TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > ドッグフードを開発するなら、ある程度勉強してからにした方がいい

BLOG

ドッグフードを開発するなら、ある程度勉強してからにした方がいい

当店に置いてあるドッグフードの中でも

注文の㌔数だと上位に入るドッグフード工房の自然食

4月23日の注文分から価格とパッケージの内容量が変わります

 

1キログラムの袋 5㎏の袋を廃止

 

→800グラム (¥1840税込) 馬肉・鶏・中粒・小粒共

  2.4キログラム(¥4520) 馬肉・鶏・中粒・小粒共

  5.8キログラム(¥10240)馬肉・鶏肉共 中粒のみ

 

ケーキ - コピー - コピー - コピー.JPG

 

 

1キロの中粒は馬・鶏肉とも800gで同じ価格なので、値上げになりますが

元々の価格設定が品質よりも低く設定してあったとしか言いようがないです・・・・(^_^;)

ご了承ください

 

《お値段以上》

価格よりも良いものなんて世の中にはそうそうありません

規模で効率をあげるか、よほどの企業努力をしなければならないですね

 

ここのメーカーのごはんは価格は安いですが

お値段以上に真面目に作っています

 

写真販売システム - コピー (3).jpg

 

 

写真販売システム - コピー (2).jpg

 

 

お店に置いてある冊子の中身です↑

私も契約の際、工場に行って隅々まで見させて頂きましたが

市場で仕入れた野菜を蒸し器で蒸すメーカーは、そうそうないと思います

原材料も工法も素朴ですが、手の込んだ手作りを商品にした感じです

 

 

 ちょっと話は変わりますが

このドッグフード↓

 

ケーキ - コピー - コピー - コピー (2).JPG

 

 

 

昨日お客様からこのフードのサンプルをもらって食べさせていると聞いて

ホームページを見てみました

お肉の問屋業を営んでいる方が作ったドッグフードのようですが

サプリの添加無しで、豚肉と牛肉とサツマイモと人参とかぼちゃで犬の栄養価がカバー出来たら

誰だってドッグフード作るし、手作り食だって作ると思います

 

これで動物の栄養価が賄えるなら、いろんな種類の野菜を栽培したりしないと思います

 

これを主食として与えるのであれば、給餌量をしっかり考えないと駄目だし

内臓への負担がかかる可能性があると、ホームページで注意喚起していないと駄目ですよね

 

ナトリウム1.87% 

カリウム13.6%

カルシウム0.56%

マグネシウム0.71%

 

全てAAFCOの基準値の範囲外です

オヤツとしてならアリですが

 

《究極のドッグフード》と謳っていますから・・

 

お肉の問屋さんなので、原材料も安いし

人間用として流通出来ないものを、効率よく使えて

とても良いと思います

少なくとも余った小麦粉をドッグフードに変える日〇製粉よりは真面目だと思います

 

でも飼い主様が間違ってこれだけを与えていたら

健康を害する犬が出てくる可能性は高いです

 

ドッグフードのプロやアドバイザー無しで、製品を作るのは危険です

犬は自分で食事を選べないので、そこは外せないと思います

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6