TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN > 犬にとって良いものを見極める能力

BLOG

犬にとって良いものを見極める能力

1歳になったばかりの長男が『アンパンマン』と『ミニーちゃん』の人形を見分けられるようになったらしく

指示するとそれを取って持ってくるんです

1489325003191.jpg

そんな様子を見て

ボーダーコリより賢くなるのはいつごろかな?と考えてしまうのは職業病ですね

 

脱サラ開業して7年

ずっと直感を信じてやってきていますが

7年たった今でも当時と同じ発信をしている事もいくつかあります

 

①ケージレスでの預かりは今後増える

ドッグマンション(狭いケージ)での預かりの方が不自然なのは、犬目線で考えたら明白でしょ

感染症がどうとか言ってる人も、今後絶対考えは変わります

何を優先するか。そこに尽きます

 

②ワクチンプログラム終了前に〇〇させる事

ワクチン前にシャンプー、散歩、パピパへの参加

普通にさせてあげてください

受け入れてあげてください

かかりつけの病院に聞いてみてください

ブリーダー(ペットショップ)以外の感染経路で罹患したケースが

どのくらいあるか

カルテが500枚ある病院2件において患者数が0だったしたら

罹患率は0%

1件あったとしても罹患率は0,1%

それをさらに死亡したデータにした時に

天文学的に0に近いはずです

いったい何に恐れて、経験を積ませない犬生からスタートしてしまうのか

 

③トリマーによる口腔内のケア

開業当時、トリマーは口の中の作業は認められていないと聞きました

当時も、困っている人に何もせず何を言ってるんだろ?と疑問に思っていましたが・・・

 

④犬の食事は近年絶対変わる

粗悪なフードは必ず減ります

犬の飼育レベルに比例するので、時間はかかりますがね

 

そのあたりをシリーズでお伝えします

犬にとって何が必要で、サロンはどの道をすすまなければならないのか

そんな内容です

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6