TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > SCALING > 8週齢の是非

BLOG

8週齢の是非

 

P10308951[1].jpg

 

栃木県のブリーダーが告発

実際は10度の是正勧告を無視

10年かかってやっと廃業

 

動物愛護法という法律が日本にはありますが、あまり機能していないようです

権限を持たされない動物愛護センターの職員さんも気の毒としか言いようがない

誰だってこんな環境、何度も見たくないですから・・

 

動物愛護法

5年毎に改正されますが平成24年の改正の際に大きな焦点となった『親離れの時期』

結局は緩和措置がとられ、段階的に『56日』になっていくようです

緩和措置がとられた経緯の中に

子犬を販売する業者からの圧力があったようです

科学的根拠がないという主張、現実は

小さくないと売れないから・・・

 

何とも幼稚で短絡的な理由ですが

仮に29年の改正で、8週齢まで出荷が禁止されたとして

↑のような繁殖業者に長く仔犬を置いておくのが良いかというと

早く離してあげたいですね

 

最悪のブリーダーを想定しても仕方ないと言われるかもしれませんが

ではどこに優良なブリーダーがいるのでしょうか

 

私がブリーディングを仕事として始めるとして

防音設備と、親と子供犬の運動エリア

出産前後の個室・・・

都下に住んでいますが、採算とれません

つまり都会では厳しいです

 

 

 

 

↑国立のWANLOVEさんが14分30秒から登場します

流石に良い事を言っています

将来は親兄弟と分かれて、個々の家庭で暮らしていく訳ですから

どんな環境でどんな生活をするかが重要で

 

小さくないと売れないから40日

3か月までは親と一緒に・・・

極論をぶつけ合う事が不毛だとは思いませんが

子犬達が、大切な時期過ごす環境こそが重要ではないかと思います

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6