TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > TRIMMING BLOG > 現役最年長のダックスキウイのシャンプー

BLOG

現役最年長のダックスキウイのシャンプー

シニア犬のトリミングについて

【シニア犬の定義】

何歳からシニアなのかと言われると、『個体差がある』としか言いようがない

犬種によっても、その子の素質や体調によってもシニア期に入る年齢は違ってきます

 

他のサロンさんで年齢制限で断られた子がドッグダイヤモンドに来ます

新規の受付が出来る状態であったならば、本来は真っ先に受け付けないと駄目な子達ですね

 

ドッグダイヤモンドで『高齢』という理由だけで断らないのは

・そういうルールだから

・近隣獣医さんとしっかりと連携出来ているから

・経験の豊富な元医療従事者がいるから

 

もちろんそういう事が理由でもありますが

 

一番の理由は『信頼関係』だと思っています

 

トリミングの予定の日に都合がつかなくて連れて行けない・・・

そうなった時に、『鍵を預けるから勝手に家に入って連れてって』って言われた事があります(笑)

 

逆に先日送迎に行ったら、飼い主様がトリミングの事を忘れて

出かける用事を作ってしまったという事がありました

 

夕方に戻るから、それまでお店で預かって、と依頼されましたが

そもそも僕は意味の薄い預かりは好きではないし

その子も預かりが得意じゃないので

『僕に鍵を預けてください、玄関開けて犬だけ返しておきますから』という提案をしました

 

普通じゃないと思いますが、犬の立場の方が優先順位が高いのでそうなります

 

シニアの犬をトリミンングする事が信頼関係という事は逆も言えます

つまりシニアの犬を預からない理由は、事故があった時の事を考えてではなく

事故があった時の『訴訟』を考えて・・・・なんですね

 

悲しいけど、現実です

 

優先順位が『犬』だと犬には訴訟は関係ないから受け入れる

単純な理屈です

 

今日は現役最高齢のダックス キウイ のシャンプー

先日19歳になりました

20歳までがんばったアロゥ君を追い越して、穏やかに長生きしてほしいものです

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6