TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > 情報を見極める②

BLOG

情報を見極める②

お客様からのご質問

プレイアーデンというゴハンを与えているけどこれどうなの?

 

1.jpg

 

ご質問を受けたら、正確な情報をお答えする為にサイト内の情報を精査します

まずスクロール系のサイトではなく、しっかりと作り上げているサイトですね

 

100%有機 BIOという認定機関があるのでしょうか、オーガニックが売りのようです↑

 

 

2.jpg

 

 

300年以上の伝統

1717年ころからドッグフード作ってた!?

 

3.jpg

 

 

人間の食材も安全度は千差万別

愛犬にも安全な食材を与えたい気持ちはわかります

厳しい基準のもと作られているようですね

それにしてもオーガニック食材の認定機関多すぎ・・・

 

4.jpg

 

5.jpg

 

bio kreis に関してはよくわかりません

 

 

6.jpg

 

300年ドッグフード作ってる会社がオールステージ対応って言わないでしょ

確かに個々

老犬に合うかもしれないし、仔犬に合うかもしれない

でもAAFCOの栄養価基準でも仔犬と成犬は明確に分けてある

せめて子犬用のカテゴリーを作らないと大きなメーカーなら駄目だと思う

 

7.jpg

 

魚介類もオーガニック認定出来るのかな?

海を泳いでる魚

ある意味無農薬だけど

でも魚介類って事はメーカー(工場)は何の魚かは把握していない訳で

という事は、納入された時点でミール

チキンもミールじゃないのかな

ビート繊維(ビートパルプ)もビール酵母も副産物だけどオーガニック認定出来るのかな

(自分自身よくわかってない・・)

 

 

10.jpg

 

 

↑ミールの状態でのトウモロコシの栄養価です

ビタミン・ミネラルに富んだ穀物の使用と書いてありますが

とうもろこしに豊富なビタミン・ミネラルが含まれている訳でもなく

逆に炭水化物が多くなってしまいます

実際のところ飼料ベースだと思うので、栄養値はもっと低い可能性があります

 

その食材が穀物の中で一番多く含まれています

 

 

11.jpg

 

獣医師監修は定番ですね

『DrOrafTurck』 検索にはひっかかりません

 

1.jpg

 

良い取り組みですね

『犬』を生業にしている人間なら、多くの人がそういった取組をしたいと思っています

殺処分0への取り組みや、盲導犬などですね

私も同じように思っていますが、うちでは仮に売り上げの0.5%だったとしても厳しいです

この記述によって、売り上げがあがる事がデータとして分かればよいですが

実際にはそれほどの影響はないでしょう

ただ私がやるなら何%かの明記と定期的な報告はすると思います

 

2.jpg

 

ミックスフィーディングって何?

3.jpg

ペディグリーの造語でした

ウェットを買ってもらう作戦ですね

4.jpg

 

なるほどウエットフードがBIOなんですね

しかも100%なので安心できると思います

値段は高めですが、安全で安いなんて無理ですから

 

 

 

 

昔からオーガニックで安価なんてそれ嘘だろ、って思ってましたが

認定機関があれほどあれば、厳しい←→緩い  両極端があって当然ですね

なんちゃってオーガニックも存在するのでしょう

少し興味があるので、いつか深堀して調べてみよ

 

ところでこのごはん

取扱い店舗一覧を見れば拘りの度合いは一目瞭然です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6