TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > SCALING

BLOG CATEGORY

SCALING

8週齢の是非

 

P10308951[1].jpg

 

栃木県のブリーダーが告発

実際は10度の是正勧告を無視

10年かかってやっと廃業

 

動物愛護法という法律が日本にはありますが、あまり機能していないようです

権限を持たされない動物愛護センターの職員さんも気の毒としか言いようがない

誰だってこんな環境、何度も見たくないですから・・

 

動物愛護法

5年毎に改正されますが平成24年の改正の際に大きな焦点となった『親離れの時期』

結局は緩和措置がとられ、段階的に『56日』になっていくようです

緩和措置がとられた経緯の中に

子犬を販売する業者からの圧力があったようです

科学的根拠がないという主張、現実は

小さくないと売れないから・・・

 

何とも幼稚で短絡的な理由ですが

仮に29年の改正で、8週齢まで出荷が禁止されたとして

↑のような繁殖業者に長く仔犬を置いておくのが良いかというと

早く離してあげたいですね

 

最悪のブリーダーを想定しても仕方ないと言われるかもしれませんが

ではどこに優良なブリーダーがいるのでしょうか

 

私がブリーディングを仕事として始めるとして

防音設備と、親と子供犬の運動エリア

出産前後の個室・・・

都下に住んでいますが、採算とれません

つまり都会では厳しいです

 

 

 

 

↑国立のWANLOVEさんが14分30秒から登場します

流石に良い事を言っています

将来は親兄弟と分かれて、個々の家庭で暮らしていく訳ですから

どんな環境でどんな生活をするかが重要で

 

小さくないと売れないから40日

3か月までは親と一緒に・・・

極論をぶつけ合う事が不毛だとは思いませんが

子犬達が、大切な時期過ごす環境こそが重要ではないかと思います

 

 

仔犬を販売する事

仔犬を販売する事を、業界では『生体販売』と言います

ペットショップでアルバイトをはじめた時、このワードには凄く違和感を感じました

逆にこういう表現が残っている事に、業界としての未成熟さを感じた事を覚えています

 

古い感覚でずっとやってきているんです

生き物に対する扱いだったり、動物愛護に関する考えだったり

人間として先進的ではないんです・・・業界が

 

『生体販売』と検索すると反対意見がずらりとヒットします

 

生体販売から撤退して、譲渡犬の里親を募集する経営スタイルに変えるペットショップが

いくつか出てきているようです

凄く良い事だと思います

ただ月に数百万の利益を出し続けている『仔犬販売』部門から撤退

した訳ではないような気がします(憶測です)

薄利か赤字の部門から退いただけなのかもしれません

美談にするな、とかそんな事を言っている訳ではない

むしろ上手くメディアを使って、『里親』になるという事が

当たり前の世の中になってほしい。そう思います

 

何が言いたいかというと

純血種なりミックスなり、仔犬を飼いたいと思う人が大幅に減る訳ではなく

生体販売から撤退する程の、動物愛護精神のあるお店がなくなる事で

薄利多売系のペットショップが増えるんじゃないかと思います

オークションで安い犬を大量に買って、薄利で販売するお店の力が拡大する事で

ブリーダーの質も相対的に下がります

 

ブリーダーから直接飼うのが一番

なんて言ったところで、良い環境で幸せに仔犬時代を過ごさせてくれるブリーダーが

どの位存在しますか?

 

撤退する勇気も評価しますが

仔犬を仔犬らしく育成しながら販売するお店も増えていかなくては

日本は駄目な気がします

 

ジョーカーが潰れ(吸収され)ましたが

仔犬の販売方法に関しては、他のペットショップとは一線を画していました

理想を追及して、わかる人に対価を払ってもらう

こういうお店が増えなければなりません

 

『PUPPY』というブログカテゴリーを追加しました

以前仔犬の紹介をさせて頂いていた時期がありました

今後も関わらせて頂きたいと思っています

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6