TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > カルシウムの補給

BLOG

カルシウムの補給

自宅ではしゃぎ過ぎて、足を怪我したワンコ

病院で後ろ足の関節をウィークポイントだと指摘されて

『カルシウム』のサプリをお買い求めにいらっしゃいました

 

足を触ってみたところ軽度のパテラが懸念されました

いわゆる室内犬ですから、パテラだけでなく、腰やあるいは体全体の関節に

滑らかさを感じなくなってきている犬は年齢とともに増えます

①栄養補給の状況

子供の頃から安価なフードを食べていると、そういった傾向になりやすいです

②先天的、犬種特性。そういった部分ももちろん多く含まれます

③環境

お散歩の量。筋肉の発達・維持。室内の床の状況等々も加味されます

 

そういった事を踏まえ、ドライフードだけで、そういった症状の緩和が期待される商品は皆無です

それほどそこだけに特化した商品は無いという事です

 

まず関節と骨とは別に考えて頂いて

今回のような症状でカルシウムを摂取しても、改善は見込めないです

そもそも犬のサプリでカルシウムに特化したものは非常に少ないです

逆に言うと、カルシウムのみを必要としている犬が少ないと言えます

AAFCOのカルシウムの栄養価基準は成犬で0.5~1.8g

上限があり、人間が成長期に牛乳を飲んだり、昔で言うといりこを食べたりする感覚とは

全く違います

でも犬に当てはめがちなところはあります

以前扱っていた国産のフードもそうでした

カルシウムの大きな幻想を抱いていて3%近く配合していました

しかも炭酸カルシウムです

骨格異常が懸念されますし、余剰分は石灰化します

メーカーに言って商品の設定を下げてもらいましたが

それでもまだ高いと個人的には思っています

 

骨が弱い子、骨折を繰り返す子などはやはり考えてみた方が良いと思いますが

item_img002_1[1].jpg

当店に置いてある、rasiku-rasikuのカルシウム+コンドロイチン+グルコサミン

のサプリならL型乳酸カルシウムが配合されているので、過剰摂取を左程気にする事はありません

 

 

ちなみに相談に来ていただいた子に関しては

ドライフードを変えてもらいました

安価なフードを若いころから食べていましたから

安価でも『関節に配慮』って書いてますよ!

売れるワードあ散りばめます

獣医師推奨、涙焼け防止、肥満対策・・・・etc

嘘ではなくても誇張しすぎです

 

サプリを摂るなら、吸収力の高いものを適量。これが優先されるべきで

吸収力の低い安価なサプリを、ほんのちょこっと混ぜただけでは、何の変化もありません

 

gbits_pro[1].jpg

当店では何年も人気の定番商品G-BITS

オヤツタイプで小型犬なら一日一枚 一日約¥100

Nアセチルグルコサミン配合です

 

 

joints-main-base[2].jpg

K9ナチュラルのジョインツ

緑イ貝(天然由来)を配合したオールインワンサプリ

必須脂肪酸、アミノ酸も補給出来ます

 

トリミングをしていると気づく事も多々ありますから

気づいた事は報告・ご提案させていただきますね

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6