TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN

BLOG CATEGORY

COLUMN

時間をかけてお手入れをするという考え方

『すぐ終わるからじっとしててね』

は実は犬目線ではないんじゃないか?という話

 

そうしなければならない一番の理由は

 

早く終わらせないといけないから

 

それが犬目線ではない事は実は分かっているか

考えた事もないか

どうかはわかりませんが

今使っているツールが、そもそも犬目線に対応しているか確認してください

 

 

 

犬目線での保定

来週までインターン生の予約が入っているので

基本的な事を話す機会が増えていて、初心に帰ってます(笑)

とうか忘れている訳ではなく再確認出来ている感じですね

 

しかし

 

社会に出て求められる人材(即戦力)に育てる為には理想と現実ってあるんだと思います

トリミングって分けて考えると

【生活の質を上げる為に必要な衛生的なケア】

【おしゃれ】

【技術の披露】

 

なんだかよくわからないかもしれないですが

技術を競技するというカテゴリーが起源になっている部分もあるので

学校で何を伝えるかのバランスによっては

本当に大切な事を教わらない学生も多くいます

 

『自分』を強く持っている人は軌道修正出来ますが

殆どの人は染まって何が正解かが分からないまま

意図しなくてもトリミングが苦手な犬を作ってしまうんですね

それって悲しくないですか?

 

先日もお話ししましたが

社会化セミナーを開催して痛感しました

トレーナー目線でのファーストシャンプーって必須ですね

 

今日は保定(肛門腺)の話

 

 

ファーストトリミング

パピパ世代のかりんとやタビー登場で

ワラワラ和みました

どう見ても子犬気質の残るつくしが指導役にまわって

二人とも大人の振る舞いを少しは覚えて帰った事でしょう

 

犬にとってはじめてのシャンプーは凄く重要です

新規の受付は出来ないですが、子犬のファーストシャンプーをします

飼い主様同伴が必須になるので

ご希望の方はご依頼ください

 

そんな話をしています

 

 

 

犬と信頼関係を築くにはどうすれば良いのか

今日から二日間はインターン生が二人です

なるべく同じ日には重ならないようにしていますが

希望する人が今がピークなので仕方ない

 

学生と話をしていたり、お店のルールを伝えていると

改めて大切な事を言葉として思い起こす事が出来て新鮮な気持ちになれます

 

お手伝いをしてもらってると

学生はどうしても緊張して犬に接してしまう

緊張は伝わりますから犬もリラックスは出来ないですよね

 

美容室やマッサージ店などで新人さんに担当してもらった事を想像すると分かりやすいかと思います

 

犬との信頼関係を構築するのにはある程度時間はかかります

僕はホテルに来た子とは比較的早く信頼関係は出来ます

 

一緒になるから(笑)

一番無防備な状態で寄り添ってあげられるんですよね

相手が警戒する訳がありません

 

 

トリミングという限られた時間でどうやって好きになってもらうか

 

とにかく褒める(笑)

 

そんな話ですが、ちょっと深いです

 

 

 

もう少し早く来て欲しい

雨でパピパが序盤で解散になってしまいましたが

ホテルではお泊り・保育・お試しで

アズナブル・ポッチ・セナ・モコが楽しみながら成長していました

 

アズナブルは『キャーキャー』言う時間が確実に減ってるし

他の犬とも体を使った遊びが出来るかもしれない可能性を見せました

 

ポッチはお試しですが暴れて、怒られて、寝て・・(笑)

特にいう事はないです♪

 

セナは大人の振る舞いを(少し)覚えました

時々キレますが、徐々に減るでしょう(笑)

まさに大人の階段を登っています

 

モコは遊んで疲れたらクレートで寝ます

当たり前の事ですがON OFFがしっかりしていて何気に凄いです

 

対照的なお試しちゃんが来てくれましたが

飼い主さんへの依存と吠えで断念しました

もっと早く来て欲しかった、としか言いようがないです

預かりたかったです

 

 

『1歳過ぎて初めてのホテル』という状況は作らないようにしてください。

出来ればパピパに毎週通いながら早いタイミングでお試し~保育

6か月くらいまでは、用もないのに毎週1泊させるくらいの気持ちでOK

ホテルを楽しめるベースを作っておいてください

 

 

トリミングサロンに経営理念は必要か?

