TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN

BLOG CATEGORY

COLUMN

就活の主導権は学生が持つべき

来春専門学校を卒業予定の学生さんがお店の見学に来てくれました

卒業までにはまだ1年以上もありますが

卒業後の就職先選びも視野に入れた、サロン見学だと思います

 

1年生の菊村・服部も一昨年の春、見学→面接→研修から当店で働くようになりました

今日お店に見学に来てくれた子と同じように

1年生の二人は、比較的早いタイミングで就活を初めていた事もあり

内定を出した時に条件を付けました

《他のサロンも見て、出来れば働いてください》

 

20年も前の話ですが、僕もそうでした。気持ちはわかります

当時僕は正直冷静ではなかったです

就職先が決まるかどうかは、かなりプレシャーがかかりました

内定をもらったらそこに勤めたいと、義理人情がある人ならそう思ってしまうかもしれません

でも逆に言うと

ただでさえ、学生にとっては冷静になれているかわからない状況ですから

いろんなお店をみて、実際に働いて冷静な判断基準を持って

その結果、内定をもらった会社(お店)の中から自分の就職先を決めれば良いと思います

 

主導権は学生が持つべきです

 

企業に人材が不足している昨今

入社誓約書を書かせる企業もあります

内定後は一切他を見ないように・・と言うところも

僕はうちに来て、100%損をさせない自信がないだけなのかもしれませんが

やっぱりそれは違うと思います

 

学校によっては困るかもしれません

就職率が気になるところですし、内定をもらって断るのは失礼だと教えているかもしれません

 

 

もう春も近いですね

本気でトリマーという職業でがんばっていこうと思っている学生さんは

どんどん見学に来てください

1日でも2日でも、一緒に働いてみてください

真実は現場にありますから

 

 

 

DD外観.png

 

 

 

グアムに行ってきました

8日~12日まで社員旅行でお休みを頂いていました

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした

トリミングの日程調整等々ありがとうございました

また、お店の電話もつながりにくくご迷惑をおかけしました

 

 

社員旅行は今年で3回目です

僕自身、サラリーマンの時は(特に若い頃)かったるいな~って思っていたし

会社にありがたみを感じていなかったから

企画する事がどうなのか?迷う部分もあります

まぁ僕の場合は行ったら行ったで超はしゃぐんですけどね(タチが悪い)

 

女性ばかりの職場ですしね

でもいつも頑張ってる事への労いはしたい

行きたい!っていう声に応えて企画しました

 

いろいろ気を使いながら行く訳ですから

行った先が楽しくないと・・と思って

ハワイに連れて行ってあげたかったんですけど

今年は無理でした

来年企画するならハワイにしたいです(僕は行った事ありません・・・)

息子が3歳くらいになったら、一緒にハワイに行きたいです

 

 

 

 

 

 

目標設定②

保育を営んでいる人は皆憂いていると思います

どうしてそんな間違った情報の中で育ててしまったのか・・・

 

現代的ではなかったり

データに基づいていなかったり

大事な事にウエイトを置いていなかったり

そんな情報が蔓延しています

 

《社会化》ってもっと重要だと思います

 

EPSON009.JPG

仔犬を飼いはじめた方に

簡単にまとめた冊子をお配りしていますが

伝えたい情報の一部だし

ご来店して頂く一部の方にしかお渡し出来ないですしね

 

仔犬を育てるために、本当に必要なバイブルが必要です

そんな本を出版したいです

 

 

 

明確な目標設定①

4年位前、ブログで【移転日誌】なるものを書きました

移転するぞの意思表示→物件探しなど綴っていきましたが

物事は明確な目標設定があるからこそ、実現するのだと思っています

今何かを設定しているかと言うと、いくつもありますが全てにおいて具体性が欠けています

でもそれでは駄目ですよね

やりたい事があったら妄想して具現化させる準備をしないと

 

 

家庭犬にとって《社会化》がどれだけ重要か

そしてどれほどの飼い主さんがその重要性を認識しているのか

そのあたりのギャップに違和感を感じています

 

社会化機能を充実させたホテル棟の建設

 

飼い主が飼育を放棄する犬は後を絶たないです

ボランティアで終の棲家を探す活動をする人には頭が下がります

ただ同時に供給過多の現状を改善しないと

蛇口を閉めないと、堂々巡りになりかねないです

行政による繁殖を生業にしている業者への規制が必要な事は明白ですが

いろんな事情があるのでしょう、なかなか進まないです

 

僕が出来るサポートは一時預かり機能と社会化促進機能を備えた施設の建設

 

本来《犬らしい良い子》が飼い方を間違った事で

手放さなければならなくなる、そんな状況を未然に防ぐ事も重要だと思います

 

