TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

りんちゃんの動画を作ったら完コピみたいになった。

小さなプードル りんちゃんのプロモーションVTRを撮りました。

先日グリィちゃんねるさんでドッグダイヤモンドの事を紹介していただいた動画が好きすぎて

何度も見すぎたら、自分の撮影や編集が完全コピーみたいになっちゃいました・・。

とか言いながら 挿入の曲も気に入りすぎて ダウンロードしたし 

なんだかんだで寄せてる感はあります

 

 

適切なマッチングを人間が管理する

 今日は日曜のパピパの様子を元にマッチングについてしゃべっています。

書けよ!って思いますよね

書くよりしゃべって編集うする方が楽だってyoutube病ですよね

 

 

 

グリィちゃんねる

2020-06-21 (3).png

 

グリィちゃんねるさんとコラボさせて頂いた話です。

チャンネル登録者9万人と6000人(DD)のチャンネル格差がある事は知ったうえで読んでください。

 

今日の朝7時にグリィさんとDDとで合わせて動画をアップしました。

反響がもの凄く、コメントに返信しなければいけないところですが

グリィチャンネルさんからうちの動画を見て頂いて、そして興味を持っていただいて

このブログに辿りつく方が少しはいると思うのでそのグリィちゃんねるのファンの方に向けて書いています。

 

グリィちゃんねるさんのファン歴は皆様より僕の方が短いはずです。

ただどれだけグリィちゃんと主さんをファンとして尊敬して応援しているか?に関しては

負けないと思います。

そんな話です(笑)

 

 

今回いくつかワンコを紹介しているユーチューバーさんのチャンネルを見て

カット動画としてコラボさせて頂ける人を探してみました。

そんな中でお声をかけさせていただいたのがグリィちゃんねるさんだった訳です。


お声をかけさせていただいた理由はいくつかあって。

 

①お手入れ慣れしてる

お相手の犬をトリミングさせていただくというコンテンツでトリミング自体が苦手だと

どうにもなりません(笑)。
グリィちゃんの動画を見るとパパが丁寧にお手入れしてたり

自宅でシャンプーしたり、そしてパパさんのグリィちゃんの扱いが丁寧だったり。

そういった印象が強かったです。

 

②ユーモア

チャンネルがとにかく面白い。

パパのユーモアのセンスがツボった事が理由のひとつです。

 

③カット映えする

グリィちゃんは毛量があって、カットすると可愛くなります。

普段通ってらっしやるサロンさんも上手にカットしてらっしゃるので、

大幅なカットチェンジが無くても当店の技術が表現できると思いました。

 

④関東在住

これは確証はなかったですが

犬と一緒にユーチューブを楽しんでいる方で、標準語を話してみても

検索するとけっこう遠方だったりするんですよね。

 

そんな感じでコラボを承諾して頂いて実現しました。

 

登録者の話に戻りますが

普通はある程度チャンネルの規模が均衡していないとお互いのメリットを共有できないので

コラボ自体は成り立たない部分があります。

そういった事もご承諾頂いて撮影させていただいた訳です。

 

結果どうだったか・・という部分はグリィちゃんねるさんの動画を見てください(下に貼ります)

近日中にうちのチャンネルで出す、撮影裏場面の動画を見て頂いたら少しわかると思いますが

パパさんの撮影と編集のスキル。 そこにかける時間と情熱が僕の想像をはるかに超えていました。

 

最後に昔からのファンにも負けない理由をお話しすると

これも動画を見ればわかると思いますが

常に相手の利益を優先する方なんですよ

本来我々が持ってる影響力を最大限発揮してグリィちゃんを紹しなければいけないんですけど・・・('◇')ゞ

お恥ずかしい限りです

 

10分強の動画、瞬きせず見てください

 

 

3か月 警戒心あり シェルティー初のパピパ

今日紹介するのは3か月のシェルティーちゃん

シェルティー特有の神経質なところと、パピーならではの柔軟性と好奇心も共存してる感じ

今のうちにどんどん犬や人間と触れて『平気』になってる方が得な感じです。

 

どうやって人慣れ犬慣れさせるのか

 

・性格を把握して好奇心を大きくする

・褒めて自信を付ける事

・パピパなど教育の場に連れて行く

 

水曜のパピパは凄く多くの犬が成長して満足度を感じていました

多くの犬が自立していました

 

 

小さな商店にも理念が必要な時代

サロン経営について堅い話を。

 

コロナで仕事も学業もリモートが急激に増えましたね。

変化に対応できるところと出来ないところで差が出来ました。

学校においては差が明確になりました。

 

公立学校はメリットとデメリットの総量を比較する作業はしないで

0か100かでしか対応できないです。

1人がwifiを導入できなければ学校全体でしない。

私立学校は『将来の為に』導入が前提で環境整備は後から考える。

(少し考えたら誰だって出来る)

 

クレームを恐れてないという側面もありますね。

 

下に貼った動画ではそういう話をしていますが

人も犬も環境が育てます

家庭環境、学校、塾、コミュニティー、家庭、散歩、ドッグラン・・等々

どこに自分(犬)の身を置くかで、どう成長するかが決まってくるんです

 

犬が好きという理由ではなく
○○の為にこの仕事をはじめたというトリマーが今後増えてきます。

 

○○の為にサロンを運営しているというサロンが生き残る時代になります。

 

 

幼犬フードから成犬フードに変えるタイミング

パピーフード→成犬フードへの移行を迷う方が多くて

質問があったので昨日記事にしました。

もっと伝えたい事があったので動画にしました。

 

