TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN

BLOG CATEGORY

COLUMN

仕事と人財を確保する①

 

開業当初は散歩と送迎がメインの仕事であとはがむしゃらにやる(-_-;)・・・そんな感じでしたね

とても経営者と言える代物ではありません

今はスタッフも増え、経営者としての仕事も増えてきました

 

現時点の僕にとって重要な仕事は『仕事』と『人財』の確保です

 

4月に3名のスタッフが加わりました

3人が仮にひと月22日働いて、1日3頭施術したら

一か月で200頭分の仕事量が足りないわけです

大手のように資本がある訳ではないですから

これはかなりのプレッシャーでした

 

手前味噌ですがこの不足分の仕事量は2か月で埋まりました

チラシを作成して夜撒いたり、開業当時を思い出すような作業もありましたが

一般的なお店との違いは『ご紹介』の数です

お客様からの頂く紹介の数もそうですが

動物病院からの紹介も多いです

定期的にご紹介を頂く病院さんが5件

ホテルで便を崩した子をお客様のかかりつけの病院に連れて行ったり

トリミングが原因で目やにが出てしまった子の治療に飼い主様と一緒に

毎週病院に通ったり

誠心誠意対応させていただいた結果、病院側が当店の事を認めてくださり

逆に経営スタイルに興味を持っていただいて、見学に来ていただいたり

そんなやりとりが動物病院からのご紹介に繋がっているのだと思います

 

獣医さんと密にお話をさせて頂いているので

お人柄、治療方針は元より設備、費用等々ある程度自分なりに把握しているので

信頼できる病院さまは、飼い主様のご希望に沿った形で

こちらからご紹介させていただく事も多々あります

 

トリミングサロンと動物病院は切っても切れない関係ですから

しっかりとWINWINの関係を築いていきたいですね

 

食べさせ続けてください

 

 

 

 

愛護団体から譲渡された犬を連れてきていただいた方が

現在愛犬に与えているフードは、団体さん指定のフードで、

今後もずっと食べさせる事が譲渡条件

みたいな話をされていました

 

ペットショップで販売されている幼犬が食べるフードを、

ブリーダーズパックとしてフードメーカーが無償でお店に与え、

その見返りにお店はフードを販売する

販売戦略としてこんないびつな関係もある程度は理解出来ますが

保護犬となると話は違ってきます

 

DSC_0084.JPG

 

保護犬のジョナさん

 

 

 

 

どうしてそんな事がおこるのか、ご存じの方がいらっしゃたら教えてください

ロイヤルカナンです

 

 

 

ヴィベェケ・S・リーセ

 

 

先日デンマークの動物行動学のスペシャリスト ヴィベェケ・s・リーセさんのセミナーがあったので参加してきました

今回はグルーミング時における行動学者からの視点を教えて頂きました

 

全ての犬の行動には『意味』がある

 

と繰り返し、おっしゃていました

まぁ犬にとってみれば当たり前なんですけど

繰り返し強調する理由は、多くの人がその意味を考えないからなんだと思います

理屈抜きで、《こうあるべき》 《こうしなさい》 と考えがちなんだと思います

 

質疑応答の先生の回答はすべてにおいて共感できました

 

質疑応答の中で

トリミングテーブルの上で、他の犬の動きや他のスタッフの動きに反応してしまう

あるいは攻撃的になってしまう犬についての対応方法を聞かれ

①個室でその子だけの空間で施術する

②①が駄目なら出来るだけ離れた場所で・・・云々

という内容のやり取りがありました

 

たしかにそれはそうだなと思いましたが

どこまでその対応をとっていたいたかというと、本質的にはとってないんですよね

8人のトリマーがいると、スペースも限られてきます

隣との間隔が狭いと、特に他の犬が苦手な子にはストレスがかかります

 

DSC_0078.JPG

 

 

DSC_0080.JPG

 

白毛用のブースを作るための、黒のロールスクリーンは取り付けてありましたが

それを利用して、半個室を作るためのロールスクリーンを追加しました

 

これでワンズも集中できるかな?

 

内部告発

 

羽田空港近くのペットホテルの元従業員が、働いていたお店の実情を外部に漏らして

騒ぎになっているらしいです

うちはスタッフが自分の犬を頻繁に連れてくるから、内部告発はないと思いますが

経営側の視点で考えると、けっこう辛いですね・・・

 

ペットホテル.jpg

 

①繁忙期には複数頭を同じケージに入れる

②大型犬はリードに繋ぐ

③散歩はしない・・・等々だそうです

お店のブログのアカウントをのっとって、顧客にもメールをするという手段を

とらなければならなかったのか?そのあたりはひっかかりますが

上記3点を除けば、一般的なのケージ型のペットホテルと大差はないです

 

この写真を見てしまうと

元従業員は動物を扱う仕事に対して、元々持っていたイメージが良すぎた事への

ギャップがあったのか

もしくは、公開していないもっと悲惨な現状があったのか

そんな推測をしてしまいます

 

実際にペットホテルで働いている人はそう思っていると思います

 

昔僕が経営を引き継いだお店も、ケージで預かるスタイルでした

吠えますし、体調を崩します

ひと月も経たないうちに、業務形態を変えましたが

狭いところで長時間いる事への耐性がないと、厳しいと思います

 

犬にも得意・不得意、向き不向きがありますから

一概にどんな預け方が良いかは決められないですが

ペットホテルを選ぶ際は、見学させてもらえるところが良いと思います

預かっているところを見学させてくれるケージ型のホテルって少ないと思います

 

最近移転されたマオ動物病院さんは

入院・ホテルのお部屋の出入り口を2か所作られていました

ひとつは奥にある従業員入口

もう一つは待合室から入れる、面会入口だそうです

 

