TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > SATOOYA > ビーの事(殺処分0)

BLOG

ビーの事(殺処分0)

ビーを洗いました

DSC_0454.JPG

 

トリミングの予約が12月末までびっしり

100%以上入っているので

どうしても閉店後のシャンプーになってしまいます

時々大はしゃぎするビーですが、昼間は寝ている事も多く

落ち着かない時は2階で休む事もあります

1472656246308.jpg

ひかりはビーの事が大好きですが、片思いかもしれません・・・

歩と一緒でも全然平気です

ビーはそんな子です

 

 

無責任な飼い主のせいで、『今日死んでもらいます』

 この記事の中で、中型犬達が口から血を流しながら

ドリームボックス(単なるガス室)の中で死んでいく画像があります

 

タイミングが合わなかったら

ビーも苦しみながら死んでいかなければならなかった『可能性がある』

こんなに《いい子》が信じられないですが

全てが人間の都合でしかありません

 

東京都の愛護センターは現在預かりの頭数は少な目で

殺処分0は、数字上は十分現実的な数字だと思います

 

《小池知事 動物殺処分0速やかに》

アニマル・ウェアサミットという人間と動物が幸福を共有できる社会を目指す会合内で

東京都の殺処分0を目標として公言しました

 

先日の衆議院選挙でも公約として『殺処分0』を掲げる人は増えています

国民の関心がある事に他ならないですが

キャッチーでも、何でもこれだけ影響力のある人が公の場で発信する事自体

前例がなく、喜ばしい事だと思います

 

何か一つで変わる訳がない

蛇口を閉めろ!そういう風潮になっている傾向もそれはアリで

前回の法改正では閉めなかったから

(※ネット販売の規制はありましたが)変化を感じられない訳で

展示販売禁止とか、今の日本では現実的ではないと思われる事も

真剣に、当事者が議論しなければならない

 

知事が言ってる2020年を前倒し

人間教育から始めるのは一番早い

まさにこれで、言ってる事違うように感じるけど

先日の記事でも書いたように

法改正で役所が引き取らなくなったら

引き取り屋が暗躍するようになって

殺されないけど、ただただ生かされている犬がいて

ペットショップやブリーダーで処分しても

トレーサビリティーが義務ずけられていないから何もわからない

目先の事もどんどんやらなきゃいけないけど

無責任な飼い主を無くす

無くす事は無理でも恥ずかしいと思われる世の中にするには

人間教育は不可欠だと思います

 

DSC_0132 - コピー.JPG

いわゆる《雑種》が人気があるようで・・・

保護した感なのかどうなのか、良くわからないですが

そんな事はどうでもいいですが

出来れば近所で、とか言ってる場合でもないのかもしれませんが

ビーの事よろしくお願いします

 

happy-trim23 - コピー.jpg

 

※現在10キロ超えました!

※多頭飼育も大丈夫だと思います

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6