TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > FOOD & GOODS > 腎臓ケア用フード

BLOG

腎臓ケア用フード

腎臓ケアの記事 再UPです 

 

飼い主様からご質問があったので再アップします

animonda 腎臓ケア用フードは病院食の代替えとしてOKか?

 

 

グレインフリー、高蛋白フードが評価を高め食べさせる飼い主様も増えてきましたが

以前からお伝えしているように

良質なたんぱく質、そして適量を摂取する事が重要になります

過タンパクによる体の影響に関して、高蛋白フードを製造または卸している

会社に問い合わせても明確な返答はありません

売れなくなりますから

 

余剰な蛋白が多いと(過タンパク)腎臓や肝臓の数値にも影響してきます

そういった相談も時々ありますが

かかりつけの獣医師さんと相談しながら

食事のケアも取りいれてあげてください

 

今日紹介するのは ラインナップに加えたanimondaの腎臓ケア商品 

Nieren(ニーレン)

taka1 - コピー.png

蛋白・リンの設定はヒルズ・ロイヤルカナンと変わりません

慢性腎不全の子に対応して作ってあります

若い子、腎臓の数値異常が経度な子は、先生と相談しながら

普段の食事に混ぜてあげる(ウエットも可)のも良いかもしれません

 

 

taka1 - コピー (3).png

 

 

 

taka1 - コピー (4).png

 

 

原材料・成分値 2番目がヒルズで3番目がロイヤルカナン

腎臓に負担をかけない

そういう意味では、animondaを含めてどれも左程変わらないと思います

 

ただ何度も言うように

腎臓の機能が維持できていればそれで良いのか、というお話

食事としてのクオリティーがある程度保たれていないと、それに伴う弊害が発生してしまいます

長く付き合って行かなければならない可能性が高い分

食事としての《質》にもこだわってください

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6