TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN > 販売責任②

BLOG

販売責任②

製造メーカーでもなく、輸入代理店でもなく、問屋でもなく

一小売りがお店で販売するドッグフードが犬に与える影響を

手間暇かけて管理する

 

昨日の男前の話ですが

国内のドッグフードメーカーでそういった管理を、経費をかけて行うところは無いと思います

ペット関連企業の特許一覧を見ても、犬の体を想った発明は皆無でしたし

日本全体のペットに対する捉え方が道徳に反していますから

 

ワクチンに関しても同じことが言えます

製造メーカーが毎年の根拠を明示しない

4年位一度という国があるにも関わらす

メーカーがしないなら小売り(獣医個々)ですれば良いだけの話ですが

そんな事している獣医さんに会った事はありません

 

 

仮に仲間の獣医と協力して

年に10頭10件の病院が賛同してくれれば

100頭が確保できます

飼い主さんとの協力は必須ですが

各病院が10頭 毎年抗体値検査に出せば 経費は各病院年6万円位

でも100頭のデータが集まります

抗体値の推移と、罹患例を見比べれば

自分のところの病院の指針くらいは出来ると思う

 

 

でも実際そんな事する病院は無い

売り上げが減るから

 

そんなの、自社のフードが与える愛犬の内臓への負担を聞いた時に

“そんな事例は聞いたことない”とすっとぼける輸入代理店の対応と

なんら変わりません

 

男前のオーナーがもし獣医なら

自腹切ってデータ集めると思うな

 

多分私が獣医でもそうしてる

 

ちなみに仮に人生やり直せるなら、私は獣医になってると思う

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6