TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-19:00 年中無休

HOME > BLOG > COLUMN > あえてしないという選択

BLOG

あえてしないという選択

僕が幼稚園の頃、車やオートバイが好きで

幼稚園からの帰り道に見かけたハーレーダビットソンに衝撃を受け

帰宅するやいなや、昼食の用意をしていた母親に

その衝撃を伝えたくて

一緒に見に行くようにお願いしました

うどんの出汁をとってたと記憶していますが

今思えばこの超面倒くさい息子の要求を優しく受け入れて

1㌔くらい離れた場所まで僕に腕を引っ張られながら

付いてきてくれました

そして驚いてくれました

太陽のような母親でした

 

 

今日送迎の途中で見かけた光景です↓

4歳くらいの男の子がリードを持って小型犬を散歩させています

親が横で見ていますが、細かな注意は無し

小型犬は草の匂いを嗅ごうと地面に鼻を押し付けていますが

男の子は前に進みたいようで、グイグイとリードを引っ張っています

 

 

 

先日ご紹介した散歩の動画

ポイントはいくつかありますが

《ゆっくり歩く》 《犬のしたい事を許可制でさせる》

ここは大きなポイントです

 

 

 

犬や子供の欲求を叶える

なかなか難しいですよね

 

犬と子供が共存しているとなおさらです

犬と子供の利害が一致することなんて、床に落ちた子供のごはんくらいです

どちらかに我慢が偏らないよう

間に入れる親が犬のキャパシティーを理解して

バランスを取らなければなりません

 

子供が興味を持つくらいなら

最初から見せない

親がそれをしたくても、バランスを取るためにあえてしない

という選択があっても良いかもしれません

 

 

 

コメント

コメントを残す



(このメールアドレスは表示されません。)


Captcha認証コード

Captchaをクリックすると違う文字候補が出てきます。


タグ

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-19:00 年中無休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6