロやトランプや立体四目ならべとか一緒にやってたんですけど

もう言葉では言い表せないほど眠くなるんですよね・・・

(これ分かってくれる父親はいると思うんですけど)

 

その話をその日の夜に二人に話したら、同じ回答で

子供のレベルに下げて楽しむ事が下手なんだ!って回答でした。

 

いや・・全くその通りだと思って

早い話苦手なんだと思います

 

 

何度も言っていますが

・ホテルに預けた犬のお迎えに家族で来ているのに、様子を聞こうとしない父親は苦手です

・一緒に飼ってるのに母親だけ泣きながら相談してくるケースも苦手です

・半ばボランティアで預かろうと思っているのに「お金がかかるならいい」って普段何もやってない

 父親がそこだけ口を出してくるのはホントに腹が立ちます。

 

やろうともしないのはどうかと思いますが

比較的何でも楽しんでやるほうの僕でも苦手なものはあるしある意味仕方ないんだと思っています。

 

令和の父親に犬の教育に関して出来る事。

 

 

奥様の邪魔はしないで

 

父親はそんなつもりはないと思っていても、教育方針について家族で擦り合わせをしないで

犬と時間だけ共有しても犬の教育にとっては逆効果なケースは多々あります。

まずはどんな犬に育てたいか、何を優先させるかしっかりと話あってください。

 

妻が普段仕事をしているなら、妻が犬との時間を作るサポートをしてあげてください

心穏やかに犬と接するサポートをしてください。

いいとこどりするだけなら誰だって笑顔で接する事が出来ます。

泣いてたり、険しい顔して怒ってるのは心が狭いからではないです

教育に関して真剣だから

そして父親がそれをサポート出来ていいないからです

 

 

屋上で子犬集めていると

例外なく『かわいいなぁ』って思います

飼育してる訳じゃないから、勿論いいとこどりなんですけど

 

でもかわいいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

病気になって良かった事

※4月初旬短い期間ですが入院する事になりそうで、一定期間ホテルはおやすみさせていただきます。

春休みは避けますが追って連絡します。

 

【病気になって良かった事】

 

 

 

 

2020-12-01 (4).png

 

 

 

正直ここまでのメンタルは持ち合わせていないので、良かった事なんて

探さないとなかなか見つからないのが本音ですが(笑)

 

今回お店をやめる事になって

「今まで積み上げていたものが、勿体ないですね」・・・ってけっこう言われました。

でもそこは本音としてストレスは無く

 

おそらく妥協してこなかったからなのかなと今は思っています。

 

 

うちの子達

「スタッフさんを是非うちのお店に」ってお誘いがけっこうありました。

日本を代表するようなサロンのオーナーさんからもですよ!

 

いち店舗の「スタッフ」単位で信用されているって

普通に凄いと思います

 

 

3月末をめどに独立準備を始めている子もいます。

雇用をはじめて約9年。その子達を含めると10人が自分のお店を持っていて

例外なしに失敗することなく運営しています。

ビジネスモデルの踏襲というよりは、

誰の為に 何の為に 働くかとい基本的な事がブレていないんだと思っています

 

 

 

先日服部とごはん食べました

大手のサロンチェーンに勤めていますが12月からは新規店舗の店長だそうです。

能力があるから抜擢されのですが、むしろその会社の社長になった方がいいと何度も言ってます(笑)

 

 

 

来週横井(旧姓菊村)夫妻とごはん食べてきます。

moiも11月11日でOPEN1年です。

しっかり地に足をつけて都会のど真ん中で頑張っています。

 

 

 

2020-12-01 (1).png

 

 

 

 

 

 moiやソルティードッグはそろそろ雑誌にも登場すると思うし

将来業界をリードするようなお店になると思います。

 

 

 

そして12月10日、轟が地元でファーモを開業するので

11日に長野に行ってきます。

 

 

 

2020-12-01 (2).png

 

 

 

 

30歳前後で脱サラした僕ら夫婦にとってサロン経営は夢というよりも、

自分達が選んだ生涯の仕事と言えますが

彼女にとったらお店を持つ事は子供の頃からの夢です

休みの日もボラトリやセミナーなど、精力的によく頑張りました。

東京まで名が轟くお店にするそうです

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 あと高橋はお店の名前が決まりました

シェリー+ 

 

 

 

2020-12-01.png

 

 

 

既にいろんな方から応援されてますね。

 応援されるもの、宣伝も得意だと思いますが(笑)

ただ一番の応援団は我々夫婦でいたいですね。

 

 

病気になって良かった事は

育った子達が地に足をつけてしっかりと大人として活躍できるきっかけになった事かなと

 

 

 

ここまで一人一人が自立したサロンって他にはないと思います

そんな話し、昔プレトリの中でしゃべったので過去動画乗っけときます
サロンオーナーさんは参考にしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中量級の遊び

今日は決してイケイケではない4頭がほぼ同時に遊びを覚えた瞬間がありました。

 

それぞれ大人になると平均して

ボーダー15㌔ ビーグル10㌔ インギー 10㌔ キャバー7㌔ くらいかなぁ・・・

キャバリア以外は一般的には小型犬ではないですよね

 

同じくらいの体格の犬と普段出会う機会が少ないだろうから
今回の遊びは貴重でした。

 

誘う側も、受ける側も逃げずに勇気を出してよく頑張りました。

 

 

きなこの成長記録

人間と違って犬には「大きさ」という生きていくうえでのハンデが個体によってあります。

大型犬は、散歩で会うほとんどの犬が自分よりも小さい為

小型犬に対するコミュニケーション能力を高めておかないと怖がられたり吠えられたりするケースが増えますね。

超小型犬に関して言えば、世の中のほとんどの犬が自分よりも大きいため

大きな犬に閲する能力を高めておかないと、散歩中犬と触れ合う事すら躊躇する犬に育つケースは多いです。

 

動画のきなこ(ミックス)は5か月という事を考えると、超小型犬に属するでしょう。

遠方から何度も足を運んでいますが、やはり体のしっかりした子に比べると体格的にハンデがあります。

そんなきなこが勇気を出して体をぶつけ始めたある意味きなこ特集です(笑)

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6