『トリミングサロンに経営理念は必要なのか?』

ほとんどのトリミングサロンには経営理念を掲げていません

 

理想と現実の狭間で苦しんでいるのに、理念もクソもないのだと思います

 

でも本当にそれで良いのか?

そんな話です↓

 

 

 

 

常識的な学校が育てた生徒が業界に染まらない事

先週から来週にかけてインターン生の研修がピークです

何かを感じて帰ってくれると嬉しいですね

 

地元のペットショップにインターンに行ったらしいですが

不衛生でHPの印象と違ったと

 

僕はお店を覗いただけでそのチェーン店の経営方針(やりかた)を理解できるますが

人によっては、それが当たり前なのかな?と思ってしまう事もあります

ずっと中で働いていたら麻痺するかもしれないですし

 

でもそうではなく

自分の中の基準を明確にしてNOと思える人材が増える事が

業界の清浄化に繋がるんでしょうね

 

愛護法改正(ブリーダー規制)について

 

 

結局は民度に比例しているという話

5年に一度の動物愛護法の改正がありましたね

毎回変えるべき内容が一向に変わらず、駄目な国だなぁと思ってきましたが

結局は民意(民度)が凄く関与していて

凄く誠実な有識者の方が正論を唱えても

国民の平均的な意見ではない事と、経済の損失のバランスをとって

落としどころを決める感じなのだと思います

 

今回決まったのは

☆8週齢

☆マイクロチップの義務化

☆動物虐待の厳罰化

 

もっとあるのかな

 

8週齢って社会性に直結します

親元に残しても、社会性を育む努力をブリーダーさんがしないと

意味が薄れます

日本犬保存会や今まで抵抗してきた人の主張とは違うと思いますが

仮に早く離しても、不特定多数の犬や他の動物、家族や家族以外の人に

適切な触れ合いをすれば健全な犬に育ちます。

 

子育てですから単純なものではないんですよね。

 

マイクロチップも迷子犬の検索だけに留めるツールではないと思います。

 

厳罰化に関しては本当に厳罰にしないと意味がない。

昨日もワイドショーで飼い犬をわざとよその犬に噛ませて

その動画をsnsにアップしてた男性を紹介してましたが。

そういう人から多額の罰金をとって、禁固刑にしないと駄目です。

我々のように犬を生業としている人間に関しても一緒です。

 

そんな話をしています

 

 

 

 

損をして生きるという選択

スーパーの陳列棚に

子犬の飼育において『スローステップ』って凄く重要ですが

意外と認知されていません

その話に絡めて

 

もし賞味期限が残り2日と残り5日の牛乳が横並びに置いてあったら

殆どの人が 新しい牛乳を手に取ると思います

 

そこをあえて古い牛乳を購入するという選択

誰かが何かの為に損をするという選択、という話です(;'∀')

 

 

 

 

どうやって犬に自信をつけさせるのか?(後編)

犬に自信を付けるために

☆不安な気持ちに同調しない

☆承認する努力をする

 

という話をしました

今日はもう一つ

環境を選ぶという話

 

 

これも擬人化というより人間に当てはめても分かりやすいと思います

 

自信のある犬の中で過ごせば自然と自身は備わります

逆に自身もルールも備えていない犬達と過ごせば、同じように自信のない犬になります。

 

 

ドッグダイヤモンドのホテルは自信のない犬はあまり滞在しません

9割はある程度自信にあるとして

 

そういう環境で過ごすのと

ただただ激しいだけの犬にまみれて過ごすのでは大きな違いがあります

 

 

今日は日本橋のある出版社で書籍の打ち合わせでした

とは言っても僕はこの社会化の本は

世の中に必要な本だと思っているので、出版出来る体で訪問しています。

 

 

ただどうでしょう・・

一般的には、世の中に本を認識してもらうって難しい中で

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6