TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG

BLOG CATEGORY

BLOG

back to the source

滋賀県からサロンのオーナーさんが見学にきてくれました

事前にアポイントを頂いていたので

お店の見学とお話と3時間

あっという間に時間が過ぎました

 

開業4年の店舗を経営されていて

今後業務拡大を考えられてます

いろいろ当店での取り組みをお話させて頂きましたが

経営者として悩みは同じで

私が通ってきた道を同じように歩んで

同じように悩んでいらっしゃる

忘れかけていた気持ちがよみがえった気がしました

原点回帰ですね

 

ドヤではなく、追い付いてきてほしい

我々も停滞しているようなメンバーではないですから

もっと高いところに登り続けます

 

20160624ペットホテルの様子

はなちゃんとちゃぁちゃん

パピパでお父さん(お母さん)の傍から離れない

そういう共通点があります

あとお母さんが慎重派?お母さんの影響を受けているような印象が共にあります

可愛い子には旅をさせろ

少しずつ殻を破って、良い方向に変化しています

 

 

エアデールカット

ミディアムプードルの琴ちゃん

飼い主様が以前、エアデールテリアを飼っていたので

いつもご要望は『エアデールカット』です

エアデールテリアって

 

Airedale_Terrier[1].jpg

プードルでエアデールカット???

 

 

プードルのシュナカットなら見た事があるかもしれないですね

こんな感じの↓

img_2[1].jpg

 

いやいや琴ちゃんはエアデールカットですから!

 

そのエアデールカットの琴ちゃんの登場

 

 

 

DSC04972.JPG

 

なかなかのオーダーですが

カット技術があると可愛くなります!

 

 

 

 

手間とコストを考慮しないなら

お店に置いてあるフードについて『オススメ』を聞かれたら

犬の年齢や体格、運動量、希望額・・・etcを聞いたうえでお答えしていますが

ほとんどの場合、ドライフードでの話なので

ドライフードのラインナップからお答えします

 

仮にコストや手間を考慮せず良いものを求められているなら

『sojos&馬肉』や『sojos&K9』とお答えしています

生食メインもしくはk9のみの方もいらっしゃいますが

単体だとたんぱく質の割合が多いため

十分な栄養を摂れる量を食べたとき≪過タンパク≫になってしまう子が多い

 

たんぱく質を摂りすぎているかどうかは

個体の筋肉量や運動量にも因るのですが

一日30分程度のお散歩のみの愛玩犬では多いかもしれません

 

81JIauT9CNL._SL1500_[1].jpg

sojosを使用する理由はその子に合った割合の栄養素を摂る事ですが

happy-trim23 - コピー (3).jpg

 

 

happy-trim23 - コピー.jpg

 

販売しているsojosはグレインフリーなので

水に一晩漬けているだけで、そのまま使えます

冷蔵庫に保存しておけば数日分一度にふやかせますし

レンジでひと肌程度に温めれば、良い香りがして

喜んで食べてくれます

sojos &生馬肉 sojos&K9 ワンランク上のごはんとしてオススメです

 

 

 

無麻酔歯石取りイベント

 

ご迷惑をおかけします新規のトリミングの予約受け付けは一時中止させていただいております
パピーパーティーは17:00~18:00に変更しております

 

 

 

 

人気イベント『無麻酔歯石取り』今後の予定と予約状況です(6月22日現在)

happy-trim23 - コピー.jpg

 

6年前の開業当時、トリマーが口腔内のケアをする事は

『医療行為だから』という理由で、ご法度でした

今はある程度認知されていて、メニューに組み込むお店も増えています

私は何が正しくて、何が正義か・・・そこを見極める事は得意だと思っています

経験に基づいた『技術』と『知識』が必要です

動きますから、歯肉を傷付けるリスクもあります

一時的にスポットが広がる事で、施術後の家庭でのケアも重要になります

犬高齢社会、家族化、多頭飼育、肥満・・・etc

やはり必要なものは必要で、良いものは広がります

これは世の中の摂理です

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆認定ドッグハイジニスト 加園三奈さんにによる無麻酔歯石取りのイベントを開催します☆

 

愛犬の歯に歯石は付いていませんか?

最近口臭が強くなっていませんか?

高齢になってきて、歯磨きをしているのにそれでも部分的に歯石が・・そんな事はありませんか

気になっているけど、病院で麻酔をかけて手術をするのは怖い

 

病院での歯石取り手術とは違って、麻酔によるリスクがありません

あくまでケアと考えて頂いて、気軽にチャレンジしてください

※下記注意事項を読んでください

 

ではそのケアと病院での手術に、仕上がりの差はあるの?

