TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > シニアになって気を付ける事

BLOG

シニアになって気を付ける事

動物医療の発展や飼い主さんの意識の変化によって

犬の寿命は近年確実に伸びてきています

 

そんな中よく質問されるのが

 

『うちの子シニアですか?』

『シニアフードに切り替えた方がいいですか?』

 

お答えする場合に多い回答は

『いやいやまだシニアではないでしょう・・・』

 

 

ドッグフードのパッケージを見るとメーカーによっては

7歳くらいからシニアフードに切り替えましょうと書いてある

だから飼い主さんが疑問に思う

 

厳密に言うと

その子の運動量や筋肉量などから予想する代謝や

与えるフードのメーカーが謳っているシニアの定義を

擦り合わせる事が必要になりますが

そんな厳密な話ではなく

 

 

多くの場合が・・・めっちゃ元気だから・・・(笑)

 

でも厳密な部分でも把握しておく必要はあって

それは血液検査の数値

 

人間だってシニアになるといわゆる『素食』になりますよね

お肉よりお魚、野菜・・・と

それは体が欲しているからであって

もちろんたんぱく質を摂取する事は大切ですが

体が求める感覚も大切です

 

犬の場合は食事を自分で選べないですから

そこは飼い主様が適切なものを選択するしかありません

 

 

まだまだ元気なシニア世代さしかかりのプードルちゃんが食べているもの↓

 

オリジンシニア①.jpg

 

coffee_logo_youtube7 - コピー.jpg

 

 

ミールとノンミールが混ざって原材料表示してあるので正確な数値ではないですが

8割位はタンパク源だと思います

 

アミノ酸スコア値の高い良質なタンパク質を摂取する事

内臓が疲弊してくるシニアにとって凄く重要な事ですが

合わせて重要な事は『適量』である事

 

 

我が子にとって合う合わないを見極める事は重要ですが

この会社のシニアフードにあう子は現実的には少ないんじゃないかなと思います

それは現代における日本での犬の飼い方と照らし合わせてそう思います

 

 

 給餌量を制限するのとも違います

あくまで適量(満腹感)食べてビタミン・ミネラル・脂肪を適量摂ってという話ですから

 

この高蛋白・高脂肪が合う合わないという話です

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6