 

dogdiamond_004_01[1] - コピー - コピー (2).jpg

倉庫みたいになっちゃてるけど

全天候型ドッグランで毎日頭数限定での無料パピーパーティーを開催

繁忙期には70頭位預かれるスペースが必要なので

どう安く見積もっても1500万くらいかかるかな

定期借地で土地を貸してくれるトコがないと成り立たないけどね・・・

 

 

 

 

 

客観的に犬を見る

ブログにコメントを頂きました

ドッグダイヤモンドを利用した事で我が子を“客観的に見る事が出来た”

 

この客観的に犬を見るという作業

比較対象がないとなかなか難しい作業です

 

動物病院さまからご紹介を頂き飼育の相談をお電話で頂きました

生後10か月という事もあり、内容も内容でちょっと急がなきゃ駄目だと思い

押しかけてきました(-_-;)

あ、叱ったら咬みついてくるそうです・・

 

犬種はシェルティー

個人的には性格・気質に関しては個体差がある犬種だと思っています

飼育がうなくいかない要因のひとつでよくあるのが

先代と比べてしまう・・・

予想通り、先代のシェルティーちゃんはおとなしかったようですね

 

でもね、それ当てはめても意味がないんですよね

今の子の性格、思っている事、どうしてそういう行動をとるか

その子の立場で考えてみないと

広大な敷地を走り回って、活躍してきた犬種ですから

それ相応の覚悟が必要な犬種と言えます

抱えているストレスをなるべくフリーにして

不要な押し問答は“0”に近づける

関係性の再構築に勤めるべきです

 

1歳になったら変わるかな・・・

いや、変わらないです

飼育方法を180度変えてくださいと言っている訳ではない

原因のひとつであるお父さんを筆頭に

家族が考え方を少し犬寄りに変えてあげる

まずは謝って、一緒に歩む

 

突然押しかけておせっかいを焼いた訳ですが

限られた時間の中でお話したことのひとつ

 

ブラッシング

 

嫌がるから手早く済ませようとしていた

これも逆です

嫌がらない方法で、今よりもっともっと時間をかけて

優しくブラシしてあげる

お父さん咬まれてもいいように手袋してたみたいですけど

仮に咬まれても痛くない手袋があったとして

何度も咬まれている人がその手袋をはめた時

咬んだ気持ちを尊重して、優しくなれますか?

なれるのならその方法を尊重しますけど

咬まれる怖さから解放されて作業が荒くなるのなら

止めてください

 

保育が必要な訳でもなく

プロのトレーニングが必要な訳でもなく

一日も早く飼い主様が意識を変える事

ここに尽きます

 

他の追随を許さない

娘の誕生日に写真撮影をしてきました

5か月の時、1歳の時と同じ 『LIFE STUDIO 国分寺』です

初めて行った時は、サービスの高さとクオリティに感動しましたね

6か月先までネットで予約が可能なのですが

予約解禁直後にその日の予約が埋まってしまうという人気ぶりでしたが

1年半経って、様子が変わってきているようです

1453906519329.jpg

 

商圏を考えると、同列店舗の増加というよりは

模倣店の増加。これに尽きると思います

ハードはなんとか真似出来ても

サービス全体としてなかなか真似出来ないんじゃないかと思っていましたが

やはり追う方も必死ですよね

 

 

ドッグサロンもサービス業ですから基本一緒です

全国トップのお店は、サービスも技術も常に高い水準をキープし

革新的なカットやサービスを常に生み出しています

消費者のニーズにも敏感に反応して、弱点は作りません

我々は追随します

 

追う速度を増さないとね

ずっと模倣してたくはないですからね

 

保護活動

dogdiamond_004_01[1] - コピー - コピー.jpg

一昨日、TVで滝川クリステルさんが行っている保護活動のドキュメンタリーが

放送されていたそうです

こういった知名度、そして好感度のある方がメディアに登場する事は

凄く良い効果をもたらしますね、番組は見ていませんが

現実をリアルに伝えてくれたのではないかと思います

 

TV制作会社から、制作の協力依頼等々が時々きますが

全般的に言うと “どうでもいいような内容” ばかりです

ほとんど即断ります

『その企画そもそも犬の為にならないから止めた方がいい』と忠告します

 

志村動物園のこういう企画は、最たるものですね↓

良い影響も残すのかもしれませんが、当事者達の気持ちはそっちのけです

※某ボランティアさんの記事の一部を抜粋↓

 

dogdiamond_004_01[1] - コピー - コピー (2) - コピー.jpg

 

 

 

 