ホテルを選ぶ時は『施設を見せてくれる』を条件に入れてみてください

 

 

 

高級路線

 

 

『ららぽーと立川立飛』が12月10日(木)OPENします

サイトは コチラ

ペットショップはILIOが入ると思っていましたが、ペットパラダイスDXだったようです

先日記事に書いた、大手ペットショップが近所にOPENしか事に関しては何とも思わないですが

比較的高級路線の『ILIO』が入るとなるとそれなりに危機感を感じていました

ペットパラダイスDXには行った事はないですが、

サイトを見ると躾や保育などトータルでサポートしているようで

かなり脅威です(-_-;)

 

先日国立にOPENした 『Granz&"t"』 さんに寄って挨拶してきました

こだわりのフード・しっかりとしたケア・フリースタイルでの預かり・・・等々

コンセプトがしっかりしているので、商圏は離れていますがよっぽど脅威です

 

6年前の開業時からずっと『10年先も通用するビジネスモデルの構築』と言い続けています

フリーでの預かりをするお店がもっと増えなければ駄目だとも常々言っています

※その理由は次のコラムにも書きます

 

ライバルの登場は歓迎すべきです

自分たちの進化が加速しますから

 

 

災害時のフード

 

災害が起きた時、いつも愛犬が食べているフードを分けてもらえるか?

そんなご質問を受けました

仮に関東に大地震がおきて、流通がストップしてしまったら

愛犬のフードも手に入らなくなります

そんな状況になったとしたら、地域の人も避難生活を強いられている状況だと思います

当店に関しては、避難所に入れないなど様々な状況に置かれたワンコをシェルターとして

預かる立場になります

フードを販売しているので、40頭位の犬がしばらく生活できるだけの食糧と水は確保してあります

後は購入希望の方に平等にお分けする事くらいですかね

なのであまり心配なさらないでください

 

リーフとぅ.jpg

 

『LEAF to Home』がもっと安くなれば買います

 

yjimage[3].jpg

 

MIRAIなどの水素を燃料とする車は、発電する分

電気自動車やPHVより災害時は有利ですね

 

M&A

ペットショップJOKERが岡山を拠点とするホームセンター運営会社に買収されて子会社化するらしいです

横浜でサラリーマンをしていた頃、横浜駅のそごうに入っているJOKERさんにはよく行ってました

仔犬をワラワラさせながら展示販売するスタイルは斬新で、見ていて飽きなかった

仔犬の価格は高かったけど、売れ残っている印象はなかったように感じます

 

村山のお店にもよく行きますが、仔犬の価格は一般的なペットショップと変わらなくなりましたね

社会性を身に着けながら販売する独特のスタイルの付加価値がぶっ飛んでいきました

いろいろ真面目にやってきと思うんだけど、どうしてこうなったのかはよくわかりませんが

まぁ一代で築いた会社なのであれば、何も頑なに守る必要もないし

時代背景に背を向けられて、安心して任せられる跡取りがいないのであれば

高く買ってもらえるうちに、会社を売った方が得ですよね

 

ただ寂しいです

犬業界全体としては良くない方向に向かっているかもしれません

 

ホームレスと暮らす犬

以前読んだシーザーミランの本に

《ホームレスと暮らす犬が一番幸せ》といった一文があった

 

ホントそう思う

 

高級なフードを食べて、高い医療を受ける

もちろん大切な事だけど犬が何を求めているかというと

飼い主といつも一緒にいる事なんじゃないかと思う

 

もちろんバランスは大切だし

衛生面、法律、等々いろいろ考えなければならない問題もあるのはわかる

背景がわからないから口を出せないけど

それにしてもこれはあまりにも残酷↓

 

 

 

こだわり

当店のトリミングにこだわり

その一つは『かわいくすること』

お手入れ重視で、飼い主様から《とにかく短く》というご注文を受けても

皮膚の状態が悪く、短くしなければならなかったとしても

高齢で早く仕上げなければならなかったとしても

ここをこう丸くすればもっと可愛くなる! とか常に考えながら

カットしているのを、客観的に見て感じます

 

taka1.png

 

犬も飼い主様もブラッシングが苦手で、しかも毛玉だらけなのにもかかわらず

フワフワカットをご希望された時に、必ずしもご希望に沿わない長さ・・・

よりスッキリさせることを提案する事は時々あります

犬が好きで、犬の負担を実際に強いらなければならないトリマーからすれば

当然の提案であるとも思いますが

先日初めてご来店いただいた方が通っていたサロンでは

逆に足の毛やマズルの毛を短くすることを許可しなかったらしいです

かっこ悪くなるから・・・

いろんなサロンがあっていろんなこだわりがあるなぁと、あらためて感じました

 

 

地域密着の壁は厚かった

6年前の開業時から、『地域に愛されるお店』を目指して店づくりをしてきました

リキペルやホテラーを連れて、いろんな道を探索して

近所の犬は、どこにどんな犬がいるかほとんど把握していました

顧客分布図の旧店舗付近は密に埋まっていました

 

移転してから、予約がとりずらい事もあり

なかなか新店舗のご近所のわんこを受け入れる事が出来なかったうえ

旧店舗ご近所のわんずも何頭か離れていきました

お客様が離れる理由は

①予約が取りずらい ②料金が高い ③僕がうるさい

こんな感じですが、なかなかすぐには変えられないので(-_-;)

当初イメージしていた、『地域に根差す』という部分が

薄れてきています

 

もっと力を蓄えて変えられるところを変えて

もう一度地域密着をイメージしたいと思っています

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6