TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN > 学校で教るべき事

BLOG

学校で教るべき事

2月の下旬から、インターンシップという形で多くの学生が働きに来ています

その学生たちに共通している事が

 

爪切り → 遅く、精度が高い

シャンプー → 早く、精度が低い

 

指導方法なのではないかと思っています

 

『神経ギリギリまで爪は切るもの』と教わって、クイックストップを常にテーブルの上に

置いてるんじゃないだろうか・・・と

研修先でも『もっと短く切るように!』と言われないかビクビクしてるんじゃないかと

 

もちろん大切な事ではありますが

苦手度合い、歩き方、散歩の量、爪の質、痛みへの耐性・・・etcを把握したうえで

その子にとって負担のない体勢を探りつつ、どのくらい切るか決める事であって

一概に短ければ良いというものでもないです

 

 

 

生徒の数に対して、シンクの絶対数が少ないから

シャンプー作業を急かされているんじゃないかと・・・

当店にはシンクが4台

二人にひとつ以上のシンクがあっても、渋滞を起こします

学校でも、シャンプーの入り時間をスライド出来るにも限界がありますよ

つまり仮にクラスに40人生徒がいたとしたら、最低20台のシンクが欲しい訳です

そのうえで、各犬に合わせたシャンプー剤を用いてじっくり洗ってすすぐ

 

潜在的な洗い作業への焦りを感じて立てた仮説でしかないですが

犬の為に何が必要かを優先的に教えて

それにかかる経費は惜しまないで欲しいと思いました

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6