【ペット販売やめ犬の譲渡先探しへ、岡山のショップ】

 

テナントの大きさは据え置きで生体販売での利益を捨て

その場所で非営利活動をしながら商品販売や美容で運営していく訳ですから

企業努力がないと成り立ちません

こういった記事に共感して、多くの人が利用してほしい

成功できるモデルとして頑張ってほしいですね

 

 

 

東京都愛護センターHPより↓

 

dogdiamond_004_01[1] - コピー - コピー.jpg

 

時々こういうのありますね

多頭飼育の崩壊なのか、よくわかりませんが

どんな環境で育ってきたのか想像するといたたまれないです

 

 

遊びの力

寒い中パピーパーティーに参加頂きありがとうございます

ワンコ達は元気に走り廻ってましたね

 

僕も子供(小学生)の頃は遊んでばかりでした

広島の田舎で30数年前の当時、『お受験』なんて言葉も知らず

毎日ひたすら遊んでました

でも今こうして生きてます

 

何が言いたいかと言うと・・・遊びも大切ですよって事

パピパに参加して走り回って、遊んでるばかりなワンズ達ですが

人間が思ってる以上に、遊び以外のいろんな事を覚えています

遊びを通して、確実に社会性は付いてきます

そしてパピパの遊びの雰囲気はこれに近いものがあります↓

 

 

 

 

なつかしい動画ですね

なんで皆踊りだしたの?

最初から踊りたかったからです

潜在的に

自分の気持ちを開放するきっかけを作ったに過ぎないです

 

空太だって潜在的に遊びたいんです

だからきっと遊べる時が来ます

たんぽぽ・スーキー・ベルちゃん・・・・遊びのリーダーが沢山いるから(笑)

 

今日のパピパの様子↓

 

こだわりが無いと置けない

ある代理店さんから、ドッグフードのサンプルが送られてきました

サンプルって言っても1㌔の袋が郵送されてきましたからね

いかにお店を選んでいるとは言え、面識もない全国のショップに1㌔の袋を送って

そのコストはペイ出来るんですかね

 

比較的真面目なフードですが

当店に置いてあるフードは一定の基準があって

その基準に外れると、置くことはしません

 

今回送られてきたフードはたんぱく質源であるチキンがミールのみでした

だから置くことはありません

 

ノンミールにこした事はないですが

やはり現実として、コスト高に繋がります

ただ良いものを造ろうとする姿勢が、フード製造メーカーから

見えてこないとやはりオススメ出来ないです

 

姿勢って大事ですよね

嘘はばれますから

 

 

 

子供を見つめる母親の笑顔

以前飼育の相談に来てくれた飼い主のお母さんがお店にお礼に来てくれました

とても『嫌い』 『捨てたくなった』 と思っていた方の表情ではなくなっていました

 

時々道端で見かける『幼子を見つめる母親の表情』

あの時送迎中みかけた“わがまま坊や”を抱いたお母さんの表情は

まさにその母親の表情そのものでした

 

先日お見かけした事、表情の事を伝えると泣いてました

 

 

 

ごはんを食べている時、近くを通ると唸る

食器に手を入れると咬む

今ホテルの子で言うと・・カイかなw

 

ざっくり言うと『育て方』になってしまいます

幼少期の食事制限はホント止めてほしい

 

以前にもお伝えした、近所に出来たペットショップ

11時にOPENで11時30分頃にまだ犬舎の掃除をしています

何が言いたいかというと

『食事制限』しているんです

 

OPEN前、早朝に仔犬管理の社員が出社して

寝床の掃除をします

便の状態、健康状態を開店業務や接客に追われる事無く

こなさなきゃならないですから

そしてその時点で朝食→昼食→夕方→就寝前(閉店後) 

ベストかどうかはわかりませんが、このくらいは必須です

仔犬の胃袋や消化吸収能力を考えるとこうなります

 

ただ11時から掃除を始めるとお昼に朝食

閉店前に晩ごはんで終了

人件費をかけない営業スタイルです

経営スタイルに無理がありますから、しわ寄せは犬の体きます

 

与えられた時食べないと!

本能的に脳裏に刻まれますから

家に迎えてから、仮に適正な給仕量を給餌回数与えたとしても

お皿の中にごはんが無くなっても、執拗に舐めまわすような行動が出ます

ごはんへの執着が強くなりすぎます

 

それだけで唸ったり咬んだりはしないですが

育てていくうちに、誤食したものを取り上げたり

欲しがる事を窘めたり

そんな過程の中で『取られるくらいなら咬む』という発想になってしまします

 

 

前述したように、犬が悪いわけじゃないんです

無理に直す必要はないです

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6