 

僕の個人的な感想としては、ほとんどありません

病院で麻酔下で手術する際のメリットは、やはり犬が動かないですから

細部や裏の、口を大きく開けないと施術しにくい部分もケア出来きます

ディープクレンジングが出来るというメリットを謳う先生もいますが

一生に一度ポケットを掃除したところで何も変わりません

重要なのは定期的なケアだと私は考えています

一般的に言われる、スケーリングで歯の表面に傷がつくという事に関しては

取り方によるものが多いです

丁寧に取れば、影響は少ないと私自身感じています

 

 

 

 

カウンセリング→施術→ケアの案内 等々含めて1頭あたり1時間を予定しています

 

 

☆施術料 ¥10000(税抜)☆

 

 

☆先生の紹介☆

認定ドッグハイジニスト 加園三奈

認定用写真.jpg

 

このイベントを開催するにあたって

先日先生にペルルを施術して頂きました

その時の様子↓

歯石とり.JPG

ペルルは施術はさせてくれるとは思っていましたが

体勢も無理のないように配慮しており、

とにかく優しく褒めながらの施術

 

歯磨きですら嫌がる、グラついた前歯の歯石や裏側まで、

想像していた以上にかなり細かいところまで

綺麗に取って下さいました

 

そして夜いつものようにお腹の上に乗ってきて、歯磨きをさせてくれるではありませんか

ケアを嫌がるようになっていないし、歯肉に違和感が無いんだと思います

 

力任せにカリカリと削って歯に傷をつける方法は

とっていないので、歯の表面はきれいです。

 

 

☆注意事項☆

下記注意事項を読んで頂いたうえで、参加をご検討ください

 

 

注意事項.jpg

 

20160623ペットホテルの様子

昨日からの保育組にうめこ、ちゃあちゃんが加わり

賑やかなホテルでした

いっぱい遊んで、学んだ事でしょう

最年少レイラからうめこ・・・ふく・・・カイ・・・ひなちゃんと

保育組も各年代別に参加してくれて、

経験を積む事で大人になっていきます

 

 

 

20160622ペットホテルの様子

パピパに通ってくれてる年代の犬達が

わらわら保育に集まってくれて、賑やかなホテルです

どんどん遊んで、犬らしく!

自立した大人犬になってね

 

うめこしか動いていないから

頭数も少なくまったりムードのホテルです

うめこを除いて・・・

DSC_0314.JPG

うめこしか動いていないから、ほとんどの映像に映っています

 

ソリコミからの卒業

ソリコミスタイルから脱却したい旨

控え目な飼い主さまから受け取り

カットチェンジしましょう!という事で

先日のトリミングで耳高が完成(正確にはあと少し)

無事カットチェンジ作業が終了しました

 

途中モフモフアフロ状態に挫折しそうになったそうですが

なんとか踏みとどまっていただき(笑)

完成したジョーくんが

 

ジョー.jpeg

 

 

もうソリコミ時代に戻す訳にはいかないので

そこは担当トリマーがしっかりと管理しています

 

 

DSC_0101.JPG

 

昨日インターン生との面接で

『どうしてこんなにお客様が離れないんですか?』って聞かれました

 

私は時々、経営者目線ではなく

スタッフ達の仕事を客観的に見る事があります

笑顔でお迎えして、集中して可愛くして本当に頑張ってると思います

それが答えだと思います

 

 

 

 

シニアフードへの切り替え

いつからシニアフードへ切り替えたらいいですか?

時々質問を受けます

 

そもそもシニアフードって必要なの?という話から入ります

オールステージ対応と謳っているフードも少なくないですから・・

 

結論としては、シニアフードという考えはあってしかるべきですが

個々の運動量・筋肉量・内臓の強さ・・・等々

なおかつ与えようとしているフードのシニアへの考えも加味しなければならないので

一概に何歳からとは言えないです

 

余談ですがオールステージ対応を前面に出していると商業的だと思います

子犬には仔犬の、青年期には青年期の、高齢期には高齢期の

適切な栄養価と言うものがある事は、分かりきった事

 

 

旧ブログでかなり辛く書いたカナガン

『シニアフード』でネット検索すると、リスニング蘭に出てきますが

オールステージ対応を謳っていて(汗)

サイト内では買収された獣医師が、『各年代のフードなんて必要ない!』的な事を書いています

 

happy-trim23 - コピー.jpg

 

ただ本国のサイトを見ると、細分化されたフードがラインナップされてあって

もちろんシニアフードも作られています

happy-trim23 - コピー (2).jpg

いろいろラインナップ(を輸入)するのはリスクが多く、儲けられないという

実に商業的な判断です

 

余談でした

 

では何歳から?

の前にシニアフードはどのように内容が変わるのでしょうか

当店に常時おいてあるフードのうちシニア設定があるのは

ロータスとアーテミスフレッシュミックス

共に緑イ貝やコンドロイチンなど軟骨形成成分の含有率が上がっている他

 

ロータスシニア↓

happy-trim23 - コピー.jpg

成犬用に比べ粗タンパク量と脂質ともにかなり減らしています

 

 

 

アーテミス ↓

happy-trim23 - コピー (2).jpg

 

粗タンパク、脂質共に成犬用に比べ減らしていますが、大幅ではないです

 

 

つまりシニア用と言っても、商品によってコンセプトも違うので

開始年齢、銘柄共によく精査する必要があります

 

個人的には、お散歩に元気よく出ているのであれば

シニアフードを選ぶ必要はないと思っています

良質なタンパクは身体を維持する為に必要です

 

またまた余談ですが

先日躾の相談に来てくれた子がガリガリで

happy-trim23 - コピー (3).jpg

このフードを食べさせているらしいですが

よく見ると、トッピングありきのドライフードで単体ではタンパク18%

18%というとAAFCOの成犬基準の下限値です

身体が壊れかけていました・・・

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6