TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > リンが高めに出た!という相談

BLOG

リンが高めに出た!という相談

血液検査でリンの数値が高く出た!

 

リンは体の中の骨や歯だけでなく体を構成する重要な枠割を担っていますが

過剰に摂取すると・・・問題があるらしいです

 

余剰したリンがカルシウムを奪ってしまうだけでなく腎臓への負担も大きくなるそうです

 

ドライフードを与えていると、血液検査で異常な値が出ない限り

そこまで気にする必要はないと思いますが

今回の案件は以前血液検査をした際にBUNが高かったという事もあり

慎重になった方が賢明な感じがします

 

今回はロータスからフードを変更しないで対応したいという事だったので比べて頂きました

カルシウムリン.jpg

 

グレインフリーの中でという話でしたが、結構値は違うんですね!

ちなみにAAFCOにおけるリンの推奨投与量は0.5~1・6% カルシウム:リン比率は 1:1~2:1

カルシウム:リン比率は1.2 : 1 くらいが理想といくつかの投稿に書いてあります

 

だから今回の場合はリンの数値を下げる方が無難なのはわかります!

カルシウム:リン比率はどうなんだろう?

結合しないでリンが余るのが怖いんだからカルシウム高めがいいのかな・・

 

ターキのリンは0.8% でカルシウム:リン比率は1.25 : 1

フィシュのリンは0.7%でカルシウム:リン比率は1.14 : 1

 

どっちでも良い気がします(^_^;)

 

 

ドッグフードのパッケージにはリンやカルシウムの値が記載していない者が多いです

当店に置いてあるものの中でも、記載があるのは

ロータス、ネイチャーズバラエティー、アーガイルディシュだけです

もちろんメーカーに問い合わせると教えてくれますが

ネイチャースバラエティーはアメリカの表記では記載されていませんが

国内で貼り付けた日本語の成分表示にはリンやカルシウムの値が載っています

逆にほぼ肉のK9Naturalには表記がありません

メーカーの考えもいろいろですね

 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6