 

成犬用フードへの切り替え時期

子犬用から成犬用のフードへの切り替え時期についてお問い合わせがあったので

その考えについて書きます。

といってもオンラインサロンでの会員さんの質問に対する僕の持論を転載します

(横着ですいません)

サロン内での質問は病院で避妊去勢用を勧められるけど、どのタイミングで切り替えれば良いのか?です

 

以下回答

 

お疲れ様です。
セミナーでメーカーさんから見解を話してもらおうと思っていましたが、
メーカーさんって基本他業者を批判するような発言は出来ないし、
この質問に対して完全に納得できる回答って出ないと思いました。
持論だけお伝えします。
少し毒吐きます

【病院と療法食メーカーのコラボ】
そもそも「避妊・去勢用フード」というカテゴリーが存在して良いのか業界人は考えた方が良いと思います。
療法食メーカー(ロイ〇〇カナンやヒ〇ズなど)って利益主導型経営になっているので
売れるカテゴリーであればそれで良いと思っています。
そして獣医さんの多くは本気で良かれと思って勧めています。(ここが問題)
①全ての犬が術後太りやすくなる訳ではない。
当たり前ですが、全ての犬に勧めますよね。売りたいから。
②痩せるアプローチが適切ではない。
エネルギーが余剰して太りますが、給仕量が少ないと犬が満足しません。
つまりリピートに繋がらないんですね。
一定量脂質やタンパク率を減らすだけでなく体に良い作用を与えない
品質の悪い繊維質を多く入れたり本来その犬に必要ではないアプローチを強いる
ドッグフードが多い。
③そもそも食べ物としての質が悪い

このあたりの利害関係はこの先当面無くなる事はありません。
興味と倫理観と経営状況のバランスが犬寄りになる事は見込めないでしょう。
でも我々は倫理観で生きていける。永井さんは犬の味方になるべきだと思います。
(獣医という仕事はリスペクトしていますが構造上の問題です)

【なぜ成犬用が間に入らない?】
パピーフード→成犬用→肥満用。
この流れならまだ納得できます。
ではなぜ成犬用ドッグフードが話題に入らないのかというと、
避妊去勢手術のタイミングで病院食に切り替えてもらいたいからです。

もう避妊去勢用フードはこの世に存在しないものとして話を続けます。
どのタイミングで成犬用ドッグフードに切り替えれば良いのか。
その回答は上で吉田さんが回答している避妊去勢用フードを成犬用に置き換えて貰えれば考え方はほぼ同じです。
ざっくり言うと子犬はコロコロで良いと思っています。

個体差もあるし、体質も生活環境も犬種特性もありますが。

予想するに内臓全般は母親のお腹から出てきた時点である程度完成していると思います。
その後どのくらいの期間内臓が成長するかデータを持っていないので想像で話すしかありませんが、
いずれにしてもチワプーのミックスちゃんのフードを成犬用に切り替えるタイミングは
早すぎないで良いと思います。
骨格の成長が止まって1~2か月くらいが目安で、あとは給餌量と肥満かどうかを見ながら決める感じですね。
犬種としてはざっくり10カ月くらいの子が多いのかなと。
肥満だけにフォーカスされがちですが、本来のリスクは肥満だけでなく

内臓や骨格への負担ですね。
高栄養のパピーフードを過剰に食べさせていたり、更にいろんな栄養素を添加していたらリスクはあると思いますがそうでないなら子犬の健全な成長を優先した良いと思います。


まとめ

・避妊去勢用というカテゴリーは無いものと思いましょう。
・成犬への切り替え時期は個体差を考慮して決めましょう。その際の判断基準は太り方ではなく骨格の成長。

 

 

 

 

ぽぉちゃんのトリミング

パピパの初期メンバーのぽぉちゃんことたんぽぽちゃんももう5歳ですって

そんなに長い間パピーパーティーやってるんだぁって感慨深いです

しかも楽しすぎて週に3回とか、もうパピパマニアですね。

 

ぽちゃんはお店でも家でも良く吠えるけど(笑)

トリミング中は超おりこう

あえて言うならシャンプー中、何度もプルプルします♪

 

 

うにが思いのほかイケメンでした(笑)

毎週都内からパピーパーティーに通ってくれている

マルプーのうにくんにご協力いただいて

ファーストトリミングの撮影をさせて頂きました。

 

パピパでは登場後即爆走→終盤疲れるというパターンでしたが

トリミングも同じで(笑)

時間があったので屋上で発散させようと思ったら爆走

トリミングの序盤嫌がる→終盤疲れて寝る(笑)

ある意味予想通り

誤算だったのは 思いのほかイケメンだったって事(笑)

出会った時からボサボサだったからわかりませんでした♪

 

 

1,4㌔ 極少チワワちゃんはじめてのパピーパーティー

小さなチワワちゃんがパピパに来てくれました。

月齢やそもそも体の小さな犬に関しては

参加者全員で守る事から始めます。

人間社会と一緒です

語弊があるかもしれないですが、犬にとって小さい事はハンデです

ラブラドールと極少チワワの社会を同じように捉えては駄目で

目標設定から社会化を育む場所の環境設定までしっかりと意識して取り組まないと

小さな子は「人嫌い」「犬嫌い」になってしまいます。

 

今日はそんなところを動画の中でしゃべっています

飼い主さんも理解度が高いし、チワワちゃんも頑張っています。

 

 「犬の社会化 パピーパーティーチャンネル」を開設しました。

社会化情報は今後このチャンネルから発信します。

チャンネル登録お願いします。

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6